*

会社辞めて保険証ないけど、我慢できずに耳鼻科に行ってきた話

公開日: : コラム, 退職 ,

hokensho

こんにちは。
花粉とハウスダストに悩まされる、か弱い系ニートのぶきっちょです。

先月末に会社を退職し、健康保険証を返還した私。

国民健康保険への切り替え手続きをするまでは、保険証なしという恐ろしい生活をしなければならなくなった。

「…なーんて、数週間くらいだし、医者にかかるほどのことは起きないでしょ」

と高を括っていたら、

案の定、医者にかかる事態になったわけで。。

今回は、そんな残念なニートの物語を書こうと思う。

喉が痛くなる

hokenshoo2

4月から新潟にある古民家に移住し、町が遠いことや虫の多さにも慣れてきて、私は楽しい田舎暮らしを漫喫していた。

がしかし。ある日のこと。

なんか喉が痛い。

そういえば最近、くしゃみも咳もよく出る。

風邪かな?

でも、家の中にいる時に酷くなっている気がする。

今住んでいる古民家は築100年。

私は、花粉以外にもホコリアレルギーがある。

そのせいかなーと思いながらも、なんとか過ごしていた。

すごい喉が痛くなる

hokensho3

役所の手続きがあるために東京へ戻った翌日、のどの痛みは尋常じゃないほどになっていた。

唾をのみ込むだけで悶絶するレベル。

やばい…。
これは、やばい…。
でも保険証ないし…。

その夜は、痛いのを我慢して無理やり寝た。

だるいのと発熱

hokensho4

朝起きるとだるさが頂点に達しており、リモートワークさえできない状態に。

熱を測ると、初めは微熱程度だったが、じわじわと上がっていった。

喉は相変わらずめっちゃ痛い。

やばい…。
これは、やばい…。
でも保険証ないし…。
てか日曜日だし…。

その日は、一日中ベッドで寝ていた。

耳鼻科行きを決意

翌朝。

熱はそこまで上がっていなかったが、喉の痛みは全く引かない。

めっちゃ扁桃腺が腫れてるに違いない、という謎の確信を持ちながら、すぐに耳鼻科に向かうことにした。

保険証があるとかないとか、そんなことはもうどうでもよくて、「とにかくこの苦行のように続く喉の痛みをどうにかして欲しい!」という一心だった。

一応途中でネットの情報を調べると、保険証がないまま病院を受診した場合には、「ひとまず十割負担で全額払い、保険証を作った後に差額の七割を返金してもらう」という方法があるらしい。

しかし病院によって対応が違ったり、十割以上の医療費がかかる場合もあるという。

十割以上かかる場合もあるのか…。

喉も心中も穏やかでないまま、耳鼻科に到着した。

人生初!医療費を十割負担

hokensho5

受付であらかじめ保険証がない事情を話し、どういう対応になるのか聞いてみた。

「ひとまず十割負担していただいて、保険証を作成したらまたお越しください。差額を返金しますよ(ニコリ)」

受付のお姉さんが天使に見えた。

そして診察。

(私の喉を見ながら)
先生「あー、扁桃腺が化膿してるし腫れてるねえ」
ぶ「(知ってた…)」
先生「クスリ出しておくねー」
ぶ「はひ」

そしてついに、会計の時間。

一体、いくらになるのか。

とりあえずお財布には諭吉さんを数名スタンバイさせているが、果たして足りるのだろうか…。

名前が呼ばれ、領収証を出される。

なんと・・・

そこには・・・

 

3600円

…意外と良心的な数字が!

ちなみにその後薬局で購入したクスリ代は、2000円ちょっとだった。

いや、たしかに普段よりは高い。

たしかに高いのだが、ネットで色々体験談を漁ってたら「何万円もかかった!」っていう話ばかりだったので、正直拍子抜けだ。

同時に、ほっと胸をなでおろした。

無事に保険証ゲット

必要な書類が揃ったため、翌日すぐに国民健康保険の切り替えの手続きをした。

その場で保険証がもらうことができ、

「これでやっと3割負担に・・・!」

としみじみ感動してから、再び耳鼻科へ向かった。

結果、耳鼻科と薬局の両方から差額の7割(4000円弱)を返金してもらうことができた。

保険証がない不安な生活は、こうしてひとまず幕を閉じたのだった。

まとめ

医療費を十割負担するときは、会計の直前が一番精神的にくることを知った。

退職して一時的に保険証を持っていない方は、健康に十っっ分注意して欲しい。

AD

関連記事

インターネットが消えた世界をリアルに想像してみたら、恐ろしすぎる結果になった。

こんにちは。 だいたい明日から本気出す!ぶきっちょです。 ここ最近は、梅雨入りして天気が悪い

記事を読む

要注意?スマホ依存が増加中!あなたは大丈夫?

道を歩いているとき。   信号待ちのとき。   電車に乗

記事を読む

アラサー女が初めてサバゲーに参加したら、アドレナリン全開になった話

こんにちは、ぶきっちょです。 私は、ずっとサバゲ―(サバイバルゲーム)というものに興味

記事を読む

生きるために必要なお金って、どのくらい?

「お金持ちになりたい?」 そう聞かれて、「いいえ」と即答する人は少ないだろう。 「そりゃ

記事を読む

家族とは何か?シェアハウス暮らしで考える他人との関係

私は今、シェアハウス暮らしをしている。 ここの家はもう2年くらいになるし、カナダで留学中もずっ

記事を読む

ニートだけどメニエール病になって「ストレス溜めないでね」と言われた話

こんにちは。 アレルギーが原因と思われる扁桃腺炎がようやく治ったと思ったら、「今度はメ

記事を読む

池袋のカフェにひとりで行くなら?梟書茶房で至福のひとときを過ごした話。

こんにちは。 コーヒーを飲みながら本が読めれば、だいたい幸せなぶきっちょです。

記事を読む

こじらせ寸前のアラサー女が、「恋愛とは何か」を色んな側面から考察してみた。

こんにちは。 手先も恋愛も不器用なアラサー女、ぶきっちょです。 この世に生を受けてもうす

記事を読む

アラサー女が会社を辞めて無職になるまで①【就活編】

私は今月末で、7年間務めた会社を辞める。 厳密にいえば、途中の1年間はカナダ留学してい

記事を読む

運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって欲しくないぶきっちょです。

記事を読む

AD

Comment

  1. KazuHiro より:

    ボクも最初の会社をやめた途端なぜか目の下に腫れ物が出来てしまいました。
    なんでなんですかね?
    溜まっていたストレスが一気に吹き出してくるですかねw

AD

お洒落すぎる耳栓!LOOPの難聴防止イヤープロテクターを買ってみた。

こんにちは、ぶっきちょです。 私は高校の時に初めて行ったライブハ

紅葉が見たくて小石川後楽園に行ってきたらめちゃ綺麗だった話

こんにちは。 最近グッと冷え込んで毎朝布団から出づらいけどなんとか生

空の青さを知る人になりたいと思った話。

こんにちは。 気が向いたときだけブログを書くようになってしまいまし

社会人になって10年以上ぶりにバンドで演奏してみたら感動がやばかった話

こんにちは。 久しぶりにブログ更新してみたぶきっちょです。 最

「がんばらない働き方」ができない職場は辞めた方がいいって話。

  こんにちは。 今週はいろいろあって、メン

→もっと見る

PAGE TOP ↑