*

渋谷区がゲイ・レズビアンカップルに結婚相当証明書発行?同性カップルの反応は?

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

渋谷区が、とある条例案を区議会に提出するらしい。

それは、渋谷区に住む20歳以上の同性カップルに対し、必要書類を提出すれば「パートナーシップ証明書」を発行する、というもの。

この条例はマイノリティの権利を守るためのものであり、区内では証明書を持つ同性カップルは夫婦と同等に扱われるように定めるとのこと。

しかし、日本の憲法では同性婚は認められていないため、あくまでも「パートナーとしての証明」を行える制度だという。

 

みなさんはこの条例案をどう思うだろうか?

私は、素晴らしいと思う。渋谷よくやった!とちょっと感動までした。

同性愛に関しては、昔に比べて大分理解が広がっていると思う。しかし、差別や偏見はまだ根強く、同性のカップルが手をつないで気持ちよく歩ける環境には程遠いのが現状だ。

私は新宿二丁目の雰囲気が好きでたまに飲みに行くのだが、そこでは渋谷や池袋などの繁華街で見かけるのと同じように、カップルたちが楽しそうにはしゃいでいる。違うのは、彼らがゲイやレズビアンで、カップルが男同士だったり女同士だったりすることだけ。

他の街で見るカップルよりも無邪気でより楽しそうに見えるのは、彼らが新宿二丁目という限られた空間でしか素の自分を見せられないことに起因しているのかもしれない。微笑ましいし羨ましいなと思いながら見ている一方で、このエリアを出たあと彼らはどんな日常に戻るのだろうと考える。自分の恋愛感情やその中での自分の立ち位置をひたすら隠さなければならない我慢の日常というのは、想像を超えた辛いものがあるのではないか。

そんな中での今回の渋谷区の条例案。同性でも「パートナー」として公的に認めてもらえるこの条例は、同性カップルにとって大変嬉しいものではないだろうか。現に、すでに渋谷区に引っ越しをしたカップルの例もあるらしい。

たまに、「デモなどをやってまで「同性愛」を世間に認めさせようとしないでも、個人個人でひっそり楽しんでいればいいのに」と言う人がいる。でもそれは違う。そもそも悪いことをしていないのに、なぜひっそり楽しまなければならないのか?という話なのだ。

堂々と生きていく権利は誰にでもある。

 

この条例案の施行は、可決されえれば4月1日だという。

 

最初は渋谷区で、そこからこうした動きがどんどん広がっていったら良いなと思う。カナダやアメリカに行かなければ関係が認められないから移住するのではなく、自分が生まれた国で幸せに一緒に過ごせるゲイ・レズビアンカップルが増えたとしたら、それはとても素晴らしいことだ。

AD

関連記事

映画「この世界の片隅に」は、2回目の方が面白かった話

  こんにちは、ぶきっちょです。 風も冷たくなり、冬真っ盛りな今日この頃。

記事を読む

色んなことで悩みすぎて、なんでこんなに悩んでるのだろうと思う話。

こんにちは。 「一番ハマっていることは?」と今聞かれたら、「悩むこと」と即答できるぶきっち

記事を読む

人生を楽しむには、マイペースに動いて自分を褒めていけば良いって話。

こんにちは。 最近iPhoneを新しくして色々格闘中のぶきっちょです。 毎年のことだ

記事を読む

驚きの効果?マインドフル瞑想をはじめて1週間経った件

こんにちは。 色々あってフレッシュな気持ちで日々を過ごしているぶきっちょです。 前々

記事を読む

池袋のカフェにひとりで行くなら?梟書茶房で至福のひとときを過ごした話。

こんにちは。 コーヒーを飲みながら本が読めれば、だいたい幸せなぶきっちょです。

記事を読む

『初心者歓迎!婚活麻雀大会』を開催しようとしたら、残念なことになった

こんにちは、ぶきっちょです。   私には今、恋人がいない。  

記事を読む

フリーランスの孤立感やばい!社会的欲求はどうやって満たせば良い?

こんにちは。 先日住民税の納付書を受け取り、心の底から「シンガポールに住みたい」と思ったぶ

記事を読む

4月からニートになるから、東京を脱出して田舎に行くことにしたよ

こんにちは、ぶきっちょです。 新卒から7年間勤めた会社を辞めて、来月から無職だ。

記事を読む

ひきこもりニートな生活を飛び出してパーティーに参加してみたら、感動が生まれてしまった話

こんにちは。 1日に1回は米を食べないとしっくりこないぶきっちょです。 梅雨にかこつ

記事を読む

1人参加もあり?リアル脱出ゲームに参加したら友達ができた話

数年前から人気を博している、「リアル脱出ゲーム」。 ひとつの場所に数名のプレイヤーが集

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

「がんばらない働き方」ができない職場は辞めた方がいいって話。

  こんにちは。 今週はいろいろあって、メン

『組織にいながら、自由に働く。』を読んで「ワクワクすることをやろう」と改めて思った話

こんにちは。 週末の楽しみが大体ポケモンGOのぶきっちょです

アラサーが疲れを感じたら行くといい銭湯を3つ紹介するよ

こんにちは。 最近マイペースさに磨きがかかってきたぶきっちょ

水族館のペンギンと最強の85才RBGに感銘を受けた話

こんにちは。 生まれ変わったらペンギンになりたい。でも自然界だと

変化なんて恐れない!アラサー女が美容院で「おまかせ」にチャレンジしてみた結果

こんにちは。 まだ梅雨入り前だというのに暑すぎてかき氷ばかり

→もっと見る

PAGE TOP ↑