*

沖縄女ひとり旅!素敵すぎる宿を見つけてしまった話【in那覇】

公開日: : 最終更新日:2017/09/26 宿・ゲストハウス, 旅行

こんにちは、ぶきっちょです。

名前の通り何をやるにも不器用な私だが、いくつか得意なことがある。

その内のひとつが、「素敵な宿を見つけること」だ。

旅好きだが友達が少ない私は基本的にひとり旅のため、同じくひとり旅の人が集まりやすいゲストハウスや民宿を探して泊まることが多い。

天性の勘の良さなのか、情報収集が上手いだけなのかはわからないが、私はこれまで宿選びで失敗したことがない。

そして今回の沖縄ひとり旅(1/13~1/19)。

とりあえず那覇で3泊しようと思い、選んで予約した宿だが…

正直、素敵すぎたので誰にもおすすめしたくない。。内緒にしていたい。。ちゃんと紹介するけど。

意外と難しい?那覇の宿選び

宿探しと言えば、TripAdvisorとか、楽天トラベルなどで検索をかけるのが一般的だろう。

私も例外ではなく検索をかけて色々見ていたのだが、あまりピンとくるものがない。

探しているのは、ひとり旅でも気軽に過ごせそうで、相部屋で安く泊まれる宿

Google検索で適当に条件を入れて探し、ようやく良さげな宿を見つけたのだった。

相部屋で1泊1500円!のはずが…

メールで宿の予約を済ませておき、いざ沖縄に出発!

那覇空港からゆいレールで5駅目の「旭橋駅」。

そこから徒歩で13分くらいのアクセスの良い場所に、その宿、「たつや旅館はあった。

沖縄たつや

白い壁の親しみやすい外観。

ドアを開けて中に入ると、穏やかそうな宿のオーナー男性が「いらっしゃい」と迎えてくれる。

そして、1泊1500円の女性専用ドミトリー(相部屋)を予約していた私に、驚愕の言葉を放った。

「ドミトリー誰もいないから、3日とも個室使って良いですよ!金額は同じで」

まさかの個室で1泊1500円。。。

「本当ですか!?」

はやる気持ちを抑えつつ、渡された鍵を持ち2階へ駆けあがる。

その個室が、とにかく広くて綺麗。で、可愛いのだ。

沖縄部屋3

 

沖縄部屋4

沖縄部屋1

沖縄部屋2

東京でシェアハウス暮らしの私にとって、この部屋をひとりで自由に使えるなんて、まるで夢のようだ。

シーズンオフ万歳!

とにかくすごい宿のマスター

部屋は綺麗で掃除も行き届いているし、リビングもくつろげる雰囲気だし、宿自体も申し分ないのだが、とにかくすごいのが宿のオーナーだ(マスターと呼ばれているので、マスターと呼ぶことにする)。

1月のような閑散期は、マスターひとりですべて対応しているらしい。

そんな中ひとり旅の私を気に掛けてくれ、「南部に行くけど一緒にどうですか?」とドライブに誘ってくれた。

そして、コーヒーの美味しいカフェや、綺麗な海が見える場所など、ひとりでは行けない場所を次々と案内してくれるのだ。

沖縄海

沖縄さくら

ドライブ中も沖縄の文化や、歴史など興味深い話を色々と教えてくれる。

少しおネエっぽく物腰が非常に柔らかく、とにかく話しやすくて面白い人なのだ。

さらに料理もとても美味しい。

「この宿で過ごしたらすごく楽しそうだな」と感じた私は、3泊だけだった予定を6泊にするようお願いしたのだった。(しつこいけど、1泊1500円!)

他の宿泊客との出会い

シーズンオフということで、私以外の宿泊客は、長期滞在をしている女性ひとりと、カナダ人夫婦だけだった。
カナダ人夫婦がチェックアウトした後は、入れ替わりで東京から日本人夫婦がやってきた。

カナダ人の奥さんはとても陽気で、挨拶をしたら大きいサーターアンダギーをくれた。
紅芋味がすごく美味しいことを知った。

長期滞在をしている女性は、私と同い年で、しかも名前も同じだった。
春から沖縄に移住する予定らしい。
自分のやりたいことをしっかり把握して行動できる芯のある女性で、話せてとても良い刺激になった。

東京からの日本人夫婦は、ちょうど両親くらいの年齢の2人で、沖縄最後の夜にマスターを含めて色々話をした。
バブルの頃の話や、子どもに対する親の考え方など、普段はあまり聞けない話を聞くことができて面白かった。

自分と違う経験をしてきた人の話を聞けるのは、本当にうれしい。

旅を通して学んだこと

一番印象に残っているのが、

「人生は、何を選択したか、誰と出会ったか、何に興味を持ったか、で決まる」

というマスターの言葉だ。

シンプルだが、その通りだなと思う。

自分がこれまで選択したこと。

出会った人。

興味を持ったこと。

それが今の人生を作っている。

そして自分が今、選択しようとしていること。これから出会う人。興味を持ってやろうとしていること。

それがこれからの人生を作っていく。

私は、

わくわくすることを選択して、

わくわくしている人に出会って、

わくわくすることをやっていきたい
国内

まとめ

今回のひとり旅は、沖縄在住の友達に会う以外は完全にノープランだった。

それにも関わらず、少しおネエとても優しいマスターが色々な場所に連れて行ってくれたり、他の宿泊客の人が一緒に楽しくおしゃべりをしてくれたおかげで、退屈な時間なんて一瞬もなかった気がする。

6泊7日の短い間だったが、ひたすら素敵な人たちと素晴らしい自然に囲まれて、ひたすら心が癒される旅だった。

沖縄へひとり旅をする予定の人、アットホームな宿を探している人には、ぜひ泊まってみて欲しい宿だ。

「たつや旅館」沖縄那覇店HP

住所:沖縄県那覇市辻一丁目9-21

(マスターに教えてもらった、那覇でおススメのカフェ情報はコチラ:『隠れ家あり!沖縄で知った素敵すぎるおすすめカフェ。』)

AD

関連記事

hakone

GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そこそこ楽しんでみるなり。ぶきっ

記事を読む

realescapeca

その名も出XIT!カナダでリアル脱出ゲームに挑戦したら、クオリティが高すぎた件。

こんにちは。 2週間のバンクーバー旅行も終盤戦のぶきっちょです。 私はリアル脱出ゲー

記事を読む

cafe

隠れ家あり!沖縄で知った素敵すぎるおすすめカフェ。

こんにちは、ぶきっちょです。 沖縄をひとり旅した際、前回の記事『沖縄女ひとり旅!素敵すぎる宿を

記事を読む

riba

現代の駆け込み寺!リバ邸茨城に行ったら生き生きしてきちゃった話

こんにちは。 ひきこもる時間も大切だけど、やっぱり色々動くのも楽しいなー。ぶきっちょです。

記事を読む

vancouveragain

バンクーバーに2週間!最小限の荷物で旅することを決めたニート女の話

こんにちは。 最近は5分外に出ただけで、大雨に降られたかのように汗だくになるぶきっちょ

記事を読む

vanvan

3年ぶりにバンクーバーに来て感じたのは、喜びよりも寂しさと切なさだった。

こんにちは。 出発前日は飛行機に乗る恐怖で荒ぶっていましたが、無事に宿に着き、文字通り

記事を読む

hitoritabi

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

kerokero

バンクーバーからバスでケロウナに行ったら、ワインも景色も最高だった話。

こんにちは。 バンクーバーに来て早5日目、ホステル暮らしが板についてきたぶきっちょです。

記事を読む

steeeeve

日本人移民の街!リッチモンドにあるスティーブストンに行って、そこでの生活に思いを馳せてみた。

こんにちは。 バンクーバーを旅行中のぶきっちょです。 バンクーバーの周りには、のバー

記事を読む

fukui (2)

ひとり旅必見!福井は恐竜や東尋坊だけじゃない

先日、ぷらっと福井に行ってきた。 理由は、観光名所である東尋坊を見てみたい!と思ったからだった

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

→もっと見る

PAGE TOP ↑