婚活サイトで同居人に恋人ができた話

雑記

こんにちは、ぶきっちょです。

 私は前に婚活パーティーに行ったことがあるのだが(詳しくは『アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~前編~』参照)、

そのきっかけはシェアハウスの同居人(仮名:ノブオ)の「婚活サイトおすすめだよ」という言葉だった。

 彼も同じくアラサーで(私のシェアハウスは男女全員独身アラサーだ)、婚活サイトを活用して頑張って婚活をしているようだった。

 私は、「婚活サイトでひとりひとりと連絡して出会いにこぎつけるより、パーティーに行った方が早いでしょ!」と思うタイプなので、

暇があればサイトを眺めてばかりいるノブオを半分馬鹿にしながらも(性格悪)、「いい人が見つかるといいねー」などと声をかけていた。

 ノブオはユーモアもあって気遣いができる良い奴なのだが、面食いな割に女性の扱いには慣れていない。

 実際に会ったときの第一印象が最も重要となる婚活サイト経由では、出会いを見つけるのは難しいのではないかと思っていた。

 

しかし先週、衝撃の告白が。

 

ノブオ、彼女できたってよ。

 

スポンサーリンク

続けるのが難しい?メッセージのやり取り

ノブオは彼女ができる数か月前からゼクシィの婚活サイトに登録し、ご飯の時も、テレビを見ている合間にも、スマホで女性のプロフィールを真剣な眼差しで眺めていることが多かった。

 「良い人いた?」

と聞くと、

「何人かいて、いいね!した」

とのこと。 

使ったことがないので詳しくは知らないが、会員登録とプロフィール登録・相手検索・気に入った人への「いいね!」をするまでは無料で、メッセージのやり取りからは有料になるらしい。

 お互いに「いいね!」がついた者同士で、メッセージの交換を始め、そして実際に会う約束をして…という流れのようだ。

 ノブオもメッセージ交換までは何度かいったようだが、やり取りを長く続けるのはあまり簡単ではない様子だった。

 

初デート決定

数週間が経ち、突然ノブオが、

「やっと今度会う約束を取り付けた!」

 と喜んで報告してきた。

 さらに、

 「3人と!」

 と付け加える。

 「お、おう。頑張れ」

 いきなり3人とかい!と思いつつ、のちの報告が楽しみな私だった。

 

実際に会ったあとが難関?

喜びの報告から1週間。

ノブオにデートの結果はどうだったのかと聞くと、

「まあまあかな。いいなと思う人がいたけど、次遊べるかなー」

と少し自信無さげ。

 

さらに1週間後。

いいなと思う人とはどうなったのかと聞くと、

「なんの話かな?」

と返された。

それ以上触れないことにした。

 実際に会うところまでこぎつけたとしても、2回目のデートに繋げるのが難関らしい。

 

努力は報われる

しかしノブオは決して諦めなかった。

1回目のデートのあと音信不通になった相手もいた。

2回目までデートしたけど、やっぱり合わなかったという相手もいた。

それでもノブオは、婚活サイトを利用し、動き続けた。

 

結果。

 

「今日もデートだったんでしょ?どうだった?」

夜帰ってきたノブオに尋ねる。

 

「最高だった。すごく気が合うし可愛いし、デートも大成功だった」

彼は満足そうにそう答えた。

 

そして2週間後。

 

「この前言っていた子と、正式に付き合うことになった!」

と報告が。

 

独り身アラサー女としては、同じ独り身仲間が減っていくのは正直、寂しい。

でも私は、ノブオがどれほど努力して、諦めずに行動を続けていたかを知っている。

だから心から言える。

 

クリスマス前あたりで大喧嘩すれば良いのに。

 

おめでとうノブオ!

 

まとめ

 まさかノブオに彼女ができるとは思ってなかった(失礼)。

やっぱり努力は報われるのだ。

正確には、報われないときもあるけど、それでも報われるまで諦めなかった結果が「成功」となるのではないだろうか。

真面目にまとめてみたが、言いたいことはひとつ。

他人に恋人ができると、自分も恋人が欲しくなるのはなぜだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました