*

ボルダリングって面白いの?コツと服装と要注意点!

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

先日、生まれて初めてボルダリングというものをやりにいった。

私は高いところは苦手だし、石を使ってただ壁をのぼるゲームに興味もなかったので、今回人に誘われなければ一生行くことはなかったかもしれない。

行く前も「やっぱり疲れるしやめようかな」とか思っていた。

 

しかし。

 

やはり食わず嫌いはもったいない。

 

1回行っただけで、私はボルダリングの面白さに目覚めてしまったのだった。

 

お店の雰囲気

 

私の想像だと、ボルダリングはリア充がグループやカップルで行くもので、どうせお店の中も、

 

女「あー落ちちゃったー」

 

男「大丈夫?」

 

女「大丈夫、ありがとー(ハート)」

 

というような会話で溢れているのだと思っていた。

しかし、覚悟して向かった麻布十番にあるボルダリングジムは、全くそんなことはなかった。

 

どちらかといえば子供たちが多く、みんな運動能力を発揮して猿のようにスイスイ楽しそうに上っていく。

もちろん大人もおり、黙々と真剣にのぼっていたり、子供と一緒にやっていたり、色んな人がいた。

これなら、ひとりで行っても全く気にならないだろう。

 

ボルダリングのやり方

 

ボルダリングは、カラフルな石のついた壁を、手を足を使って上っていくスポーツだ。ロープはない。

適当に上っていけば良いのかと思っていたが、そうではなく、掴む石の順番が決まっているのだ。

私の行ったところでは、石のそばに番号が書かれたシールが貼ってあり、シールの色によってレベルが違う、というものだった。

同じ番号の石だけを使って、上にあるゴールの石までたどり着けば攻略、という仕組み。

 

なるほど、適当に上るよりもゲーム性があって面白い。上るのにもコツがあり、手の力を使えばいいというものではなく、足を上手に使うものだということがわかった。

 

料金は?

 

インターネットで調べていると、土日のフリータイムで2000円前後のところが多い気がする。

シューズは300円ほどでレンタルできるので、持ち物は着替えとタオルくらいで良いだろう。

ちなみに私が行ったところは、友人がクーポンを使ってくれたためにひとり1000円という格安で遊ぶことができた。

 

服装は?

 

服装は、とにかく動きやすい服ならなんでも良いだろう。

ズボンは、半ズボンか、足があがりやすいように伸びるものが適していると思う。

 

初めてやる人への注意点!

 

ここで声を大にして言いたいのが、注意点だ。

ボルダリングは、普段使わない筋肉をたくさん使う。

やっている最中も段々腕は疲れてくるのだが、それでもゴールにたどり着きたいがために、思いのほか頑張ってしまう。

私の場合、休憩をこまめに挟みつつ夢中で何度も挑戦してしまい、すっかりあいつの存在を忘れていた。

 

そう、筋肉痛だ。

 

そんなの想像つくでしょ、と思うかもしれないが、侮ってはいけない。

 

ボルダリングをやった翌日に来る筋肉痛は想像を遥かに超えた、今までに経験したことのないものだった。

 

日曜日にボルダリングをやって、次の日は月曜日。出勤しなければならない。しかし、朝から体が思うように動かない。

 

会社で。座ろうと思って椅子を引く、これだけの動作で激しく痛む体。

「…くっ」とか呻きながら椅子(ローラーつき)を引くという苦行を何度も繰り返す羽目になった。

 

これからやってみようと思うみなさんには、ぜひやる前とやった後のストレッチを入念にやって欲しい。

特に上ったあとのストレッチが大事だ。私もやるにはやったが、もっとしっかりするべきだったと心から思う。

 

まとめ

 

石のついた壁をひたすら上って何が楽しいの?と思っている人は、騙されたと思って一度トライしてみて欲しい。

 

スタートの石からゴールの石にたどり着いたときの謎の達成感と、終わった後の心地いい疲労感はなかなか良いものである。

AD

関連記事

taisetsu3

これは悟り?人生で一番大切なことに気づいてしまった

こんにちは、ぶきっちょです。 最近とてもショックな出来事があり、私は淋しく切ない日々を送ってい

記事を読む

kazokutoha

家族とは何か?シェアハウス暮らしで考える他人との関係

私は今、シェアハウス暮らしをしている。 ここの家はもう2年くらいになるし、カナダで留学中もずっ

記事を読む

game

プロゲーマーを目指す専門学校が開校!何するところ?

東京アニメ・声優専門学校でプロゲーマーを育成するためのコースが、来年の4月に新設されることが明らかに

記事を読む

maikka2

「人生を半分あきらめて生きる」で心が軽くなった話【感想】

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、空いている時間で本をひたすら読み漁っている。 「これ

記事を読む

雪国

服装に悩みながら新潟の豪雪地帯に行ってきた話

こんにちは、ぶきっちょです。 1月の下旬に、雪が降りまくりで氷点下の新潟に行ってきた。

記事を読む

seikakushinndann

性格診断をやったら、大変なことが判明してしまった

こんにちは、ぶきっちょです。   先日、会社の同期が「新宿で占いをしてもらった

記事を読む

宇宙

人生に悩んだから、果てしない宇宙の大きさを考えてみる【動画あり】

こんにちは、ぶきっちょです。 年末あたりにメンタルをやられ、ここ数か月休職中だ。

記事を読む

kanikani

寂しいからギルドハウス十日町に行ったら、蟹がでてきてハッピーになった話

こんにちは。 最近シェアハウスで独りぼっちで過ごすことが多いぶきっちょです。 そ

記事を読む

freelancekodoku

フリーランスの孤立感やばい!社会的欲求はどうやって満たせば良い?

こんにちは。 先日住民税の納付書を受け取り、心の底から「シンガポールに住みたい」と思ったぶ

記事を読む

hotel

女性専用カプセルホテルに泊まってみたらヤバかった

カプセルホテルとは? カプセルのような就寝BOXが備え付けられている簡易宿泊施設。ビジネスホテルの

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

realescape1
自分のチームワーク力が知りたいなら、リアル脱出ゲームに参加すれば良いよ。

こんにちは。 GW明けの出勤リハビリがかなりキツかったぶきっ

hakone
GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そ

suizokukan
なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のと

→もっと見る

PAGE TOP ↑