*

バンクーバーに2週間!最小限の荷物で旅することを決めたニート女の話

公開日: : 最終更新日:2017/07/26 旅行 ,

vancouveragain

こんにちは。

最近は5分外に出ただけで、大雨に降られたかのように汗だくになるぶきっちょです。

突然だが明日から2週間、カナダのバンクーバーに行くことにした。

バンクーバーには、4年前に留学をして1年間住んでいたことがある。(『アラサー女が会社を辞めて無職になるまで③【留学編】』参照)

ゆるい雰囲気が好きすぎて、帰国するときは「絶対にまた来よう」と強く思った。

なぜこのタイミングでまた行くのかというと、

それは、、、

 

なんとなくだ。どーん。

難しい理由は特にない。

会社を辞めて、これからどうやって生きようと思いながらフラフラしている現在。

そうだ。バンクーバーへ行こう。

と思ったのだ。

なんか最近、直感で動くことが多い気がする。

2週間のバンクーバー旅行でやりたいこと

①のんびりする

ハッキリ言って、バンクーバーは観光するだけだったら3日いれば十分な街だ。
だから基本的には、図書館に行ったりカフェで本を読んだり、ビーチでコーヒーを飲みながら海を見たり、公園で昼寝したり、住んでいたときのようにのんびり過ごしたいと思っている。(なんて贅沢なんだ…)

②友達・知人に会う

今回は、現在ホワイトホースに住んでいる友達もバンクーバーに来るため、一緒に地方(オカナガンとか)にも行ってみるつもりだ。
あとは、留学時代にとてもお世話になった先生たちに会う予定もある。ひとりはおばあちゃん先生で、生き生きと好きな仕事をするのに年齢は関係ないということを体現している人だ。

③花火を見る

バンクーバーのEnglish Bayでは、毎年Honda Celebration of Lightという大規模な花火大会が行われている。
3ヶ国が自慢の花火を打ち上げて競い合うというものだ。
今年の参加国は、イギリスと、カナダと、日本
ちょうど7月末にあるため、日本を応援してこようと思う。

基本的に、目的はこの3つだけだ。

荷物は小さめのバックパック+手荷物バッグ

私はスーツケースがあまり好きではない。

物がたくさん入って便利なのだが、階段とか大変だし、ゴロゴロ転がすよりも背負って歩く方が楽だと感じるタイプだ。

なので、持ち物はバックパックと、手持ちのバッグの2つ。

ばんくーばー

今回は、自分なりに最小限の荷物で旅をしてみようと思っている。

着替えの服や下着は、2着のみ。

2週間滞在するといっても、宿には洗濯機も乾燥機もあるし、問題ないだろう。

あとはパソコンと財布、パスポート、航空券。

カナダは電源プラグも日本と変わらず、電圧もほぼ同じなため、余計な持ち物も必要ない。

足りないものがあれば、現地でなんでも手に入るから心配もいらない。

治安は悪くないが、バンクーバーで気を付けたい3つのこと

いくら住んだことがある街とはいっても、外国だ。
日本にいる時ほど気は緩められないと、個人的には思う。

気を付けたいことは、以下の3つ。

①夜遅くに人気のないところに行かない。

普通に怖いし危ない。

②昼でも、危ないと言われるエリアには行かない(ヘイスティングスストリートとか)。

危険エリアを避けるのは、海外旅行では必須だ。

③貴重品は肌身離さず。

語学学校に行っていたとき、担任の先生が「スマホを手に持って歩いていてたら、後ろからひったくられた」と話していたこともある。

財布を落としても、大体無事に返ってくるような日本とは違うことを頭に入れておかなければならない。

まとめ

頻繁に海外に行っているわけではないので、日本から出るというのは程よい緊張感があってなんか良い。

Wifiがないところだとスマホが使えないというのも、なんだかワクワクする。

とはいえ、飛行機に乗る前日の今日は、

楽しみどころか怖すぎて怖すぎて震えている

飛行機苦手すぎて克服法とか考えたりもしたけど、いやー慣れない。本当に飛行機は慣れない。

成田空港からバンクーバーまでの9時間。。。

戦いの9時間。。。

怖すぎるけど、気持ち的に「行かない」という選択肢もないので、どこでもドアができるまでは我慢するしかない。

AD

関連記事

hakone

GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そこそこ楽しんでみるなり。ぶきっ

記事を読む

okinawadangan

体力のない三十路が週末だけ沖縄に行ってみたら、圧倒的に癒された話

こんにちは。 脱ニートをして3ヶ月、忙しくもなんとか楽しく過ごしているぶきっちょです。

記事を読む

hitoritabi

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

hokkaido

9月の北海道は気持ち良すぎる!大自然と旅人に心が癒された話。

こんにちは。 思い立ってからの行動の早さには定評があるぶきっちょです。 突然だが、3泊4日で

記事を読む

kerokero

バンクーバーからバスでケロウナに行ったら、ワインも景色も最高だった話。

こんにちは。 バンクーバーに来て早5日目、ホステル暮らしが板についてきたぶきっちょです。

記事を読む

vanvan

3年ぶりにバンクーバーに来て感じたのは、喜びよりも寂しさと切なさだった。

こんにちは。 出発前日は飛行機に乗る恐怖で荒ぶっていましたが、無事に宿に着き、文字通り

記事を読む

ビクトリアお城

ビクトリアに行ってバイオっぽいお城とか見てたら帰れなくなった話

こんにちは。 今のとこ夏風邪も夏バテもしていないぶきっちょです。多分日本に帰ったらすぐ夏バ

記事を読む

atamii

熱海=温泉じゃない?お金がなくても楽しめるスポットを紹介してみる!

こんにちは、温泉大好きニート女ぶきっちょです。 先週、熱海旅行に行ってきた。 え

記事を読む

steeeeve

日本人移民の街!リッチモンドにあるスティーブストンに行って、そこでの生活に思いを馳せてみた。

こんにちは。 バンクーバーを旅行中のぶきっちょです。 バンクーバーの周りには、のバー

記事を読む

nagoyamorningu

名古屋ひとり旅!びっくりモーニング文化で健康になった話

こんにちは、ぶきっちょです。   私は生まれも育ちも東京で、関西方面といえば京

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

→もっと見る

PAGE TOP ↑