*

服装に悩みながら新潟の豪雪地帯に行ってきた話

公開日: : コラム ,

こんにちは、ぶきっちょです。

1月の下旬に、雪が降りまくりで氷点下の新潟に行ってきた。

生まれてこの方〇〇年、ぬくぬくと都会でしか過ごしてこなかった私は、

「ちょっくら経験してみるか!」という軽いノリで、旅の目的地に豪雪地帯を選んだ。

なぜか選んでしまった。。

日程も決めて、泊まる場所を確保したまでは良かったのだ。

が、そのあと「豪雪地帯って、一体何を着ていけば良いんだろう」と真剣に悩むことになるのだった。

 

とりあえず上着をどうするかだ

ネットで現地の気温を調べると、最低気温が-5度
東京で使っている普通のコートでは太刀打ちできそうにない。

スノボウェアがぴったりかもしれないと思ったが、そういうかさばる系の上着は全く持っていなかった。

温かいダウンジャケットを買うという手もあるが、東京はそこまで寒くないため行きが暑すぎる。

薄いコートで寒さに耐えるか?

いやいや無理だろう。

そんな感じで頭を抱えていた。

 

ユニクロは神

悩みながらも、とりあえずユニクロで程よいジャケットを探すことにした。
そして、素晴らしいものに出会う。

そう。

ウルトラライトダウンだ。

ウルトラライト

新潟に着いたら、これをいつものコートの下に着れば良いんじゃない?

よし!

こうして、ユニクロ様のおかげで上着の問題は解決した。

 

靴は何がいいのか?

守銭奴な私は、なんとかすでに持っている物で旅ができないかと考えた。

しかし、手持ちの靴といえば、皮のブーツとスニーカーくらいだ(友人には「それスニーカーやない、ただの運動靴や」とか言われるがよく意味がわからないよ)。

ネットで今度は新潟の積雪量について調べてみた。

場所によって違いはあったが、目的地のエリアは200cm程度だった。

なーんだ、200cmくらいか。

ん?200cmって…

2メートルじゃん!!

靴をどうするか以前に、身体埋まらない?

シュノーケリングセット買った方が良い?

てか今行って大丈夫?

突如積雪2メートルの恐怖が私を襲い、本気で旅の中止を検討した。

妄想を膨らましても不安が募るだけなので、とりあえず情報を集めまくる。

どうやら、積雪2メートルといっても、人が住んでる場所は除雪車も通るし、道はちゃんと歩けるようになっているらしい(当たり前か)。

とはいえ普通の靴では足がびちょびちょになってしまうため、長靴を購入するところで落ち着いたのだった。

長靴

手袋は必須

とにかく冬場は手が冷たい。
東京にいても冷たいのに、豪雪地帯に行ったら凍るに違いない。

というわけで、最後は手袋だ。

これは100均で買ったやつがあるので、そのまま装着していくことにした。

手袋

目的地に到着

さあやってきました、新潟県十日町市。

…の、豪雪地帯。

豪雪1

ぶきっちょは、目の前が真っ白になった!(色んな意味で)

雪国は予想を裏切らず、自然の厳しさをこれでもかと教えてくれたのだった。

 

服装の感想

上着に関してだが、普段着ているコートの下にウルトラライトダウンを着るだけで寒さをしのぐには十分だと感じた。
人一倍寒がりな人は、ダウンの上に着るコートを厚手のものにすれば大丈夫だと思う。

長靴は、ふくらはぎが半分隠れる程度の長さの物で行ったが、特に不便はなかった。

手袋は100均のものだったが、十分暖かい。
ただ雪かきとか雪下ろしなどの作業をする場合は、水を通しにくいちゃんとした手袋が必要だと思う。

 

まとめ

冬の雪国は初体験で、正直到着時は引き返そうかと思った。

しかし歩き出すと、視界一面が本当に真っ白で、とても不思議な感覚になるのだ。

最終的にはテンションが上がり楽しくなってしまった。

わかりやすくまとめると、こんな感じだ。

怖い→ドキドキワクワクテカテカ

帰る日には雪は止んで太陽が出ており、本当に美しい景色が見られた。

豪雪2

自然の厳しさと綺麗さを、まさに両方体験できた気がする。

みんなも豪雪地帯に行くときは、服装の準備をしっかりとして、雪国を楽しんできて欲しい。

 

AD

関連記事

kayagurashi

ギルドハウス十日町で、蚊帳暮らしを始めたニートの話

こんにちは、「やりたいことをひたすらやろう」がモットーのニート女ぶきっちょです。 新潟

記事を読む

zaiakukann

返金可能?美容院にクレームをつけてみたら、罪悪感しか残らなかった件

  こんにちは、ぶきっちょです。 今日のブログはちょい長めです。  

記事を読む

partonership

渋谷区がゲイ・レズビアンカップルに結婚相当証明書発行?同性カップルの反応は?

渋谷区が、とある条例案を区議会に提出するらしい。 それは、渋谷区に住む20歳以上の同性カップル

記事を読む

maikka2

「人生を半分あきらめて生きる」で心が軽くなった話【感想】

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、空いている時間で本をひたすら読み漁っている。 「これ

記事を読む

ikioi

直感が働いたら、考えすぎずに勢いに任せて行動したほうが良い説

こんにちは。 物事を悪い方へ悪い方へと考えることがどうしても得意なぶきっちょです。

記事を読む

riba

現代の駆け込み寺!リバ邸茨城に行ったら生き生きしてきちゃった話

こんにちは。 ひきこもる時間も大切だけど、やっぱり色々動くのも楽しいなー。ぶきっちょです。

記事を読む

panic

高校時代、パニック障害に。辛い症状と出来事について

最近、友人から「実は俺〇〇(病気の名前)なんだ」という告白をされた。 それについてはここでは何

記事を読む

okane

生きるために必要なお金って、どのくらい?

「お金持ちになりたい?」 そう聞かれて、「いいえ」と即答する人は少ないだろう。 「そりゃ

記事を読む

hokensho

会社辞めて保険証ないけど、我慢できずに耳鼻科に行ってきた話

こんにちは。 花粉とハウスダストに悩まされる、か弱い系ニートのぶきっちょです。 先月

記事を読む

sabageee

アラサー女が初めてサバゲーに参加したら、アドレナリン全開になった話

こんにちは、ぶきっちょです。 私は、ずっとサバゲ―(サバイバルゲーム)というものに興味

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

9BD8A4C1-5D25-4396-84BF-CAB361D25EFF
人生は運が7割?ニート祭り2019に行って思ったこと

こんにちは。 2017年3月にニートデビューし、2018年1

5F1641D1-69F2-474C-BC28-01600ACFA74E
ひとりで行ける!茨城の「ボードゲームバーでれすけ」がアットホームすぎて楽しかった話。

こんにちは。 友達は多くないけど、素敵な人たちとの繋がりがあるの

FC671799-A01F-4116-8C5F-5E85DF82E59D
ファミマのスペシャルティコーヒーが美味しすぎて、朝の楽しみになった話。

こんにちは。 朝と夜はとにかくコーヒーが飲みたくなるぶきっちょで

C71AD2BA-BE9F-4F01-A3C4-AEA70918316B
アラサー女の感情をめっちゃ揺さぶる漫画「恋のツキ」のやばさを伝えたい。

こんにちは。 現在アラサーで同棲中のぶきっちょです。

CCABE456-7B1A-46B3-AF01-49CC541BC43C
人生を楽しむには、マイペースに動いて自分を褒めていけば良いって話。

こんにちは。 最近iPhoneを新しくして色々格闘中のぶきっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑