*

家族とは何か?シェアハウス暮らしで考える他人との関係

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

私は今、シェアハウス暮らしをしている。

ここの家はもう2年くらいになるし、カナダで留学中もずっとシェアハウスで暮らしていたため、他人との共同生活にはすっかり慣れてしまった。

シェアハウスに住んでいるというと、「同居人とは仲いいの?」と、必ずといっていいほど聞かれる。

2年も暮らしているのだから、仲が悪いというわけではないが、進んで一緒に遊びに行ったりするほど仲が良いわけでもない。

でもほとんど毎日顔を合わせるし、会えば談笑もするし、同じ家に住んでいるため同居人の生活リズムは把握している。

強いて挙げるとすれば、「友達」ではなく、「知り合い」でもなく、「家族」が一番近いのかもしれない、と思う。

 

私にとっての家族

家族の形は、人によって様々だ。

私の場合は、生まれたときからそばにいて、なんか知らないけど色々面倒を見てくれて、かつ「こうしろ」「ああしろ」と生活を押し付けてくる「世界で一番近い存在」が家族だった。

家族の言うことや家族のルールが生活の真ん中になって、外での行動はそれを元に決められていく。こんな書き方をすると、「なんで厳しい家庭なんだ」と感じるかもしれないが、多かれ少なかれ似たようなことはどこの家庭でもあるんじゃないだろうか。

門限とか、学歴の圧力とか、宗教とか、その家代々伝わる伝統だとか。

そういった家族のルールは、私の知らないところですでに存在していたものであり、それに抗うことは、家族を悲しませることなのだと教えられた。

そう教え込まれたので、私は今でも色んな事に抗えずにいる。

私は家族が好きなので、家族を悲しませたくない。

でも、家族とはいえど他人なので、価値観の違いは当然生まれる。

自分を曲げてまで家族のルールに付き合うのは、自分が無くなってしまうのでやりたくはない。

自分の人生を支え、愛情なるものを与えてくれると同時に、そんな葛藤の対象でもある。

それが私にとっての家族だ。

 

私にとっての「家族」

では先ほど述べたシェアハウスの同居人はどうだろう?

彼らは友達ではないし、知り合いと呼ぶには遠すぎる気がする。

秘密をすべて打ち明けるわけでもなければ、かといって白々しいほど表面的に付き合うわけでもない。

たまに一緒にテレビを見て、たまに一緒にご飯を食べて、たまに一緒にお酒を飲んで盛り上がる。

そう考えると、うちのハウスの場合だが、「家族」のゆるいバージョン、というのがしっくりくる気がする。

「家族」は「家族」でも、それぞれ育った環境が違うので変なルールは存在しない。縛りもない。

また、それぞれが自立した大人なので、自分のことは自分でやる。余裕があれば、他人も助ける、といった環境が作られる。

結果、家族関係から「干渉」や「縛り」をなくしたものが、うちのハウスの「家族」だ。

「干渉」がない分、病気になったときなどに家族ほどの手厚い看病は受けられないが、それがいいか悪いかは人によるところだろう。

 

まとめない

最近、家族というものについてよく考える。

今は離れて暮らしているが、家族だからお互いの健康を心配するし、家族だから連絡を取り合う。

「家族」ってずっと一緒に暮らしていたから家族になるのか?

血のつながりがあるから家族になるのか?

血のつながりがなくても素敵な家族はいるから、血は全く関係ないのか?

「無償の愛」を受けて、受けた側も「無償の愛」を感じられたら家族になるのか?

「無償の愛」って何なのか?

色々書いてみたが、まったくまとまらないので、まとめない。

今度数少ない友人にも話をしてみようと思う。

AD

関連記事

不安とさびしさ

「不安」や「寂しさ」は拭うものではなく、抱きしめるものだった話

こんにちは。 このタイトル、ミスチルの歌詞にありそうだなあ。ぶきっちょです。 突

記事を読む

kahun

花粉症の季節がやって来た!早めにやりたい3つの対策!

  早くもやってきた、花粉シーズン。 毎年悩まされるこの花粉。今回は例年より1

記事を読む

homless

「ホームレスは自業自得」と思っている人が許せない

都心でよく見かけるホームレス。駅でゴミを漁る人、路上の隅で段ボールを敷いて寝てる人。空き缶をたくさん

記事を読む

syousetu

暇を持て余したら、小説を書いたらいいんじゃないかと思った話

こんにちは。 「自分でない誰か」になり切っているときが最高に楽しい、厨二病のぶきっちょです

記事を読む

amehuri1

引きこもりアラサー女が、雨降山(大山)に登ってみたら最高だった

こんにちは。 三度の飯より山が好き!と言えるようになりたい登山初心者ぶきっちょです。

記事を読む

tomodachi

友達が少ないアラサー独身女だけど人生楽しんでる

どうも、ぶきっちょです。   結論から言うと、私は友達が少ない(昔似たような名

記事を読む

yukimaturi

東京育ちの私が、十日町雪まつりの手伝いをして感じた5つのこと

こんにちは、ぶきっちょです。 2月17日~19日に新潟県十日町市で雪まつりが行われ、機

記事を読む

hannohanx

田舎に移住したニートが、半農半X目指してリモートワークを始めた話

こんにちは、ゆるい生き方を模索しながらギルドハウス十日町に住み始めたアラサーニート女、ぶきっ

記事を読む

doukyonin

婚活サイトで同居人に恋人ができた話

こんにちは、ぶきっちょです。  私は前に婚活パーティーに行ったことがあるのだが(詳しくは『アラ

記事を読む

omou

これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶきっちょです。 今日は、

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

→もっと見る

PAGE TOP ↑