*

Facebook本当に退会するの?SNSメリットデメリット

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

最近、「SNS離れ」が進んでいるらしい。

代表的なSNSのひとつにFacebookがあるが、何やら「あれはリア充自慢だ」とか「自分楽しんでます」アピールばかりで見ていてイライラする」といった意見がちらほら出ているという。

確かに私の周りにも、Facebookばかり見てしまって、「他人が何をしているか」という情報を得るのに膨大な時間を使っていることに嫌気が差し、利用を止めた友人がいる。

 

もちろん退会するのは個人の自由だし、嫌気がさしたのなら利用しない方が良い。

 

でも私は思う。

 

やめるのは、ちょっともったいなくない?と。

 

Facebookには、すでに繋がっている人たちの情報を受け取るだけではない、様々な使い方がある。

 

新しい人と出会うためのツール

 

Facebookを利用していると、つながりのある人々から様々なイベントのお知らせがくる。

ふとしたタイミングで、自分が興味のあるイベントに招待されることがよくある。

例えば、旅人オフ会やトークイベントなど。

それに参加をすると、またそこで出会った人々と仲良くなり、Facebookで繋がる。

するとさらに色んな人から、イベントのお知らせがくることになる。

そうやって、どんどん会う人や行く場所が広がっていくことになるのだ。

 

情報収集・発信のためのツール

 

多数の人との繋がりを簡単に持てるFacebook。

自分と繋がっている人が、多数の人と繋がり、その中の人も、さらにまた違う人々と繋がっている。

そのため、やろうと思えば何千人・何万人もの人々に自分の投稿を見てもらうことができる。

「○○を探しています」や、「これを手伝ってくれる人募集中です」などといった投稿をしてシェアをしもらえば、他のHPや掲示板で募集をかけるよりも効率的かつ多くの人々に情報を発信できるのだ。

情報収集も同じようにできる。オフラインでいう「聞き込み」が、タイムラインに投稿するだけでできてしまう。

 

「いいね!」なんて別に押さなくてもいい

 

「Facebookはリア充自慢の場所」というのは私も納得できる。

なぜみんなこんなに自撮りしたり、友達と楽しそうな写真を取ってすぐアップしたりするんだろう。写真アップしてる暇があったら、友達といる時間をもっと楽しめばいいのに。

と思うことがしばしばある。

 

もう何年も会っていないし会話もしていないのに、「いいね!」だけはしてくる知人に対しても、嬉しさよりも微妙な感情を抱いてしまう。

 

まあでもやりたい人はやりたいのだろうし、私のようにやりたくない人はやりたくないのだ。

そういうものなんだ、と思うことにして、私は「いいね!」をなんとなく押したりはしないようになった。

 

Facebookを続ける理由

 

私がFacebook利用をやめない一番の理由は、海外の友人との繋がりがあるからだ。

物理的な距離を感じさせないSNSは、離れていてもふとしたときにすぐ連絡が取れる。

あちらにまた遊びに行くときには、メッセンジャーで連絡を取り合うことも可能だ。

それ以外にも、単純に海外で暮らす彼らの生活をタイムラインで見られるのが楽しい。

 

まとめ

 

Facebookは色んな利用方法がある。

だから、自慢話の多いタイムラインが嫌いなのであれば、それは見ない。

イベントへの招待が煩わしいのであれば、それは見ない。

「いいね!」ボタンを押したり押されたりが面倒なのであれば、それはやらない。

そういったスタンスで、好きな機能だけを上手に利用するといいと思う。

あくまで個人的な意見だが、「なんかもう煩わしいから止める!」と勢いで退会してしまうには、Facebookにはメリットが多すぎてもったいない気がする。

AD

関連記事

youtube

おすすめYoutuber動画!ちょっと凹んだ時に見ると、謎の元気がでてくるやつ。

こんにちは。 何も隠さずに話せる友達がひとりでもいると、すごく支えになるなあ。としみじ

記事を読む

freelancekodoku

フリーランスの孤立感やばい!社会的欲求はどうやって満たせば良い?

こんにちは。 先日住民税の納付書を受け取り、心の底から「シンガポールに住みたい」と思ったぶ

記事を読む

inakaaaa

新潟の限界集落に住んでみたら、少しずつ都会の良さが見えてきた件

こんにちは。 ランニングでも始めようかと思って朝6時に起きたら、小雨が降っててすぐに心が折

記事を読む

homless

「ホームレスは自業自得」と思っている人が許せない

都心でよく見かけるホームレス。駅でゴミを漁る人、路上の隅で段ボールを敷いて寝てる人。空き缶をたくさん

記事を読む

comfort

コンフォートゾーンから抜け出したい!焦るアラサーの脱出大作戦。

こんにちは。 実家暮らしって最高に居心地が良いですよね、ぶきっちょです。 3月末

記事を読む

rennai

自分のペースで生きたい?恋愛意欲薄い若者たち!

人の恋愛観というのは様々だ。常に恋愛をしていたい、という人もいれば、日常生活において恋愛がそこまで重

記事を読む

realescape1

自分のチームワーク力が知りたいなら、リアル脱出ゲームに参加すれば良いよ。

こんにちは。 GW明けの出勤リハビリがかなりキツかったぶきっちょです。 突然だがみな

記事を読む

game

プロゲーマーを目指す専門学校が開校!何するところ?

東京アニメ・声優専門学校でプロゲーマーを育成するためのコースが、来年の4月に新設されることが明らかに

記事を読む

vrtaiken

VRを体験したら、想像よりもはるかにすごかった件

先日友人と秋葉原に行ったとき、VR(バーチャル・リアリティ)のゲームの無料体験ができるお店、ドスパラ

記事を読む

dassyutugame

1人参加もあり?リアル脱出ゲームに参加したら友達ができた話

数年前から人気を博している、「リアル脱出ゲーム」。 ひとつの場所に数名のプレイヤーが集

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

realescape1
自分のチームワーク力が知りたいなら、リアル脱出ゲームに参加すれば良いよ。

こんにちは。 GW明けの出勤リハビリがかなりキツかったぶきっ

hakone
GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そ

suizokukan
なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のと

→もっと見る

PAGE TOP ↑