*

アラサー女が初めてサバゲーに参加したら、アドレナリン全開になった話

公開日: : 最終更新日:2017/03/19 アラサー, コラム ,

sabageee

こんにちは、ぶきっちょです。

私は、ずっとサバゲ―(サバイバルゲーム)というものに興味を持っていた。

大好きな漫画といえばBLACKLAGOONヨルムンガンドだし、大学時代には自衛官に憧れていた時期もあった。

そんな私にとって、エアガンを撃ちあいながら遊べるサバゲーが最高の遊びであることは間違いない。

しかし、一緒にできる友達もおらず(っていうかそもそも友達がそんなにおらず)、結局参加することなく今まで生きてきた。

が。

先日、ついにサバゲーデビューを果たすことができたので、その感動を伝えたいと思う。

気軽に参加できるサバゲー

参加してみるまで、サバゲーで遊ぶにはあらかじめ6、7人くらい人を集めていかないといけないものだと思っていた。
そのため、「そんなに友達いないわ…」と思って諦めていたのだ。

しかし調べてみると、実際にはもっと気軽で、1人だろうと2人だろうと参加費さえ払えば遊べるものらしい。

というわけで、今回『女性優待デー』という割引がある日に、友人と3人で参加してみることにした。

ASOBIBA 秋葉原店

サバゲーデビューの舞台となったのは、秋葉原にある『SURVIVAL GAME FIELD ASOBIBA』.

屋内でやるタイプのサバゲーだ。

エアガンからフェイスマスクまで、必要な装備はすべてレンタル可能。

お金とやる気だけ持って行けば、すぐに遊ぶことができるお店だ。

サバゲーの服装は?

全身レンタルで身を包んだ私の服装は、こんな感じ。

(写真ではつけ忘れてるが、グローブも貸してもらえる。)

sabage

着ただけで、筋肉ムキムキの強者になったような気がする迷彩服。

アラサーだけど心は中二な私の心を掴んで離さなかった。

サバゲー初心者向け講習

実際にゲームを始める前に、初めての人を対象に講習が開かれた。

講習ではルール・注意事項の説明から、エアガンの扱い方まで丁寧に教わることができる。

女性優待デーだけあって半分以上が女性で、そのほとんどが初心者のようだった。

30人くらいで一通り練習をしたのち、いよいよゲーム本番を迎える。

ゲームの種類

battle
参加者は全体で約40名。

半分が赤チーム、もう半分が黄色チームとなって戦う。

どうやって勝敗を決めるかは、ゲームの種類によるらしい。

今回遊んだゲームは次の4つ。

①フラッグ戦

相手チームの陣地に攻め込んで、そこに置かれているフラッグを取ったら勝ち。

②カウンター戦

撃たれても、自分の陣地に戻れば復活が可能。
その代わり、再出陣のときに陣地に置いてあるカウンターを押す必要がある。
制限時間終了後に、カウンターの数が少なかったチームの勝ち。

③大統領戦

両チームの中から1人ずつ大統領を選出。
敵チームの大統領を打ち取ったら勝ち。(制限時間終了までゲームは続行するため、大統領を打ち取り返したらドローとなる)

④攻防戦

片方のチームが攻め、もう片方が守りの態勢を取る。
攻めのチームが、守りのチームからフラッグを取るまで続け、その後攻めと守りを交代。
フラッグを取るまでにかかった時間が短いチームが勝ち。

いよいよゲーム開始!

「最初はフラッグ戦です!制限時間は5分!」

という掛け声とともに、みんながフィールドに入っていく。

室内だがフィールドは結構広くて、ゲーム開始から敵チームとぶつかり合うまで20~30秒くらいは余裕がある。

スタートの合図があったら、ドラム缶や板の陰に隠れながら歩を進め、敵の姿が見えたらすかさず撃つ!

頭ではわかっていても、これが結構難しい。

「あ、あそこだ!」

と思って銃を構えた瞬間には、相手の弾が当たっているという。。。

一対一の撃ちあいで負けることの悔しさといったらなかった。

当たると結構痛い!

帽子や服を含め、BB弾が体のどこかに当たったら「ヒット!」と言ってフィールドを出なければならない。

ある程度皮膚の厚い部分であれば当たっても痛くはないのだが、皮膚が薄いところに当たるとかなり痛い。

指先を撃たれたときは、

「痛っ!ヒットー!」

みたいになってた気がする。

まあ多少痛みがあったほうが、程よい緊張感が生まれて面白い。

当てるとめっちゃ嬉しい!

撃たれるとすごく悔しいのだが、自分の弾が敵に当たると本当に嬉しい。

狙い通りに当たったとき、将来はスナイパーになろうと本気で思った。

アラサー独身女の将来がいつを指すのかは、定かではない。

あっという間に5時間経過

開始直後こそ後方で隠れていることが多かったが、慣れてくるとどんどん前線に出られるようになった(というか出ていかないと面白くない)。

撃つことに夢中になりすぎて、いつの間にか敵が後ろに…!という事態に陥ったり、実弾だったら跡形も残らなくない?と思うくらい撃たれたりすることもあったが、とにかくアドレナリン全開で楽しすぎた。

スタートの合図があるまでのドキドキ感。

一旗あげてやるぜ!とか思いながら様子を伺うワクワク感。

いつどこから撃たれるかわからないハラハラ感。

制限時間5分のゲームをどんどん繰り返していく感じなのだが、夕方に行って21時半までの5時間ちょっとは、光の速さで過ぎていく。

夜になるにつれて段々人は少なくなっていったが、少人数での対戦もなかなか面白いものだった。

まとめ

サバゲーはきっと楽しいんだろうなと思ってはいたが、その予想を超えて楽しかった。

ゲーム終盤、常連っぽいベテランの人が「あー、サバゲーやめたくねー!」と言いながらエアガンを撃ちまくっていた。

麻雀にしてもサバゲーにしても、大人が真剣に遊べる場って本当に素敵だ。

ちょっとでも興味がある人は、装備などはレンタルして気軽に参加してみると良いと思う。

「行ってみたいけど怖いイメージがあるし…」みたいな理由で躊躇するには、勿体なさ過ぎるくらいの面白さだ。

屋内であれだけ面白いのだから、実際に山とか屋外でやったらもっと楽しいに違いない。

次は屋外のイベントにも挑戦したいなと思う。

AD

関連記事

アラサー独身女が麻雀にハマったら世界が動き出した

どうも、ぶきっちょです。 みなさんは、「麻雀」という素晴らしいゲームを知っていますか。

記事を読む

さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶきっちょです。 先日高校

記事を読む

アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~後編~

『アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~前編~』の続き。   さて

記事を読む

女性専用カプセルホテルに泊まってみたらヤバかった

カプセルホテルとは? カプセルのような就寝BOXが備え付けられている簡易宿泊施設。ビジネスホテルの

記事を読む

シンプルライフ!小屋暮らしの男性を訪ねてみたら、めっちゃ人生楽しんでた話

  こんにちは。 4月からニートのアラサー女、ぶきっちょです。 これ

記事を読む

アラサー女が出会いを求めて相席屋に行ったら、大変なことになった

出会いがある居酒屋としてTVで紹介されているのを見て、以前から気になっていた相席屋。

記事を読む

人と仲良くなるのに重要なのは、「笑い」なんじゃ?と気づいた話。

こんにちは。 新しいことを始めると、時間は本当に光のように過ぎていくなあ。ぶきっちょです。

記事を読む

こじらせ寸前のアラサー女が、「恋愛とは何か」を色んな側面から考察してみた。

こんにちは。 手先も恋愛も不器用なアラサー女、ぶきっちょです。 この世に生を受けてもうす

記事を読む

東京にいても野菜を育てたい!から農園を借りてみた。

私は、東京生まれの東京育ちである。 だから東京は嫌いではない。人混みは大嫌いだが、東京はやはり

記事を読む

月十万円!独身アラフォーのゆるい生き方。

どうも、ぶきっちょです。 最近、というか暇ができれば考えるのが、「残りの数十年どうやって生きよ

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

他人は他人で、自分は自分で、人生は1度きりで。

  こんにちは。 春を吹っ飛ばして早く夏にな

色んなことで悩みすぎて、なんでこんなに悩んでるのだろうと思う話。

こんにちは。 「一番ハマっていることは?」と今聞かれたら、「

人生は運が7割?ニート祭り2019に行って思ったこと

こんにちは。 2017年3月にニートデビューし、2018年1

ひとりで行ける!茨城の「ボードゲームバーでれすけ」がアットホームすぎて楽しかった話。

こんにちは。 友達は多くないけど、素敵な人たちとの繋がりがあるの

ファミマのスペシャルティコーヒーが美味しすぎて、朝の楽しみになった話。

こんにちは。 朝と夜はとにかくコーヒーが飲みたくなるぶきっちょで

→もっと見る

PAGE TOP ↑