リモート勤務が1ヶ月以上続いているのでリモートあるあるでもまとめてみる

仕事

こんにちは、最近めっきり運動不足なぶきっちょです。

新型コロナの感染拡大を防ぐため、2月の終わりから在宅勤務を言い渡された。

そして早1ヶ月、まだ引き続き在宅勤務だ。

土日も家から出ずAmazonプライムばかり見ているし、平日も家から出ず仕事からのAmazonプライムの日々。

さらには今週から夫もリモート勤務となったため、夫婦揃って引きこもり生活が続いている。

これだけリモート生活が続くのもあまりないことなので、リモートあるあるでもまとめてみようかと思う。

スポンサーリンク

曜日感覚がなくなる

土曜、日曜と家でゴロゴロし、そのまま月曜日も家にずっといるのだ。

曜日感覚がなくならないわけがない。

しつこいようだが、金曜日もずっと家で仕事をして、そのまま土曜に突入するのだ。

曜日感覚がなくならないわけ(ry

植物並みに太陽が恋しくなる

しばらくは平気なのだが、3日間ほどずっと家で過ごしていると4日目の朝起きてすぐに、

「太陽ノ光アビナキャ」

という強い衝動が襲ってくる。

そして素早くパジャマからジャージに着替えて、ささっと日焼け止めを塗って家を飛び出す。

で、太陽光を浴び尽くして帰る。

コーヒー豆の消費量が半端ない

これまではオフィスで飲めていたコーヒーだが、リモートでは当たり前だが自分負担になる。私も夫も一日に3〜5杯はコーヒーを飲むので、光の速さでコーヒー豆がなくなっていく。

トイレットペーパーの消費量が半端ない

これまではオフィスで使っていたトイレットペーパーだが、以下略。

昼寝しちゃう

ベッドが横にあるからなのかもしれないが、お昼休みになるとつい昼寝してしまう。

スタンフォード式なんちゃらみたいな本にも書いてあったが、毎日20分くらいの昼寝は健康に良いらしい。さらに午後のパフォーマンスも上がる。

なんだかんだ仕事が捗る

打ち合わせなどはオンラインで行うし、仕事中にちょいちょいSkypeやSlackでメッセージも飛んでくるのだが、なんだかんだ仕事が捗っている気がする。

オフィスにいる時との違いといえば、「なんとなく会話しよう」と思ってする会話がなくなったことくらいで(つまり雑談)、そもそも私はそんなにいっぱい雑談はしないタイプだ。なのに、それがこんなにも仕事を捗らせているのだろうか。

それとも、何か別の力が働いて集中できているのだろうか。単に通勤の疲れがないからその分頑張れているのかもしれない。

仕事終わってもだいたい元気

長めの残業をしたら話が別だが、普通に仕事を終えた場合はリモートの時の方が格段に元気だ。

移動がないことと、家にいるので気を張らずに過ごしているためだろう。良いことだ。

打ち合わせが嬉しい

雑談をする機会がめっきり減るため、打ち合わせであっても外部の人と話す機会ができるとなんか嬉しい。

で、変なテンションで話しちゃうという。。。

まとめ

4月もこのままリモート生活が続く可能性が高い。

今の自分にできることは、おとなしく家にいること、ニュースを見ながら自分ができることを都度考え行っていくことくらいだ。

その中で、悲しいことを悲しみ、楽しいことは楽しみ、面白いことは面白がり、大切な人を大切にしながら過ごしていきたい。

おまけ漫画

その他あるある٩( ᐛ )و

 

タイトルとURLをコピーしました