*

アラサー独身女が麻雀にハマったら世界が動き出した

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 アラサー ,

どうも、ぶきっちょです。

みなさんは、「麻雀」という素晴らしいゲームを知っていますか。

私は今、それにハマっています。

 

女が麻雀してるのかっこいい!

 

私が初めて麻雀に心を奪われたのは大学生のとき。

まだハタチそこそこのピッチピチのギャル(死語?)だった当時の私は、大学に友達もいないため家でアニメを見ていることが多かった。

大学に友達はいなかった。ここは大事なところなので二回言っておく。

夜も遅くまで起きて、深夜アニメをなんとなく見る生活。

その中で、出会ったのが『咲-saki-』というアニメだ。

「麻雀部」の女子高生が、切磋琢磨しながら全国大会を目指す!という、萌え系青春アニメ。

その麻雀シーンはまるでドラゴンボールのような激しさで、麻雀牌が飛ぶは光るは、キャラがサイヤ人みたいになるはで、ルールがわからないながらも見ていて全く飽きなかった。

そして、

「麻雀してる女子かっこいい!!」

と感化され、気付いたらamazonで麻雀入門本を注文していたのだった。

 

初めての雀荘

 

ルールを覚えてからしばらく家族三人で麻雀を楽しんでいたが、四人麻雀が打ちたい!と思い、雀荘に行くことにした。

前述通り大学には友達がおらず、高校の友達も少なかったのでセットは組めない。

フリーで行くしかなかった。

ただ私は、煙草が大の苦手であるため、禁煙のところを探してみた。

そこで「健康麻雀」として雀荘をやっている店をいくつか発見。

緊張しながらも入店し、フリーデビューを果たしたのだった。

雀荘というと、煙が充満していて、怖いおにーちゃんやおっさん達が「ちくしょー」とか言いながら麻雀を打っているイメージが大きかったのだが、そこは全く違った。

「健康麻雀」志向のためか、おじーちゃんやおばーちゃんが多い。見た感じ70歳過ぎのようなばーちゃんが、「ロン、メンタンピン三色」とか言いながら牌を倒していた。そして対面のおじーちゃんが、「あちゃーやられたー」とか言いながら笑っている。

そんな、なんかいい感じの雰囲気の雀荘だった。

 

そしてアラサーに

 

大学時代は、結局その雀荘によく通うようになった。じーちゃんばーちゃんに可愛がられながら、毎週のように楽しく麻雀を打っていた。

だが社会人になってからは行かなくなり、麻雀もしない生活になった。

早10年。

なぜ今になって麻雀熱がぶり返したのかというと、ある知り合いの誘いがきっかけだった。

「友達の家で麻雀会やるけど来ない?」

友達の少ない私にも、タイミングによってはこんな声がかかることもある。

麻雀なんて久しぶり過ぎて点数計算大丈夫かな、とか思いながらも、ふたつ返事で了承。

10年ぶりの麻雀に身を投じることとなった。

 

麻雀というコミュニケーションツール

 

麻雀会は、当たり前だが知らない人ばかりだった。

9人くらいが集まり、適当に交互に休みながら打つというゆるい雰囲気。

基本的に人見知りの私は最初緊張しており、他の人も私に対して当たり前だが他人行儀だった。

だが、麻雀が始まるとすぐに変化が出てくる。

4人で卓を囲み、向き合って進めるからなのか、徐々に謎の親密感が生まれてくるのだ。

「あー、どうしようかなー」

「え、もうテンパイですか」

「いやー欲しいのが来なくてね」

「私の親なんでまだ流さないでくださいよ~」

「どうしようかな(笑)」

などといった雑談が自然と発生し、まるで何年も前から知っている仲間と打つかのような感覚でゲームが進んでいく。

私が麻雀を好きな一番の理由はその点だ。

人と打ち解けるのに、麻雀以上に素敵なコミュニケーションツールはなかなかないと思う。

麻雀をやっていると「素」が出る。打ち方によってその人の性格がわかる。

例えば私は直観を信じる割に、チキンな部分があるため、「押すべきとき」に「引っ込んでしまう」ということが日常生活でよくある。麻雀でいえば、自分も戦える手牌を持っているのに、他人のリーチのベタ降りてしまう、など。半荘でその人の生き方や性格が垣間見られるのが本当に面白い。

 

そして世界が動き出す

 

この麻雀再熱をきっかけに、なんだか面白いことが起きている。

その家の人とまた麻雀をやる約束をし、それとは別の人とも「面白麻雀企画」をやろうということになったのだ。

詳細は決まっていないが、色々な人を巻き込み、麻雀の楽しさを伝えるというイベントを開く予定だ。

人気が出たら継続していくかもしれない。

これから麻雀を通して、色々な人と出会い、色んな事をしていくのが楽しみでならない。

 

AD

関連記事

nlp

NLPとは?人生に悩むアラサー女が背中を押してもらえた話

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、本業(OLの仕事)が面白くない。 最近というか、もう

記事を読む

oyaarigatou

アラサー独身女が人生で初めて、両親に感謝の気持ちを伝えてみた

こんにちは、ぶきっちょです。 昔から、すごい人の言葉や歌詞などで、 「今この瞬間を精一杯

記事を読む

okinawadangan

体力のない三十路が週末だけ沖縄に行ってみたら、圧倒的に癒された話

こんにちは。 脱ニートをして3ヶ月、忙しくもなんとか楽しく過ごしているぶきっちょです。

記事を読む

taisyoku

アラサー女が生まれて初めて会社を辞めてみる話【ニート誕生】

こんにちは、ぶきっちょです。 私は去年の12月から会社を休職しており、ここ数か月は、

記事を読む

kamemushishi

東京育ちのアラサー女が新潟に移住したら、早速洗礼を受けた話

こんにちは、4月からニートデビューをしたぶきっちょです。 おととい、新潟県十日町に引っ

記事を読む

omou

これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶきっちょです。 今日は、

記事を読む

sabisii

孤独を克服!アラサー独身女が寂しいときにすることとは?

冬が来る。 毎年思うことだが、なぜ寒さというのはこうも寂しい気持ちを募らせるのか。

記事を読む

aiseki

アラサー女が出会いを求めて相席屋に行ったら、大変なことになった

TVで紹介されているのを見て、以前から気になっていた相席屋。 シェアハウスの同居人(同

記事を読む

sabageee

アラサー女が初めてサバゲーに参加したら、アドレナリン全開になった話

こんにちは、ぶきっちょです。 私は、ずっとサバゲ―(サバイバルゲーム)というものに興味

記事を読む

love1

こじらせ寸前のアラサー女が、「恋愛とは何か」を色んな側面から考察してみた。

こんにちは。 手先も恋愛も不器用なアラサー女、ぶきっちょです。 この世に生を受けてもうす

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

realescape1
自分のチームワーク力が知りたいなら、リアル脱出ゲームに参加すれば良いよ。

こんにちは。 GW明けの出勤リハビリがかなりキツかったぶきっ

hakone
GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そ

suizokukan
なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のと

→もっと見る

PAGE TOP ↑