*

ボルダリングって面白いの?コツと服装と要注意点!

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

先日、生まれて初めてボルダリングというものをやりにいった。

私は高いところは苦手だし、石を使ってただ壁をのぼるゲームに興味もなかったので、今回人に誘われなければ一生行くことはなかったかもしれない。

行く前も「やっぱり疲れるしやめようかな」とか思っていた。

 

しかし。

 

やはり食わず嫌いはもったいない。

 

1回行っただけで、私はボルダリングの面白さに目覚めてしまったのだった。

 

お店の雰囲気

 

私の想像だと、ボルダリングはリア充がグループやカップルで行くもので、どうせお店の中も、

 

女「あー落ちちゃったー」

 

男「大丈夫?」

 

女「大丈夫、ありがとー(ハート)」

 

というような会話で溢れているのだと思っていた。

しかし、覚悟して向かった麻布十番にあるボルダリングジムは、全くそんなことはなかった。

 

どちらかといえば子供たちが多く、みんな運動能力を発揮して猿のようにスイスイ楽しそうに上っていく。

もちろん大人もおり、黙々と真剣にのぼっていたり、子供と一緒にやっていたり、色んな人がいた。

これなら、ひとりで行っても全く気にならないだろう。

 

ボルダリングのやり方

 

ボルダリングは、カラフルな石のついた壁を、手を足を使って上っていくスポーツだ。ロープはない。

適当に上っていけば良いのかと思っていたが、そうではなく、掴む石の順番が決まっているのだ。

私の行ったところでは、石のそばに番号が書かれたシールが貼ってあり、シールの色によってレベルが違う、というものだった。

同じ番号の石だけを使って、上にあるゴールの石までたどり着けば攻略、という仕組み。

 

なるほど、適当に上るよりもゲーム性があって面白い。上るのにもコツがあり、手の力を使えばいいというものではなく、足を上手に使うものだということがわかった。

 

料金は?

 

インターネットで調べていると、土日のフリータイムで2000円前後のところが多い気がする。

シューズは300円ほどでレンタルできるので、持ち物は着替えとタオルくらいで良いだろう。

ちなみに私が行ったところは、友人がクーポンを使ってくれたためにひとり1000円という格安で遊ぶことができた。

 

服装は?

 

服装は、とにかく動きやすい服ならなんでも良いだろう。

ズボンは、半ズボンか、足があがりやすいように伸びるものが適していると思う。

 

初めてやる人への注意点!

 

ここで声を大にして言いたいのが、注意点だ。

ボルダリングは、普段使わない筋肉をたくさん使う。

やっている最中も段々腕は疲れてくるのだが、それでもゴールにたどり着きたいがために、思いのほか頑張ってしまう。

私の場合、休憩をこまめに挟みつつ夢中で何度も挑戦してしまい、すっかりあいつの存在を忘れていた。

 

そう、筋肉痛だ。

 

そんなの想像つくでしょ、と思うかもしれないが、侮ってはいけない。

 

ボルダリングをやった翌日に来る筋肉痛は想像を遥かに超えた、今までに経験したことのないものだった。

 

日曜日にボルダリングをやって、次の日は月曜日。出勤しなければならない。しかし、朝から体が思うように動かない。

 

会社で。座ろうと思って椅子を引く、これだけの動作で激しく痛む体。

「…くっ」とか呻きながら椅子(ローラーつき)を引くという苦行を何度も繰り返す羽目になった。

 

これからやってみようと思うみなさんには、ぜひやる前とやった後のストレッチを入念にやって欲しい。

特に上ったあとのストレッチが大事だ。私もやるにはやったが、もっとしっかりするべきだったと心から思う。

 

まとめ

 

石のついた壁をひたすら上って何が楽しいの?と思っている人は、騙されたと思って一度トライしてみて欲しい。

 

スタートの石からゴールの石にたどり着いたときの謎の達成感と、終わった後の心地いい疲労感はなかなか良いものである。

AD

関連記事

ikioi

直感が働いたら、考えすぎずに勢いに任せて行動したほうが良い説

こんにちは。 物事を悪い方へ悪い方へと考えることがどうしても得意なぶきっちょです。

記事を読む

hirosima

映画「この世界の片隅に」は、2回目の方が面白かった話

  こんにちは、ぶきっちょです。 風も冷たくなり、冬真っ盛りな今日この頃。

記事を読む

hakamairi

墓参りって必要?福井で先祖代々のお墓の前に立ち、アラサー女が思ったこと

こんにちは。 自分の亡きあとは、お葬式とかお墓とか特に何もいらないと思っているぶきっち

記事を読む

fukuro

池袋のカフェにひとりで行くなら?梟書茶房で至福のひとときを過ごした話。

こんにちは。 コーヒーを飲みながら本が読めれば、だいたい幸せなぶきっちょです。

記事を読む

nouennkarita

東京にいても野菜を育てたい!から農園を借りてみた。

私は、東京生まれの東京育ちである。 だから東京は嫌いではない。人混みは大嫌いだが、東京はやはり

記事を読む

inakaaaa

新潟の限界集落に住んでみたら、少しずつ都会の良さが見えてきた件

こんにちは。 ランニングでも始めようかと思って朝6時に起きたら、小雨が降っててすぐに心が折

記事を読む

hanami

三浦海岸桜まつりルポ!今が見頃、早咲きの河津桜!

梅が咲き始め、場所によっては見頃を迎えるところもでてきた。そして「桜ももうすぐだね」なんて会話を交わ

記事を読む

homless

「ホームレスは自業自得」と思っている人が許せない

都心でよく見かけるホームレス。駅でゴミを漁る人、路上の隅で段ボールを敷いて寝てる人。空き缶をたくさん

記事を読む

neetyume

アラサーニートがカナダの旅で感じたことと、今後の展望を書いてみる。

こんにちは。 先週バンクーバーから日本に戻って来たぶきっちょです。 帰国の便に乗り込

記事を読む

facebook

Facebook本当に退会するの?SNSメリットデメリット

最近、「SNS離れ」が進んでいるらしい。 代表的なSNSのひとつにFacebookがあるが、何

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

いつか
「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑