*

アラサー独身女が人生で初めて、両親に感謝の気持ちを伝えてみた

公開日: : アラサー, コラム

こんにちは、ぶきっちょです。

昔から、すごい人の言葉や歌詞などで、

「今この瞬間を精一杯生きろ」

とか、

「今日を最後の日だと思って、毎日を生きる」

というものがある。

それはとても大切なことだと思うし、聞いたときにはすぐに自分の中に取り入れようと考えるのだが、、、

いかんせん、日常の雑事に追われるとそのことを忘れがちになる。

私も例に漏れず、

「あれをやらないとな」

と思いつつも、ついつい先延ばしにしてしまっていることがあった。

それは、

両親へ感謝の気持ちを伝えることだ。

 

改めて意識した、当たり前の衝撃的事実

年末に、「人生をどう生きるか」的な本を読み漁っているときのこと。
うろ覚えだが、こんな感じの文章が目に留まった。

あなたが何かを伝えたい人がいるなら、すぐに伝えましょう。
それを伝えられるのは、その時が最後かもしれません。

衝撃を受けた。

当たり前のことなのだが、意識していなかった。

「いつか伝えればいいや」
「今はまだいいだろう」

そんな風に考えて先延ばしにしていたら、もうそのチャンスは来ないかもしれない。

それって、めちゃくちゃ後悔するに違いない。

 

感謝を伝えることは決定。問題は、いつするか

今でしょ!!(古いか)

ちょうど正月を迎える少し前のタイミングだった。

数日後の大晦日に実家に帰る。

これは良い機会ではないだろうか。

しかし、どうにも、、

照れくさい。。。

伝えたいのは、単純にこれまで育ててくれたことへの感謝の気持ちだ。

しかし冷静に現状を考えると、

精神的に不安定で会社を休んでいる独身アラサーの娘が、年末に実家に帰ってきて突然、

「産んでくれてありがとう」
「これまで育ててくれてありがとう」

なんて言ったら、

「こ、この子、もしや…!」

と余計に心配をさせる事態になるのではないか。

などと悶々とすること、3時間。

また先延ばしにしそうになりつつも、なんとか踏みとどまって良い方法を思いついた。

そうだ、手紙を書こう。

 

手紙を書きながら、ひとり号泣

面と向かって言うのがあまりにもハードルが高いため、すべてを手紙に託すことにした。

書きながら、幼かったときに遊んでもらった記憶や、嬉しかった出来事の数々が頭に浮かんできて、涙が止まらなかった。

部屋でひとり号泣しながら手紙を書くアラサー独身女、ぶきっちょ。

書いていて段々と、

「これ、結婚式で新婦が読む手紙みたいだな」

という事実に気づく。

書き終わる頃にはもう、私は完全に花嫁気分で、嫁ぐ気満々になっていた。

 

お父さん、お母さん。

今まで私を育ててくれてありがとう。

これからは、ケンジさん(脳内彼氏)とともに、幸せな家庭を築いていきます。

 

勇気を振り絞って、手紙を渡してみた

大晦日に実家に帰り、紅白歌合戦を見ながらコタツでダラダラしているとき。

緊張しながらも、

「実は、二人に手紙を書いたんだ」

と切り出す私。

案の定、

「え、何、どうしたの?」

みたいな雰囲気になったが、構わず渡し、

「照れくさいから、私が帰ったあとに読んで!」

と言っておいた。

 

後日、親からメールが来た

感謝の気持ちを正直に書き綴った手紙を渡せたことで、私の気分はとても晴れやかだった。

伝えたい気持ちをすぐに伝えるって、いいな、大切だな。

そんな年明けから数日後、親からメールが届いた。

 

「手紙ありがとう!嬉しかったです。

あと、結婚式のときの手紙もすごく楽しみにしてるからね!」

 

 

 

私「お、おう」

 

まとめ

結婚云々はさておき(真顔)、

どんなに照れくさくても、伝えたい思いがあったらすぐに伝える、というのは大切なことだと思う。

伝えたいことに限らず、やりたいことに対しても、

「いつかやろう」

ではなく、

「いつやろう」

とすぐに考えること。

そういう習慣を、意識してつけていきたいと思う。

 

AD

関連記事

自分のペースで生きたい?恋愛意欲薄い若者たち!

人の恋愛観というのは様々だ。常に恋愛をしていたい、という人もいれば、日常生活において恋愛がそこまで重

記事を読む

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

4月からニートになるから、東京を脱出して田舎に行くことにしたよ

こんにちは、ぶきっちょです。 新卒から7年間勤めた会社を辞めて、来月から無職だ。

記事を読む

コンフォートゾーンから抜け出したい!焦るアラサーの脱出大作戦。

こんにちは。 実家暮らしって最高に居心地が良いですよね、ぶきっちょです。 3月末

記事を読む

東京育ちのアラサー女が新潟に移住したら、早速洗礼を受けた話

こんにちは、4月からニートデビューをしたぶきっちょです。 おととい、新潟県十日町に引っ

記事を読む

アキバでオタク文化を学ぶ!カルチャースクール『AKIBAPOP:DOJO』とは?

オタク文化の聖地、秋葉原。 メイド喫茶、フィギュア、アニメ・コミック雑誌、パソコン、その他いろ

記事を読む

ひきこもりニートな生活を飛び出してパーティーに参加してみたら、感動が生まれてしまった話

こんにちは。 1日に1回は米を食べないとしっくりこないぶきっちょです。 梅雨にかこつ

記事を読む

ダメ元で週4勤務を上司に提案したら「じゃあやってみたら?」と始まっちゃった話。

こんにちは。 適度に休んで適度に働きたいぶきっちょです。 私は会社勤めを始めた二十代

記事を読む

人生を楽しむには、マイペースに動いて自分を褒めていけば良いって話。

こんにちは。 最近iPhoneを新しくして色々格闘中のぶきっちょです。 毎年のことだ

記事を読む

暇を持て余したら、小説を書いたらいいんじゃないかと思った話

こんにちは。 「自分でない誰か」になり切っているときが最高に楽しい、厨二病のぶきっちょです

記事を読む

AD

AD

空の青さを知る人になりたいと思った話。

こんにちは。 気が向いたときだけブログを書くようになってしまいまし

社会人になって10年以上ぶりにバンドで演奏してみたら感動がやばかった話

こんにちは。 久しぶりにブログ更新してみたぶきっちょです。 最

「がんばらない働き方」ができない職場は辞めた方がいいって話。

  こんにちは。 今週はいろいろあって、メン

『組織にいながら、自由に働く。』を読んで「ワクワクすることをやろう」と改めて思った話

こんにちは。 週末の楽しみが大体ポケモンGOのぶきっちょです

アラサーが疲れを感じたら行くといい銭湯を3つ紹介するよ

こんにちは。 最近マイペースさに磨きがかかってきたぶきっちょ

→もっと見る

PAGE TOP ↑