*

チャットモンチーが解散するので思い出の名曲たちを振り返ってみた。

公開日: : 音楽

chat

こんにちは。
チャットモンチーの解散ライブのチケットを手に入れられず、凹み気味のぶきっちょです。

チャットモンチーとの出会いは大学生の頃。

カラオケで友人が「ハナノユメ」を歌ったことだった。

「何この曲調、めっちゃ好きなんだけど」

と感動してCDを借りたことからすべてが始まった。

それからというもの、

元気なとき、

暗い気持ちのとき、

テンションをあげたいとき、

悲しいとき、

飛行機に乗るとき。

いつも聴いていた。

そんなチャットがもうすぐ解散してしまう。

というわけで今回は、ひたすらチャットモンチーの名曲を紹介していきたい。

①親知らず

写真の中の2人の目がとても強いから

私がここにいる意味 わかった気がしたのだよ

この幸せがあなたの幸せであること

この悲しみがあなたの悲しみであること

親知らずが生えてきた、という歌。

家族写真を眺めながら、いつの間にか大人になっている自分を認識する歌。

切なさと不安、強さが伝わってくる。

特に切ない部分が伝わり過ぎて、聴くたびに泣いてしまう。

②満月に吠えろ

君は何を感じてる?

大丈夫はもう誰も言わない

だから行くんだろ 行くんだろ

いいことや悪いこと、色んなことがある中で歩いていく強さ・勇気をもらえる曲。

少し挫けそうになった時や、自分に喝を入れたい時によく聴いたりしている。

③世界が終わる夜に

たとえば孤独な夜が過ぎ

わりと良い朝が来る

どうせ変わりやしないのに

みんな何かに手を合わせてる

この世界は神様が創ったにしては残酷すぎて、悪魔が創ったにしては優しすぎる。

何もやる気がしないときや寂しい気持ちのときに聴きたくなる曲。

④湯気

外はこんなに寒いのに こわれそうな教室は

温かさで包まれていた 雨の音 ポツポツリ

小説みたいな歌詞で、不思議な懐かしさと温かさを持つ曲。

それなのにメロディがロックで、なんかもう最高。

⑤夕日哀愁風車

移りゆく時の中で 

みんなと同じ服を着た みんなと同じ本を持った

自分だけが止まっているみたい

虚しさや焦り、前向きさが入り混じった歌詞。

今聴いても、十代のときの悩みとか不安とかが一気に思い出される。

そして「今の自分はどうだろうか?」と考えさせられる。

まとめ

青春時代から聴いている曲は、自分を見つめ直す良いきっかけになったりする。

と、チャットモンチーを改めて聴き直しながら感じている。

 

AD

関連記事

onngaku

落ち込んだ時に聞いてほしい!泣ける&元気が出る曲

こんにちは、ぶきっちょです。 最近はキックボクシングを始めたり、朝はウォーキングもしたりして、

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

onakaitai
仕事のストレス?お腹があまりにも痛くて病院に行った話。

こんにちは。 感情のコントロールって難しいときがあるなあ…ぶきっちょ

shigotoyada
仕事で注意され過ぎて落ち込みが半端ないのでとりあえず書く。

こんにちは。 人生稀にみる気分の落ちっぷりとやる気のなさの真

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

いつか
「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

→もっと見る

PAGE TOP ↑