*

大学卒業式!悩む服装。女子のスーツはだめ?

公開日: : 最終更新日:2017/01/06 コラム

毎年、春は出会いの季節であるとともに、別れの季節でもある。

その中で大きなイベントの一つとして、卒業式がある。

中学・高校のときと違い、淋しさが薄いのが大学の卒業式。

そして最も悩むのが、着ていく服装である。

卒業式でスタンダードな格好とは?

 

男子はスーツ、女子は袴、というのが王道なようだ。

でも、袴以外にも振袖やドレスを着る人々もいる。

女子大だと、やはり色合いに気を使った華やかな和装を楽しむ学生が多く見られる。

でも、和装は何かと動き辛いもの。

普段着なれていないと歩きづらいし、トイレに行くのも大仕事となる。

和装ではなく、スーツを着たいという方もいるはず。

 

女子がスーツで卒業式に出た結果

 

私は大学4年のとき、特に何も準備をしていないまま卒業式を迎えてしまった。

なので振袖もなければ、袴もない。

まあ仕方ないか、ということでリクルートスーツを着て出席した。

周囲の友達はみんな例外なく袴をレンタルしたり、実家にあるものを着ていくと言っていたので、若干のきまずさを予想していた。

しかし、数百人いる同じ学部の学生の中で、スーツを着ている女子も10人くらいはいた。

このとき私が感じたのは「あ、なんだスーツいるじゃん」という安堵。

さすがに一人だけであれば「常識ない奴」みたいに見られるんじゃないかと冷や冷やするところだが、10人弱いるのであれば問題ない。

目立つことが嫌いな人は、スーツだと浮いてしまってみんなに見られるんじゃないか、とか心配になるかもしれないが、杞憂だ。

和装に囲まれたスーツ姿の女子というのは、この上なく地味で目立たない。

だから自信を持ってスーツで卒業式に臨んで欲しい。お金もかからないし歩きやすいしこの上ない。

二次会に行くためにわざわざ私服に着替える必要もなくなる。

 

レンタルか買うべきか

 

これで悩む人は意外と多い。個人的に、袴なんて着る機会はもうほとんどないため、レンタルがベストだと思う。

振袖を成人式で買っている人は、せっかく持っているのだから卒業式でもそれを着まわせば良い。

ドレスを着たい!という人は、今後も結婚式に出席するときなど着る機会は多々あるため、思い切って良いものを買うのも手だと思う。

 

迷ったらコレ!

 

袴か、振袖か、ドレスか、スーツか…。

もう迷って何も考えられなくなったら、スーツで良いと思う。

大学の卒業式なんて、大量の同学年の学生たちに埋もれながら生徒証を返却して卒業証書をもらうだけの儀式だ。

恩師への挨拶をしたりもするが、スーツであれば決して失礼にはならないし、和装した時のように途中で変に疲れを感じずに済む。

とはいえ、「せっかくの卒業式だし」という思いが少しでもあるなら、袴をレンタルすることをお勧めする。

通常は前の年の夏くらいから予約が始まるため、今の時期からでは品薄にはなっているだろうが、借りられるお店はあるはずだ。

自分の気持ちに素直になって、気持ちよく過ごせる服装で卒業式に臨んで欲しい。

AD

関連記事

アラサー独身女が人生で初めて、両親に感謝の気持ちを伝えてみた

こんにちは、ぶきっちょです。 昔から、すごい人の言葉や歌詞などで、 「今この瞬間を精一杯

記事を読む

【希望と不安】アラサー独身女が、三十路を迎える直前に思うことあれこれ。

こんにちは。 お正月はブログも書かず、ひたすらゴロゴロしていたぶきっちょです。 1月

記事を読む

ひきこもりニートな生活を飛び出してパーティーに参加してみたら、感動が生まれてしまった話

こんにちは。 1日に1回は米を食べないとしっくりこないぶきっちょです。 梅雨にかこつ

記事を読む

仕事のストレス?お腹があまりにも痛くて病院に行った話。

こんにちは。 感情のコントロールって難しいときがあるなあ…ぶきっちょです。 最近謎の苛々する

記事を読む

プロゲーマーを目指す専門学校が開校!何するところ?

東京アニメ・声優専門学校でプロゲーマーを育成するためのコースが、来年の4月に新設されることが明らかに

記事を読む

アラサー女、正月は楽しかったけどやっぱりオールはできない

あけましておめでとうございます。 ぶきっちょです。   いきなりだが、私

記事を読む

VRを体験したら、想像よりもはるかにすごかった件

先日友人と秋葉原に行ったとき、VR(バーチャル・リアリティ)のゲームの無料体験ができるお店、ドスパラ

記事を読む

移住1ヶ月にしてギルドハウス十日町から東京に舞い戻って来た話

こんにちは。 見切り発車と見切り降車が得意な、アラサーニートのぶきっちょです。 『4

記事を読む

人生に疲れた。つらい。そんなときはココへ行ってみるといい!

人は生きていれば、誰でも「もういやだ」とか「疲れた」と思うときがある。 私の場合、物事に対して

記事を読む

田舎に移住したニートが、半農半X目指してリモートワークを始めた話

こんにちは、ゆるい生き方を模索しながらギルドハウス十日町に住み始めたアラサーニート女、ぶきっ

記事を読む

AD

AD

西暦前進2020年→崖っぷち気分で生きてきたアラサー女のこれまでとこれから

あけましておめでとうございます。ぶきっちょです。 202

お洒落すぎる耳栓!LOOPの難聴防止イヤープロテクターを買ってみた。

こんにちは、ぶっきちょです。 私は高校の時に初めて行ったライブハ

紅葉が見たくて小石川後楽園に行ってきたらめちゃ綺麗だった話

こんにちは。 最近グッと冷え込んで毎朝布団から出づらいけどなんとか生

空の青さを知る人になりたいと思った話。

こんにちは。 気が向いたときだけブログを書くようになってしまいまし

社会人になって10年以上ぶりにバンドで演奏してみたら感動がやばかった話

こんにちは。 久しぶりにブログ更新してみたぶきっちょです。 最

→もっと見る

PAGE TOP ↑