*

渋谷区がゲイ・レズビアンカップルに結婚相当証明書発行?同性カップルの反応は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

渋谷区が、とある条例案を区議会に提出するらしい。

それは、渋谷区に住む20歳以上の同性カップルに対し、必要書類を提出すれば「パートナーシップ証明書」を発行する、というもの。

この条例はマイノリティの権利を守るためのものであり、区内では証明書を持つ同性カップルは夫婦と同等に扱われるように定めるとのこと。

しかし、日本の憲法では同性婚は認められていないため、あくまでも「パートナーとしての証明」を行える制度だという。

 

みなさんはこの条例案をどう思うだろうか?

私は、素晴らしいと思う。渋谷よくやった!とちょっと感動までした。

同性愛に関しては、昔に比べて大分理解が広がっていると思う。しかし、差別や偏見はまだ根強く、同性のカップルが手をつないで気持ちよく歩ける環境には程遠いのが現状だ。

私は新宿二丁目の雰囲気が好きでたまに飲みに行くのだが、そこでは渋谷や池袋などの繁華街で見かけるのと同じように、カップルたちが楽しそうにはしゃいでいる。違うのは、彼らがゲイやレズビアンで、カップルが男同士だったり女同士だったりすることだけ。

他の街で見るカップルよりも無邪気でより楽しそうに見えるのは、彼らが新宿二丁目という限られた空間でしか素の自分を見せられないことに起因しているのかもしれない。微笑ましいし羨ましいなと思いながら見ている一方で、このエリアを出たあと彼らはどんな日常に戻るのだろうと考える。自分の恋愛感情やその中での自分の立ち位置をひたすら隠さなければならない我慢の日常というのは、想像を超えた辛いものがあるのではないか。

そんな中での今回の渋谷区の条例案。同性でも「パートナー」として公的に認めてもらえるこの条例は、同性カップルにとって大変嬉しいものではないだろうか。現に、すでに渋谷区に引っ越しをしたカップルの例もあるらしい。

たまに、「デモなどをやってまで「同性愛」を世間に認めさせようとしないでも、個人個人でひっそり楽しんでいればいいのに」と言う人がいる。でもそれは違う。そもそも悪いことをしていないのに、なぜひっそり楽しまなければならないのか?という話なのだ。

堂々と生きていく権利は誰にでもある。

 

この条例案の施行は、可決されえれば4月1日だという。

 

最初は渋谷区で、そこからこうした動きがどんどん広がっていったら良いなと思う。カナダやアメリカに行かなければ関係が認められないから移住するのではなく、自分が生まれた国で幸せに一緒に過ごせるゲイ・レズビアンカップルが増えたとしたら、それはとても素晴らしいことだ。

AD

関連記事

mimi2

ニートだけどメニエール病になって「ストレス溜めないでね」と言われた話

こんにちは。 アレルギーが原因と思われる扁桃腺炎がようやく治ったと思ったら、「今度はメ

記事を読む

comfort

コンフォートゾーンから抜け出したい!焦るアラサーの脱出大作戦。

こんにちは。 実家暮らしって最高に居心地が良いですよね、ぶきっちょです。 3月末

記事を読む

mlm3

MLM・ネットワークビジネスとは?なぜか勧誘されなかった私の話

先月、なんとなく参加したと異業種交流会(普通の飲み会のようなもの)で、同い年の女性花子(仮名)と知り

記事を読む

sigotoyametai

行きたくない仕事を辞めて、ゆるく楽しく暮らしたい!

  はじめに   こんにちは。 みなさんは夜寝る前、または朝起き

記事を読む

fukuro

池袋のカフェにひとりで行くなら?梟書茶房で至福のひとときを過ごした話。

こんにちは。 コーヒーを飲みながら本が読めれば、だいたい幸せなぶきっちょです。

記事を読む

hirosima

映画「この世界の片隅に」は、2回目の方が面白かった話

  こんにちは、ぶきっちょです。 風も冷たくなり、冬真っ盛りな今日この頃。

記事を読む

LGBT

LGBTについて思うこと~マイノリティな生活~

10年以上も前から使われている『LGBT』という言葉。 それが最近になって、よりメディアなどで

記事を読む

panic

高校時代、パニック障害に。辛い症状と出来事について

最近、友人から「実は俺〇〇(病気の名前)なんだ」という告白をされた。 それについてはここでは何

記事を読む

seikakushinndann

性格診断をやったら、大変なことが判明してしまった

こんにちは、ぶきっちょです。   先日、会社の同期が「新宿で占いをしてもらった

記事を読む

renngesou

月十万円!独身アラフォーのゆるい生き方。

どうも、ぶきっちょです。 最近、というか暇ができれば考えるのが、「残りの数十年どうやって生きよ

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

mainichi
「何もしてない毎日」の中に、実は人生のおもしろさが溢れていた話。

こんにちは。 最近プライベートで満たされることが多く、ありが

damemoto3
不採用になった会社に、ダメ元で再面接をお願いしたら応じてもらえた話。

こんにちは、プロニートのぶきっちょです。 実は最近また、

yoshiii
ユーコンで【カナダの永住権取得】を目指す男友達が、色々とすごすぎる。

こんにちは。 日本の他に、自由に住んで良い国があったら楽しい

youga
自分を見つめ直したいときに!アラサーおすすめグッとくる洋画5選

こんにちは。 特に予定のない雨の日は、だいたい映画が見たくな

eigo
暇なので1年半ぶりに英語講座を開いてみたら、色々起きて面白かった話

こんにちは。 会社を辞めてから、人とのつながりが一段とありが

→もっと見る

PAGE TOP ↑