初めて京都で年越ししてみたら、なんだか懐かしくて色々美味しかった話。

エンターテイメント

AEB02FEE-572E-4ED0-A919-0D83A1424DF6

明けましておめでとうございます。
寝正月を絶賛満喫中のぶきっちょです。このままずっと寝ていたい。。

去年は初めて東京を離れ、京都で年越をしてみた。

年越はいつも実家で過ごすため「年越すぜ」感は正直あまりなかったが、宿の女将さんが作るお雑煮の美味しさ八阪神社でのカウントダウンからの屋台食べ歩き、種類の豊富な抹茶スイーツなど、京都ならではの楽しさがあった(食べものばっかり)。

スポンサーリンク

また帰りたくなる宿、寿栄屋

今回泊まったのは、片泊まりの宿「寿栄屋(すえや)」さん。

ちゃきちゃきした女将さんが優しくて面白く、もともとお茶屋だったという古き良き雰囲気の家にも癒された。

12月30日〜1月1日までの二泊三日だったが、これ以上滞在したら帰るときにかなり寂しさを感じてしまっただろうと思う。

下記は元旦の朝にでたお料理と、お雑煮。

B660D282-905D-43CE-AE40-1838178BCF0C

4D62E28B-4955-4ACA-8B60-15998517C369

白味噌のお雑煮は初めて食べたが、あっさりしていて美味しかった。京都の金時人参や海老芋(里芋)も入っていて大変良い味。

年越しは宿近くの八坂神社へ

586E5B8F-EC15-48E1-99B4-23DBAB505271

こんなに多くの人が京都にいたのか、と思うくらい凄い数の人々が四条周りに集合。

その一部となった私と彼は、「人が多いと寒くなくて良いね〜」とか言いながら1時間くらい並び、並んでいる途中で2019年を迎えた。

初詣を終えたあとは、八阪神社の周りにでている屋台で唐揚げやら甘酒やらを買い、食べながら宿へ。

着いた頃には午前2時を過ぎていた。

朝方の私がこんな遅くまで起きているのは、年越以外にはほぼ起きない事態だ。

年末〜新年に起きたあれこれ

ブログの間が空いてしまったため、年末から新年にかけて起こったあれこれをざっとまとめておきたい。

・自分から誘ったくせに新宿のVRZONEでVR酔いしすぎて、使徒との戦いをリタイアする(エヴァのやつ)

・映画「億男」を見習って3枚だけ買った宝くじが、なんと2枚当たる(額は控えめな3300円で、無事億女にはならず)

・伏見稲荷大社のおみくじで大吉を引く(八阪神社では末吉だったため引き直したw)

・京都から帰って早々、同居人がウィルス性胃腸炎で倒れる(まさに今横で戦っている)

2019年抱負

890BAA0A-BD3D-43E6-B68C-BE975FE7AC0F

2018年は新しい仕事に就き、二人暮らしを始め、それを継続していくという変化と継続の年だったと思う。

2019年は継続はそのままに、その中でもっと楽しく変化・成長をしていきたいと考えている。

今年もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました