色んなことで悩みすぎて、なんでこんなに悩んでるのだろうと思う話。

雑記

こんにちは。
「一番ハマっていることは?」と今聞かれたら、「悩むこと」と即答できるぶきっちょです。

何に悩んでいるかと聞かれたら、

・恋愛およびアラサーという年齢ならではの結婚の悩み

・仕事にまつわる展望や働き方の悩み

・上記2つの悩みから発展する「そもそも何がしたい?これでいいの?」という悩み

とざっとこんな感じ。

なんか、

プライベートでも悩みを抱えていて、かつ仕事も忙しい

という状態は戦いが多すぎて、私のキャパを軽く超えてしまう。

挙げ句の果てには胃の痛みをほぼ毎日感じるようになる始末。

「なんだかもう疲れてきたな…悩むこと自体に…」と思っているのに悩み続ける私の自虐性にも頭を悩ませつつ(増える一方の悩み)、

最近ふと気がついた。

一昨年の今頃は、現在頭を悩ませている「仕事」も「恋愛」も存在していなかった。

ということに。

一昨年は思い切って新卒から働いていた職場を辞め、恋人もおらず、完全なるフリーダム状態でニート生活を送っていた。

参考記事:アラサー女が生まれて初めて会社を辞めてみる話【ニート誕生】

そのときは当たり前だが、

「プロジェクトの進みが遅い…どう効率化すれば…」

「後輩の育成が…」

といった仕事の悩みも、

「この関係性、今後どうなるんや…」

「好きなだけじゃ上手くいかないんだろうか…」

といった恋愛の悩みも、両方全くなかった。

じゃあ今そのときに戻りたいのか?と聞かれたら答えは絶対にNOで、断然今の方が良い。

自分なりにフィーリングに従いつつも考えて行動して、たどり着いたこの環境は「大切にしたい」と思える環境だ。(せっかくこれまでやってきたんだから…といった思いを全く抜きにして、である)

大切にしたいと思う環境だからこそ悩みが生まれて、「遠くに行ってしまいたい…」とか思うこともある。

でも冷静に振り返れば、この悩みを持っていなかった一昨年よりも今の方が私は好きなのだ。

そして、もともと持っていなかったこの悩みをどうするかは自分次第だ。

一昨年のように捨ててしまうこともできるし、胃を痛めながらキープし続けることもできるし、消化できるように対策を打つこともできる。

一昨年持っていなかった事柄で命を捨てるほど悩むのはさすがに勿体無いし、どの環境にいたとしてもまた違うことで本気で悩むだろうし、結局は「いざとなったら悩みを捨てればいい」と思って悩みたいことだけ悩めばいいのではないかな、と思った。

タイトルとURLをコピーしました