*

月十万円!独身アラフォーのゆるい生き方。

公開日: : 最終更新日:2016/10/03 コラム, ,

どうも、ぶきっちょです。

最近、というか暇ができれば考えるのが、「残りの数十年どうやって生きようかな」ということだ。

ざっくり70歳まで生きるとして、あと約40年。

1年なんてこんなにも早く過ぎていくのに、これをあと40回くり返したらこの人生は終わるわけだ。病気や事故などに巻き込まれたらもっと早い。

 

やりたくない仕事を「安定しているから」と我慢しながら続けている私は、しばしば「このままじゃだめだ」と感じては衝動的に辞めたくなり、そのあと冷静に「生活の目途が立つまでもうちょっと待とう」と考えることを繰り返している。

 

そんな私はある日、本屋で素敵な小説を見つけた。

 

『れんげ壮』との出会い

著者は、群ようこ。

映画「かもめ食堂」の原作者だ。映画のほうは好きで何度も見返していたものの、原作を読んだことはなかった。

『れんげ壮』のあらすじは、ざっとこんな感じ。

バリバリのキャリアウーマンだったキョウコは、ただただ忙しいだけの日々にうんざりして四十五歳で会社を退職。月三万円で住める、ボロボロだけれど情緒漂う古いアパート「れんげ壮」で暮らすことを決める。ブランド物に囲まれたそれまでの生活と180度違う環境で、他の部屋に暮らす個性豊かな人たちと触れ合いながら、生活の中の小さな幸せを見つけていく。

月十万で生活するということ

 

小説の中でキョウコは、それまで必死に貯めてきた貯金の中から、月十万円だけおろして生活することを決意する。

アパート代を引いたら残るのは七万円。自炊は当たり前だし、娯楽品を衝動買いもできない。さらに、れんげ壮の風呂・トイレは共同だからいちいち部屋を出ねばならない。でも、隣人にいらない家電をもらったり、たまには一緒に外食をしたり。自炊続きの毎日の中で、素敵な喫茶店でちょっと贅沢なコーヒーブレイクを取ったり。健康にも気を使って、野菜は高くてもオーガニックのものを選んだり。使えるお金は少ないけど、キョウコはその中で人との繋がりや、自然との触れ合いの楽しさを知る。

 

月十万円で暮らす、というと、節約まみれで何も楽しいことがない、というイメージが沸くかもしれない。でも実際には、上手くやりくりをして、贅沢すべきときに贅沢し、節約すべきときは節約する。キョウコはそうすることで、心の豊かさを保っていた。

それは、毎日働きづめで、そのストレスから月三十万も四十万も浪費して日々を過ごすよりもずっと人間的な生活だと思う。要は、心が満たされているかどうかが大事なのだ。

 

食と生活

 

「かもめ食堂」でも感じたが、群ようこの作品では「食」を大事にしているように感じる。

「れんげ壮」でも主人公・キョウコが、天然酵母パンとじゃがいもと豆のサラダとコーヒーで、しっかり朝食を取っている様子が描かれている。

毎日適当に選んだ安い食材を、適当に炒めたりゆでたりして適当に食べている私には、ここから学ばねばならないことがあると感じた。食に対して意識が低いということもあるが、せっかく色々美味しいものがあるのに楽しまないのはもったいないのかもしれない。

オーガニックとか米粉のパンとかはちょっと高めの値段だが、美味しいし健康にいいのを知っている。それを我慢して節約して、お菓子を買うってどうなんだろう?図書館に行くのが面倒だからと、本屋で衝動買いしてしまう本などを思い出す。

もっと生活の中で食を大事にしよう。三度の食事が少し楽しいものになったら、生活にも少し変化が訪れそうな気がする。

 

まとめ

 

私がこんなにも「れんげ壮」に惹かれるのは、「月十万円で、心穏やかに楽しく暮らす」という部分と、その中で描かれる人間模様によるところが大きい。

現在私はシェアハウスに住んでいるが、やはりここでも「れんげ壮」のように触れ合いや助け合いが日常の中で自然に起こる。ちょっとしたことでイライラすることもあるが、やっぱり人がいるっていいな、と思うことのほうが多い。

アラフォーになってもシェアハウス住まいを続けるのか?それとも何か他のことを始めるのか?今はわからないが、キョウコを見習って、毎日の中の小さな幸せを感じられる心の余裕は持ちたいなと思う。

AD

関連記事

hirosima

映画「この世界の片隅に」は、2回目の方が面白かった話

  こんにちは、ぶきっちょです。 風も冷たくなり、冬真っ盛りな今日この頃。

記事を読む

kahun

花粉症の季節がやって来た!早めにやりたい3つの対策!

  早くもやってきた、花粉シーズン。 毎年悩まされるこの花粉。今回は例年より1

記事を読む

maikka2

「人生を半分あきらめて生きる」で心が軽くなった話【感想】

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、空いている時間で本をひたすら読み漁っている。 「これ

記事を読む

ryuugaku2

留学は辛い?楽しむために重要なたった一つのこと

あなたは留学という人生の一大決心をし、日本を飛び立った。 そして、ついに現地に到着。さあ、今日

記事を読む

batter

バターとマーガリンの違いは?どちらを選ぶべき?

あなたはパンを食べるとき、どちらを塗っているだろうか? 一人暮らしをしていると、何かと節約をし

記事を読む

hakamairi

墓参りって必要?福井で先祖代々のお墓の前に立ち、アラサー女が思ったこと

こんにちは。 自分の亡きあとは、お葬式とかお墓とか特に何もいらないと思っているぶきっち

記事を読む

kayagurashi

ギルドハウス十日町で、蚊帳暮らしを始めたニートの話

こんにちは、「やりたいことをひたすらやろう」がモットーのニート女ぶきっちょです。 新潟

記事を読む

shoshin

傷心を癒すには、江ノ島ひとり旅が良く効くよって話

こんにちは。 最近夜に元気が良くて、寝起きの気分が悪すぎるぶきっちょです。 先日人間

記事を読む

vrtaiken

VRを体験したら、想像よりもはるかにすごかった件

先日友人と秋葉原に行ったとき、VR(バーチャル・リアリティ)のゲームの無料体験ができるお店、ドスパラ

記事を読む

sumahoizon

要注意?スマホ依存が増加中!あなたは大丈夫?

道を歩いているとき。   信号待ちのとき。   電車に乗

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

タイトルなし
ドルビーアトモス(Dolby Atmos)でボヘミアンラプソディを見たらライブ感が半端なさ過ぎた話。

映画館で予告編を見たときには、特に「すごい」見たいわけではなか

syuuyon
ダメ元で週4勤務を上司に提案したら「じゃあやってみたら?」と始まっちゃった話。

こんにちは。 適度に休んで適度に働きたいぶきっちょです。

HSP
すぐ動揺して傷つきやすい?自分はHSPかもしれないと思った話。

こんにちは。 生き辛く面白きこともなき世を、生き易くおもしろ

onakaitai
仕事のストレス?お腹があまりにも痛くて病院に行った話。

こんにちは。 感情のコントロールって難しいときがあるなあ…ぶきっちょ

shigotoyada
仕事で注意され過ぎて落ち込みが半端ないのでとりあえず書く。

こんにちは。 人生稀にみる気分の落ちっぷりとやる気のなさの真

→もっと見る

PAGE TOP ↑