*

渋谷区がゲイ・レズビアンカップルに結婚相当証明書発行?同性カップルの反応は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

渋谷区が、とある条例案を区議会に提出するらしい。

それは、渋谷区に住む20歳以上の同性カップルに対し、必要書類を提出すれば「パートナーシップ証明書」を発行する、というもの。

この条例はマイノリティの権利を守るためのものであり、区内では証明書を持つ同性カップルは夫婦と同等に扱われるように定めるとのこと。

しかし、日本の憲法では同性婚は認められていないため、あくまでも「パートナーとしての証明」を行える制度だという。

 

みなさんはこの条例案をどう思うだろうか?

私は、素晴らしいと思う。渋谷よくやった!とちょっと感動までした。

同性愛に関しては、昔に比べて大分理解が広がっていると思う。しかし、差別や偏見はまだ根強く、同性のカップルが手をつないで気持ちよく歩ける環境には程遠いのが現状だ。

私は新宿二丁目の雰囲気が好きでたまに飲みに行くのだが、そこでは渋谷や池袋などの繁華街で見かけるのと同じように、カップルたちが楽しそうにはしゃいでいる。違うのは、彼らがゲイやレズビアンで、カップルが男同士だったり女同士だったりすることだけ。

他の街で見るカップルよりも無邪気でより楽しそうに見えるのは、彼らが新宿二丁目という限られた空間でしか素の自分を見せられないことに起因しているのかもしれない。微笑ましいし羨ましいなと思いながら見ている一方で、このエリアを出たあと彼らはどんな日常に戻るのだろうと考える。自分の恋愛感情やその中での自分の立ち位置をひたすら隠さなければならない我慢の日常というのは、想像を超えた辛いものがあるのではないか。

そんな中での今回の渋谷区の条例案。同性でも「パートナー」として公的に認めてもらえるこの条例は、同性カップルにとって大変嬉しいものではないだろうか。現に、すでに渋谷区に引っ越しをしたカップルの例もあるらしい。

たまに、「デモなどをやってまで「同性愛」を世間に認めさせようとしないでも、個人個人でひっそり楽しんでいればいいのに」と言う人がいる。でもそれは違う。そもそも悪いことをしていないのに、なぜひっそり楽しまなければならないのか?という話なのだ。

堂々と生きていく権利は誰にでもある。

 

この条例案の施行は、可決されえれば4月1日だという。

 

最初は渋谷区で、そこからこうした動きがどんどん広がっていったら良いなと思う。カナダやアメリカに行かなければ関係が認められないから移住するのではなく、自分が生まれた国で幸せに一緒に過ごせるゲイ・レズビアンカップルが増えたとしたら、それはとても素晴らしいことだ。

AD

関連記事

koyagurashi

シンプルライフ!小屋暮らしの男性を訪ねてみたら、めっちゃ人生楽しんでた話

  こんにちは。 4月からニートのアラサー女、ぶきっちょです。 これ

記事を読む

ryuugaku2

留学は辛い?楽しむために重要なたった一つのこと

あなたは留学という人生の一大決心をし、日本を飛び立った。 そして、ついに現地に到着。さあ、今日

記事を読む

nouennkarita

東京にいても野菜を育てたい!から農園を借りてみた。

私は、東京生まれの東京育ちである。 だから東京は嫌いではない。人混みは大嫌いだが、東京はやはり

記事を読む

akiba

アキバでオタク文化を学ぶ!カルチャースクール『AKIBAPOP:DOJO』とは?

オタク文化の聖地、秋葉原。 メイド喫茶、フィギュア、アニメ・コミック雑誌、パソコン、その他いろ

記事を読む

hanami

三浦海岸桜まつりルポ!今が見頃、早咲きの河津桜!

梅が咲き始め、場所によっては見頃を迎えるところもでてきた。そして「桜ももうすぐだね」なんて会話を交わ

記事を読む

hatake4

初めての農作業ルポ第1弾~土を耕す編~

先週登録した、市民農園に行ってきた。 私が借りた区画はまだ何も手がついていないため、当たり前の

記事を読む

kayagurashi

ギルドハウス十日町で、蚊帳暮らしを始めたニートの話

こんにちは、「やりたいことをひたすらやろう」がモットーのニート女ぶきっちょです。 新潟

記事を読む

mimi2

ニートだけどメニエール病になって「ストレス溜めないでね」と言われた話

こんにちは。 アレルギーが原因と思われる扁桃腺炎がようやく治ったと思ったら、「今度はメ

記事を読む

teiden

停電だけどブレーカー落ちてない?原因わからずあたふたした話

こんにちは、ぶきっちょです。 今朝は久しぶりに早起き(6時起き)をして、部屋の電気と暖

記事を読む

nlp

NLPとは?人生に悩むアラサー女が背中を押してもらえた話

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、本業(OLの仕事)が面白くない。 最近というか、もう

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

いつか
「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑