*

「人生を半分あきらめて生きる」で心が軽くなった話【感想】

公開日: : 最終更新日:2017/01/20 コラム, ,

こんにちは、ぶきっちょです。

最近、空いている時間で本をひたすら読み漁っている。

「これからどう生きるか」

「自分にとっての幸せとは何か?」

「現状を変えた方がいいか、変えない方が良いか」

など色々悩んでいるせいか、「読みたい!」と手に取るものは自己啓発本ばかり。

それも、『自分を鍛えろ!』とか『もっと上を目指せ!』系の疲れるものではなく、

『逃げまくれ!』とか『マイペースで良い』とかゆるい感じのものだ。

そっちの方が、自分の価値観に合っていて、無理がなくて癒される。

その中で出会った本のひとつ、

『人生を半分あきらめて生きる』(著者:諸富 祥彦)

の紹介をしたい。

あきらめる、という発想がなかった

この本には、「本当にあきらめたくない」ことはあきらめなくても良いが、それ以外は「あきらめる」ことでもっと気楽に生きていける、という考えが書かれている。

ネガティブにとらえられがちな「あきらめる」という行為を、ポジティブに使おうというのだ。

その発想はなかった。

これまでの私は、

「こんな状況なのは自分の努力が足りないせいだ」
とか、
「もっとちゃんと続けないと」
とか、

すべてのことに対して真面目になりすぎていたように思う。

その理由は、自分が後悔したくないからだと考えていたが、そもそも、

「あきらめることは良くないことだ」

と思い込んでいたことにある。

「あきらめる」は悪いことではない

「諦める」という言葉はもともと仏教用語で、「つまびらかにする」「明らかにする」という意味らしい。

ものごとの道理を明らかにして、納得をしたうえで執着を断ち切る、それが「諦める」という行為なのだそうだ。

ただ単に、「もうヤだ!諦めた!」と投げやりに行うものではない。

そう考えると、「結婚しなきゃ!」とか「正社員にならなきゃ!」とか、「マイホームを持たなきゃ!」とか、なんとなく執着しているものについて今一度考え、理由を明らかにし、納得がいけば「諦める」。

それによって、自分が本当に手放したくないと思っているものが見つかるのかもしれない。

日常で小さく「あきらめる」を実践

この本を読んだ人が、必ず実践するであろう小さなあきらめの練習がある。

何かにつまずいたり、失敗をしてしまったとき。

「まあ、いっか!」

と意識的に思ってみること。

自分のつまずきや失敗に対して寛容になることで、心のゆとりが生まれ、自分を追い込むよりも前向きに努力ができるようになる気がする。

著者の考えをもっと知りたいという方は、ぜひ一読してみて欲しい。

 

AD

関連記事

hatake4

初めての農作業ルポ第1弾~土を耕す編~

先週登録した、市民農園に行ってきた。 私が借りた区画はまだ何も手がついていないため、当たり前の

記事を読む

himote

非モテ同盟現る!あなたは支持?不支持?

2月14日、渋谷に「非モテ同盟」が現れ、「バレンタイン粉砕デモ」を行った。 馬鹿らしいとか恥ず

記事を読む

yukimaturi

東京育ちの私が、十日町雪まつりの手伝いをして感じた5つのこと

こんにちは、ぶきっちょです。 2月17日~19日に新潟県十日町市で雪まつりが行われ、機

記事を読む

bukiyou

不器用は器用よりモテる?そして人生も楽しめる?

こんにちは、ぶきっちょです。 私は小さな頃から、「不器用だなあ」「ぶきっちょだねえ」と言われて

記事を読む

okinawa

田舎移住ランキング!山梨が1位!沖縄は?

田舎暮らし。 最近目にすることが多くなったこの言葉。 あなたも魅力を感じているだろうか。

記事を読む

neekabubu

就活を始めたアラサーニートだけど、ニートにぴったりな求人を見つけてしまった。

こんにちは。 月に1、2週間は無気力で無感動期間があるぶきっちょです。 前回の記

記事を読む

utuamae

これってうつ病?甘え?とか悩んでる暇があったら休んだ方が良い理由 【実体験】

  こんにちは、ぶきっちょです。   突然ですが、   「あ

記事を読む

どきどき

さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶきっちょです。 先日高校

記事を読む

hikoukikokuhuku

飛行機怖いけど旅行大好きだから、克服法を考えてみた

こんにちは、ぶきっちょです。 3日前から、ひとり旅で沖縄に来ている。 疲れた心が

記事を読む

nagare

友人に「流されやすいよね」と言われたから、どうなのか真剣に考えてみた

こんにちは。 4月からニートになるアラサー女、ぶきっちょです。 先日数少ない友人のひ

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

いつか
「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑