*

アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~前編~

公開日: : 最終更新日:2017/08/15 アラサー

konkatsu1

こんにちは、ぶきっちょです。

恋人いない歴○年かつアラサーの私は、色々な趣味で現在の生活をそれなりに謳歌してはいるものの、やはり「恋人がいたらいいなー」という気持ちがある。

そんな私に、シェアハウスの同居人がやたらと勧めてくるのが「婚活サイト」だ。

そのサイトでは、まず自分の写真とプロフィールを載せて、お互い異性のページを閲覧し、気に入った人がいたら「いいね!」みたいなボタンを押して相手に好意をアピールする。

お互いに好意を持てば、メッセージ交換が始まり、会う約束を取り付ける、という流れになるらしい。

それを聞いていて、私は思った。

 

そんな面倒なことをやっているより、最初から会える婚活パーティーのが良くない?

 

サイトでじっくり見るのも良いが、実際に会うまで時間がかかるし、メールで仲良くなったとしても会ったときの印象がお互い気に入らなければそれで終わってしまう。

 

だったら最初から婚活パーティーで知り合った方が効率が良くない?

 

というわけで、ひとりで婚活パーティーに行ってみることにした。

 

婚活パーティーの形式選び

次の日にやっているパーティーに予約をしようとネットで探していると、色んな種類の婚活パーティーがたくさん出てきた。

現在婚活市場はすさまじいことになっているらしい。

形式も、

30人から50人くらいが参加する立食形式のもの。

少人数の合コンみたいな形式のもの。

個室でひとりひとりと話ができるようになっているもの。

などなど、色々ある。

行動力がある割に大人数の中にいることが苦手な私は、『PARTY☆PARTY』というサイトにある個室形式のものを迷わず選んだ。

私は1対1の会話だとあまり緊張しないタイプなのだ。大勢は怖い。。

個室形式の婚活パーティーとは?

「個室形式」と聞くと、「初めて会った異性といきなり個室とか怖くない?」

と思われる方もいるかもしれないが、私が参加したものは「半個室」の状態だった。

漫画喫茶の個室のドアがないバージョン、と言えばわかりやすいだろうか。

ドアのない個室にカウンターがあり、そこに向かって椅子がふたつ並んでいる。

奥の椅子に女性が座り、男性と5分くらい話をして、時間がきたら男性だけが次の部屋に移動、女性は座ったまま次の男性を待つ、という仕組みだ。

初めての婚活パーティー

化粧をして準備万端、さあ出陣!

・・・ということで最寄り駅に着いたのだが、そこから会場となる建物を探すのに予想外に長い時間がかかってしまった。

まさかの開始3分前着。走ったので汗だらだら。

走ってる途中、受付の人から「大丈夫ですか?」と電話がかかってくる始末。すみません。

 

汗だくで到着した私は、半個室のひとつに案内された。

そこにはすでに男性が着席しており、パーティー開始の合図があるまでひとまず雑談するような感じになる。

ぶ「こんにちは」

男「こんにちは」

見た感じなかなか爽やかな感じの男性。

ぶ「初めてなんですが、あなたは?」

男「僕は2回目なんですよ」

ぶ「ほほう」

適当に会話をしていると、すぐに始まりの合図があった。

 

司会『本日はお集まりいただきありがとうございます。当パーティーのシステムをご説明します』

タブレットを使用したパーティーの流れ

司会の説明を聞くと、ざっとこんな感じだ。

 

①男性が女性の隣に座り、7分ほど雑談する。

②その際、テーブルに置いてある自分用のタブレットを使って相手が予約時に作成したプロフィールを閲覧することができる。

③気に入った人がいれば、カップリングタイムを待たずに連絡先(最大5枚)を渡すことが可能。

④一通り男性が回り終えたら、最初の席に男性も戻り、アピールタイム突入。

⑤アピールタイムでは、タブレット上で気に入った相手(最大3名まで)に「気になってます」ボタンを押すことができる。

⑥アピールタイムが終わると、誰が自分に「気になってます」ボタンを押したかが表示される。

⑦それらの結果をもとに、最終カップリングをする(カップルになりたい人を、タブレット上で1人選ぶ)。

 

まず、タブレットで全部やっちゃうところが衝撃だったが、手間もかからずに便利だなーくらいに思っていた。

 

最初は。

 

最初はね。

 

『アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~後編~』へ続く

 

AD

関連記事

shuukatsu1

アラサー女が会社を辞めて無職になるまで①【就活編】

私は今月末で、7年間務めた会社を辞める。 厳密にいえば、途中の1年間はカナダ留学してい

記事を読む

kokoro

心が狭すぎる私が、三十路の誕生日に親からもらったアドバイスとは。

こんにちは。 先日、めでたく30歳を迎えたぶきっちょです。 誕生日当日は両親と熱海へ

記事を読む

sabageee

アラサー女が初めてサバゲーに参加したら、アドレナリン全開になった話

こんにちは、ぶきっちょです。 私は、ずっとサバゲ―(サバイバルゲーム)というものに興味

記事を読む

9

絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ過ぎると決壊するぶきっちょです

記事を読む

doukyonin

婚活サイトで同居人に恋人ができた話

こんにちは、ぶきっちょです。  私は前に婚活パーティーに行ったことがあるのだが(詳しくは『アラ

記事を読む

oyaarigatou

アラサー独身女が人生で初めて、両親に感謝の気持ちを伝えてみた

こんにちは、ぶきっちょです。 昔から、すごい人の言葉や歌詞などで、 「今この瞬間を精一杯

記事を読む

suizokukan

なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のところでアプリを消したぶきっちょ

記事を読む

shigoto3

ニートからもう一度社会人を始めたアラサーが、3ヶ月経って思うこと

こんにちは。 最近余裕がなくて凹んだり、余裕を見つけてやる気をだしたりを繰り返しているぶき

記事を読む

misoji

【希望と不安】アラサー独身女が、三十路を迎える直前に思うことあれこれ。

こんにちは。 お正月はブログも書かず、ひたすらゴロゴロしていたぶきっちょです。 1月

記事を読む

omou

これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶきっちょです。 今日は、

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

→もっと見る

PAGE TOP ↑