*

ギルドハウス十日町で、蚊帳暮らしを始めたニートの話

kayagurashi

こんにちは、「やりたいことをひたすらやろう」がモットーのニート女ぶきっちょです。

新潟県十日町市にあるシェアハウス、ギルドハウス十日町に移住して早一週間。
(移住の経緯とギルドハウス十日町については、『4月からニートになるから、東京を脱出して田舎に行くことにしたよ』参照)

一体どんな生活を送っているかというと。

蚊帳暮らし、始めました。どどーん。

蚊帳とは?

kaya2

蚊などの害虫から人などを守るための網。(Wikipedia参照)

そう。
つまり、害虫(カメムシ)から私の身を守るための道具のことだ。

蚊帳暮らしを始めたワケ

改まって書くことでもないが、まず私の部屋はカメムシが大量発生することがわかった。特に昼間がひどい。

天井や窓の隙間をできるだけ埋める作戦を決行したものの…

やっぱり、暖かい日になるとウン十匹はでてくるカメムシ達。どこからともなくわんさかと。

都会の人混みは大嫌いだけど、田舎の虫混みも結構グイグイくるなあ…。

そう思い悩んでいたら、ギルドハウスの頼れる女将が蚊帳をくれたのだった。

ありがたや、ありがたや。

これが蚊帳暮らしだ

住人に手伝ってもらいながら、早速部屋に蚊帳を設置。

こんな感じになった。

kaya

うん。

・・・・・・・・良い!!!

昼間パソコンをやるときも、この中にいれば安心。

寝る時も安心。

完璧だ。

蚊帳よ、仕事しろ

蚊帳を設置した私は、その夜この上なく安らかな気持ちで眠りについた。

もし寝ている間に口が開いてしまおうともカメムシが飛び込んでくる心配はないし、朝起きたらお腹の上にカメムシがいましたーなんてこともないのだ。

ぐっすり眠った10時間。

翌朝。

「あー良く寝たわー」

思い切り伸びをしていると、蚊帳の網のところにカメムシが何匹かとまっていることに気が付いた。

「お、ちゃんと蚊帳が侵入を防いでくれてるな!はっはっは…」

とか思いながら、網をよーく見てみると・・・

 

 

カメムシ、思いっきり内側についてる。

 

 

あれ?蚊帳の仕事ってなんだっけ…

ニートを守るという目的では、蚊帳も仕事をしてくれないのかもしれない。

まとめ

カメムシが内側に入ってしまうハプニングはあるものの、ブンブン飛んでる虫の侵入は確実に防いでくれるので、何もないよりは安心感がある。

とりあえず、カメムシの話題はこれくらいにして、今後はもっと他のことを書けるといいな、と思う今日この頃であった。

AD

関連記事

facebook

Facebook本当に退会するの?SNSメリットデメリット

最近、「SNS離れ」が進んでいるらしい。 代表的なSNSのひとつにFacebookがあるが、何

記事を読む

inakaaaa

新潟の限界集落に住んでみたら、少しずつ都会の良さが見えてきた件

こんにちは。 ランニングでも始めようかと思って朝6時に起きたら、小雨が降っててすぐに心が折

記事を読む

koritu

職場の雰囲気に合わせるのが疲れたので孤立してみた

こんにちは、ぶきっちょです。   先日、仕事(本業)がつまらなすぎて、夢も希望も失いそう

記事を読む

oyaarigatou

アラサー独身女が人生で初めて、両親に感謝の気持ちを伝えてみた

こんにちは、ぶきっちょです。 昔から、すごい人の言葉や歌詞などで、 「今この瞬間を精一杯

記事を読む

いつか

「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは見えない元職場の様子を聞いて、

記事を読む

teiden

停電だけどブレーカー落ちてない?原因わからずあたふたした話

こんにちは、ぶきっちょです。 今朝は久しぶりに早起き(6時起き)をして、部屋の電気と暖

記事を読む

koyagurashi

シンプルライフ!小屋暮らしの男性を訪ねてみたら、めっちゃ人生楽しんでた話

  こんにちは。 4月からニートのアラサー女、ぶきっちょです。 これ

記事を読む

yukimaturi

東京育ちの私が、十日町雪まつりの手伝いをして感じた5つのこと

こんにちは、ぶきっちょです。 2月17日~19日に新潟県十日町市で雪まつりが行われ、機

記事を読む

freetor

フリーターで夢を追うのは甘え!とか言う人って何なの?

最近、減少傾向にはあるらしいがまだまだ人口の多いフリーター。 あなたはフリーターについてどう思

記事を読む

hanami

三浦海岸桜まつりルポ!今が見頃、早咲きの河津桜!

梅が咲き始め、場所によっては見頃を迎えるところもでてきた。そして「桜ももうすぐだね」なんて会話を交わ

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

いつか
「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑