*

プロゲーマーを目指す専門学校が開校!何するところ?

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

東京アニメ・声優専門学校でプロゲーマーを育成するためのコースが、来年の4月に新設されることが明らかになった。コース名称は、「e-sports プロフェッショナルゲーマーワールド」。

一体、何を学ぶところなのだろうか?

 

<そもそもプロゲーマーって?>

「プロゲーマー」という職業自体に馴染みがない人も多いのではないだろうか。

私も詳しいことは知らなかったので、ゲーマーに「プロ」とかあるの?と疑問に思いつつ調べた結果が、こちら。

・ゲーム(コンピューターゲーム)をすることによってお金を稼いでいる人を指す

・韓国では、子供がなりたい職業の第二位

・主な収入源は、ゲーム大会の賞金またはスポンサーとの契約金

・年収1億円を超すプロもいる

・プロチームやプロリーグもある

 

<日本人のプロゲーマーといえば?>

ググるとすぐ出てくるのが、梅原大吾氏。

日本、世界問わず数々の大会で優勝している、ストリートファイターのプロゲーマー。

海外ファンも多くいる世界屈指のゲーマーのひとり。

 

<東京アニメ・専門学校が紹介しているe-sportsの仕事とは?>

「e-sports」というのは、対戦型コンピューターゲーム競技のことだ。同校は、仕事内容を三つに分けて紹介している。

・大会に出る

・ゲーム実況・MC

・イベントの企画・運営

こういったことを仕事にするためのコースが、来年新設される学科なのだろう。

専攻は4つに分かれており、自身がやりたい仕事に沿ったカリキュラムが選べる仕組みになっているようだ。

詳しい内容は明らかにされていないため、知りたい方は資料請求をしてみると良いだろう。

サイトはこちら→「東京アニメ・e-sports プロフェッショナルゲーマーワールド」:http://www.anime.ac.jp/lp/e-sports/e-sports01.html

 

こういう新しいコンセプトの学科ができるというのはなんだかワクワクする。

さっきも書いたように、「プロゲーマー」という職業があることすら知らない人は多い。このコースを知った人は、職業の選択肢がひとつ広がるのだ。

「自分は社会に適応できない」とか「人とうまくコミュニケーションがとれない」とかで悩んで、「そんな奴が働ける場所なんてない」とか思っている人がいたとして、それでその人がゲームだけは好きだったりしたら、「ゲーマー」という職業で楽しい道が開けるかもしれない。

以前テレビでリポーターが、「将来なりたい職業は何?」と小学生に聞いていて、元気に「公務員!」と答える姿が映し出されていた。スタジオでは笑いが起きていたが、私は何か楽しくなかった。世の中はそんなに狭くない。職業なんてそれこそ無限大にあるものなのだから、広い視野で、もっといろいろな可能性があることを知ってほしいと思う。

AD

関連記事

nlp

NLPとは?人生に悩むアラサー女が背中を押してもらえた話

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、本業(OLの仕事)が面白くない。 最近というか、もう

記事を読む

不安とさびしさ

「不安」や「寂しさ」は拭うものではなく、抱きしめるものだった話

こんにちは。 このタイトル、ミスチルの歌詞にありそうだなあ。ぶきっちょです。 突

記事を読む

麻雀

麻雀のやり方を覚えるには?初心者はとにかく人と打ちまくるべし!

こんにちは、ぶきっちょです。 昨日、かなり久しぶりに麻雀をした。 メンツはこんな感じ

記事を読む

borudaringu

ボルダリングって面白いの?コツと服装と要注意点!

先日、生まれて初めてボルダリングというものをやりにいった。 私は高いところは苦手だし、石を使っ

記事を読む

hokensho

会社辞めて保険証ないけど、我慢できずに耳鼻科に行ってきた話

こんにちは。 花粉とハウスダストに悩まされる、か弱い系ニートのぶきっちょです。 先月

記事を読む

facebook

Facebook本当に退会するの?SNSメリットデメリット

最近、「SNS離れ」が進んでいるらしい。 代表的なSNSのひとつにFacebookがあるが、何

記事を読む

zaiakukann

返金可能?美容院にクレームをつけてみたら、罪悪感しか残らなかった件

  こんにちは、ぶきっちょです。 今日のブログはちょい長めです。  

記事を読む

koritu

職場の雰囲気に合わせるのが疲れたので孤立してみた

こんにちは、ぶきっちょです。   先日、仕事(本業)がつまらなすぎて、夢も希望も失いそう

記事を読む

neekabubu

就活を始めたアラサーニートだけど、ニートにぴったりな求人を見つけてしまった。

こんにちは。 月に1、2週間は無気力で無感動期間があるぶきっちょです。 前回の記

記事を読む

fukuro

池袋のカフェにひとりで行くなら?梟書茶房で至福のひとときを過ごした話。

こんにちは。 コーヒーを飲みながら本が読めれば、だいたい幸せなぶきっちょです。

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

→もっと見る

PAGE TOP ↑