*

ユーコンで【カナダの永住権取得】を目指す男友達が、色々とすごすぎる。

公開日: : アラサー, 英語 ,

yoshiii

こんにちは。
日本の他に、自由に住んで良い国があったら楽しいなー、ぶきっちょです。

海外旅行は楽しい。

自国とは全く異なる文化、場所、人に触れることができる。

私の場合は「もっと長い間、海外で過ごしてみたい!」という思いから、2013年から2014年までカナダに留学をしていた。

そのときに仲良くなった日本人の男友達の生活が、とにかく凄まじいので紹介したい。

その男、Yoshi

yosi

Yoshiって誰よ!という人のために、スペックをまとめてみる。

・京都出身アラサー男子

・心優しい

・料理上手

・芯が強い

・たまにやらかす

カナダの永住権取得の難しさ

そもそも永住権って取るの難しいの?と思う人もいるだろう。

私は「永住権を取ろう!」と思ったことはなく、詳しく調べたことはない。

が、留学時代に耳にした情報から感じたのは、「めっちゃ大変そう」ということだ。

方法は色々とあるようだが、専門的な技術を要する職業での就労経験(カナダ国内)が必要とされたり、そうではない場合も様々な条件が課されている。

もはや現地のカナダ人と結婚するのが一番早いのではないか?なんて感じたりもしていた。(手段にするものでもないが)

そんな中、Yoshiは出会った当初から「永住権を取りたいんだ」と言い、動いていた。

バンクーバー留学を経て、極寒のユーコン州へ

そんな彼は、私が日本へ帰国した後もしばらくバンクーバーに滞在。

一旦オーストラリアでの就労も経験し、そのあと比較的永住権が取りやすいらしいカナダのユーコン州へ移り、現在に至る。

ユーコン州といえば、アメリカのアラスカ州の隣だ。

ゆーこん

そう。

冬には-30℃にもなる極寒の地である。

Yoshiとは、今年の夏にバンクーバーで落ち合って色んな場所に行ったりした。

その旅の中で印象的だったのは、

「どこから来たの?」と聞かれたYoshiが、「僕はユーコン州だよ」と答えた時のカナダ人の反応だ。

「は?ユーコン??まじで?えっなんでユーコンにいるの??笑」

というやりとりを何度見たことか。それを見た私は、

「ユーコンって一体…」

と行ってみたいようなみたくないような、複雑な気持ちになったのを覚えている。

ユーコンでの凄まじい生活

yukonn

Yoshiとはちょくちょくスカイプで話をするのだが、毎度のことながら近況が面白すぎる(失礼)。

「そんな生活があるのか…!」と思ったのを一部紹介すると、こんな感じ。

・夏場は夜がほとんどない(白夜)。夜が恋しくなる。

・冬場は1日家を空けると水道管凍結。と思ったら、家にいても凍結することが発覚。

・食糧を調達するため、車で街に行って帰ってくるのにガチで1日がかり。十分な量を調達しないと、サバイバル生活に突入する危険アリ。

・日本人ひとり。そもそも辺境すぎて人が少ない。

そんな凄まじい場所で、永住権獲得を目指して単身で奮闘する彼は本当にすごい。

辛いこともたくさんある中で自分をコントロールしながら、芯を持って行動するYoshiには、いつも学ぶことがたくさんある。

永住権目指す人は必見?Yoshiの頑張りブログ!

最近、Yoshiはブログを始めたようだ。

上記の凄まじい生活について詳しく知りたい人は、ぜひYoshiのブログを覗いてみて欲しい。

永住権に興味がなくても、「こんな生き方があるのか!」「こんな生活が!!」とワクワクしたい人にはおすすめだ。

まとめ

カナダは色々と周遊したが、ユーコン州にはまだ行ったことがない。

極寒のサバイバル生活を体験したくなったら、彼の元を訪れてみようかと思う。

 

〇Yoshiブログ:かなへん~カナダの辺境で永住権を目指す~

AD

関連記事

アラサー女が会社を辞めて無職になるまで②【新入社員編】

(『アラサー女が会社を辞めて無職になるまで①【就活編】 』はコチラ) 私が新卒で入社し

記事を読む

アラサーニートがカナダの旅で感じたことと、今後の展望を書いてみる。

こんにちは。 先週バンクーバーから日本に戻って来たぶきっちょです。 帰国の便に乗り込

記事を読む

婚活サイトで同居人に恋人ができた話

こんにちは、ぶきっちょです。  私は前に婚活パーティーに行ったことがあるのだが(詳しくは『アラ

記事を読む

アラサー独身女が人生で初めて、両親に感謝の気持ちを伝えてみた

こんにちは、ぶきっちょです。 昔から、すごい人の言葉や歌詞などで、 「今この瞬間を精一杯

記事を読む

アラサー女が初めてサバゲーに参加したら、アドレナリン全開になった話

こんにちは、ぶきっちょです。 私は、ずっとサバゲ―(サバイバルゲーム)というものに興味

記事を読む

ファミマのスペシャルティコーヒーが美味しすぎて、朝の楽しみになった話。

こんにちは。 朝と夜はとにかくコーヒーが飲みたくなるぶきっちょです。 家にいるときは豆を

記事を読む

これで英語が話せるようになる!簡単な勉強法

私は週に1,2回、英語を教える仕事をしている。 英語を学びに来る人の動機で多いのが、「話せるよ

記事を読む

【希望と不安】アラサー独身女が、三十路を迎える直前に思うことあれこれ。

こんにちは。 お正月はブログも書かず、ひたすらゴロゴロしていたぶきっちょです。 1月

記事を読む

東京育ちのアラサー女が新潟に移住したら、早速洗礼を受けた話

こんにちは、4月からニートデビューをしたぶきっちょです。 おととい、新潟県十日町に引っ

記事を読む

アラサー女、正月は楽しかったけどやっぱりオールはできない

あけましておめでとうございます。 ぶきっちょです。   いきなりだが、私

記事を読む

AD

AD

空の青さを知る人になりたいと思った話。

こんにちは。 気が向いたときだけブログを書くようになってしまいまし

社会人になって10年以上ぶりにバンドで演奏してみたら感動がやばかった話

こんにちは。 久しぶりにブログ更新してみたぶきっちょです。 最

「がんばらない働き方」ができない職場は辞めた方がいいって話。

  こんにちは。 今週はいろいろあって、メン

『組織にいながら、自由に働く。』を読んで「ワクワクすることをやろう」と改めて思った話

こんにちは。 週末の楽しみが大体ポケモンGOのぶきっちょです

アラサーが疲れを感じたら行くといい銭湯を3つ紹介するよ

こんにちは。 最近マイペースさに磨きがかかってきたぶきっちょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑