*

心が狭すぎる私が、三十路の誕生日に親からもらったアドバイスとは。

公開日: : アラサー ,

kokoro

こんにちは。
先日、めでたく30歳を迎えたぶきっちょです。

誕生日当日は両親と熱海へ行ってきたのだが、旅行中は色々と腹を割って話すことができたように思う。

その中でも、衝撃的(?)だった話を紹介したい。

そう。私は心が狭い

kokoro1

コトの発端は、夕食で良い感じに酔っ払った私が、恋人の話をしたことだった。

恋愛話を普段親にすることはないため、興味津々な彼ら。

どんな人で、何をしている人だとか、投げかけられる質問に答えながら私はこう続けた。

「ずっと大切にしていきたいんだけど、心配なんだよね。私、心が狭いから…

こんな相談をするつもりではなかったのだが、つい口からでてしまった。

そう。

堂々と言うことでもないが、私は心が狭い。

基本的に自分の気持ちを優先してしまうし、嫉妬心も強い。

挙句の果てには、自分の思い通りに物事が進まないと苛々してしまう

誰かと末永く素敵な関係を続けていくには、そこをどうにかしないといけないのでは、と前から感じていたのだ。

衝撃的な両親の反応

「心が狭いから…」

と心配を告白した私に対する両親の反応はというと、

「まあ…広くは、ないよねぇ…(頷きながら)

………………。

まず、父も母も私の心の狭さを否定しないことが、今年一番の衝撃だった。

自分が認めている短所であろうと、あらためて他人(しかも身内)から認められるとさすがにショックだ。

咄嗟に自分の殻に閉じこもりそうになったが、心の肯定ペンギン「短所を認めるなんてえらい!」と言われてグッとこらえることができた。

心を広くするには?を訊いてみた

両親から「心が狭い認定」を受けた衝撃を引きずりながらも、

――これは一番身近な人生の先輩に、アドバイスをもらうチャンスだ!

と無理やり前向きにとらえて訊いてみた。

私「父よ、心を広くするにはどうしたらよいのでしょう」

父は一瞬考えた後、今は亡き祖父の話をはじめた。

祖父は自分が病に伏している間も、常に周りのことを気に掛けていたという。

見舞いに訪れた父に言うことはいつも、

「○○(祖母)の様子はどうだ」

「△△(親戚の家庭)はみんな元気にやっているのか」

などで、愚痴などの自分の話は一切しなかったという。

そこまで話したところで、父はこう締めくくった。

父「つまり、心を広くするには?なんて考えなくて良いんだ」

私「へ?」

父「そんなことより、何のために生きたいか、を考えることが大事なんだと思う」

私「何のために生きたいか…」

アドバイスを踏まえて、考えてみた

kokoro2

翌朝、素面となった頭で、父の言葉の意味をもう一度考えてみた。

「何のために生きたいか」=「人生で何がしたいのか」

ということだと思う。

心が狭い状態というのは、言うなれば自分の半径30センチくらいまでしか見えていない状態ではないだろうか。

そんな中で行った意思決定は、自分本位でしかないに違いない。

でもその時、

「そもそも人生で何がしたいのか」

を思い出すことができたら、ぐっと視界が広がるはずだ。

たとえば昔、付き合っている相手からのメールの返信が、ある時期からすごく遅くなったことがある。

恥ずかしながら当時の私は、

「私の優先順位が下がったんだな。これ以上傷つかないために、私も相手の優先順位を下げなきゃ」

などと思ったりしていた。

「これ以上傷つかないために~しよう」

なんて、最初から自分を守るための思考回路に入っていて、相手状況や気持ちをまったく想像できていない。

もし私が「そもそも何がしたいのか」=「恋人と良い関係を築きたい」ということを思い出していれば、そのためにできることを考えて行動でき、その後の関係性にも変化があったかもしれない。

まとめ

というわけで、心の狭さが表れてしまいそうな状況になったら、「そもそも何がしたいのか」を思い出すようにしたいと思う。

恋愛関係に限らず、すべての対人関係において「そもそも相手とどうありたいのか」を考えることが、

「素直に気持ちを伝えた方が良さそう」

とか、

「今はそっと見守っておこう」

といった、感情的でない冷静な判断につながるのではないだろうか。

AD

関連記事

damemoto3

不採用になった会社に、ダメ元で再面接をお願いしたら応じてもらえた話。

こんにちは、プロニートのぶきっちょです。 実は最近また、ゆるゆると求職活動を行っている

記事を読む

comushou

コミュ障だった私が、アラサーになって人と話すの大好きになったワケ

こんにちは、ぶきっちょです。   名前からもわかるように、私は生まれたときから

記事を読む

suizokukan

なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のところでアプリを消したぶきっちょ

記事を読む

neetyume

アラサーニートがカナダの旅で感じたことと、今後の展望を書いてみる。

こんにちは。 先週バンクーバーから日本に戻って来たぶきっちょです。 帰国の便に乗り込

記事を読む

konkatsu1

アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~前編~

こんにちは、ぶきっちょです。 恋人いない歴○年かつアラサーの私は、色々な趣味で現在の生

記事を読む

jitai

内定承諾後に、入社辞退してしまったアラサーニートの話。

こんにちは。 これまで生きてきた中で、3本の指に入る不安定期を過ごし中のぶきっちょです。 1

記事を読む

taisyoku

アラサー女が生まれて初めて会社を辞めてみる話【ニート誕生】

こんにちは、ぶきっちょです。 私は去年の12月から会社を休職しており、ここ数か月は、

記事を読む

evaeva

アラサーニートが、十年越しのエヴァに乗る夢を叶えた話【VRは神】

こんにちは。 好きなアニメを3つ挙げろと言われたら、「コードギアス」、「とある科学の超電磁

記事を読む

osananajimi

アラサー独身女が、赤ちゃんを産んだ旧友に会って衝撃を受けた話

こんにちは。 人生は「こうしたら幸せになれる!」なんて簡単なものではないけど、幸せ自体は結

記事を読む

love1

こじらせ寸前のアラサー女が、「恋愛とは何か」を色んな側面から考察してみた。

こんにちは。 手先も恋愛も不器用なアラサー女、ぶきっちょです。 この世に生を受けてもうす

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

syuuyon
ダメ元で週4勤務を上司に提案したら「じゃあやってみたら?」と始まっちゃった話。

こんにちは。 適度に休んで適度に働きたいぶきっちょです。

HSP
すぐ動揺して傷つきやすい?自分はHSPかもしれないと思った話。

こんにちは。 生き辛く面白きこともなき世を、生き易くおもしろ

onakaitai
仕事のストレス?お腹があまりにも痛くて病院に行った話。

こんにちは。 感情のコントロールって難しいときがあるなあ…ぶきっちょ

shigotoyada
仕事で注意され過ぎて落ち込みが半端ないのでとりあえず書く。

こんにちは。 人生稀にみる気分の落ちっぷりとやる気のなさの真

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

→もっと見る

PAGE TOP ↑