レアジョブの効果はいかに?アラサーがオンライン英会話で英語力を取り戻そうとする話【初回】

雑記

こんにちは。
最近木々の緑が綺麗で早くも夏を感じているぶきっちょです。

さてこの前のオンライン飲み会に続き、今度はオンライン英会話を始めたのでその話をしたい。

スポンサーリンク

レアジョブとは?

レアジョブは、オンラインでフィリピン人講師とマンツーマンで英会話の練習ができるサービス。

プランは様々あり、月額制で1レッスン25分。空いている時間で気軽に受講できるところがポイント。

受講の際に使うツールはSkype、またはレアジョブのサイトで既に用意されているレッスンルームだ。

オンライン英会話を始めた理由

私の会社は外資系で、日常的に英語を使っている(スピーキングではなくチャットやメッセージのやりとりが大半)。

ここ2ヶ月ほどずっと在宅勤務が続いている我々部下に、上司が「よかったらこの機会に英語磨きでもしてみる?夏くらいまで」と提案してくれたのだ。

「これはありがたいぞ」ということで、 1日2レッスン&3ヶ月間に渡るレアジョブ体験が始まった。

ぶきっちょがやりたいこと

私は2013年から1年ほどカナダ留学をしていたので、自分で言うのも何だが英語の基礎はできている。

関連ブログ:アラサー女が会社を辞めて無職になるまで③【留学編】

が、帰国後あまりにも喋っていなさすぎて、今は全く流暢でない(そもそも流暢でもなかったが)。また、英語でチャットやメッセージを送るときも、少し言い回しに悩んだり単語が思い浮かばなかったりする。

なので、3ヶ月後の7月までには以下の力をつけたいと考えている。

  • 何かを説明するとき、言葉に詰まらず自然に話せる
  • 相手が少し早口に長々と喋っても聞き取れる
  • 基本的なビジネスシーンで使われる単語がすぐ思いつく

上記を習得するには、どの教材がいいのだろうか(あらかじめたくさん教材が用意されており、自分で選んだ教材を使って学習ができるようになっている)。

ひとまず、「ビジネス英会話」シリーズの実践ビジネス:レベル6(仕事の役割や簡単な取引などについて話す・聞く・読む・書くを通して、ビジネスシーンに特化した表現を学ぶ)を選んでみた。スピーキングやリスニングだけでなく、リーディングとライティングも重点的にやっていきたいからだ。

レアジョブ3日目の感想

平日は朝25分、夜25分と分けて行い、休日は朝に一気に50分受講してみた。

予約は毎回、受ける前にざっと講師一覧を見て、自己紹介として載っているボイスメモを聞き発音が自分にとって聞き取りやすいかをチェックし、優しそうな先生を予約。

率直な感想を言うと・・・

面白い!!!(小並感)

Skypeではなくレッスンルームを使っているのだが、このレッスンルームがかなり使いやすいのだ。


こんな感じで、右に教材を表示して話ながら、必要がある時は左下のチャットでメッセージのやり取りを行う。ライティング練習の時は実際にメッセージをそこでタイプするので、まさに黒板やホワイトボードの代わりのようなものだ。

講師もまだ数人しか教わっていないが、今のところみんな優しい感じで、詰まりながらも頑張って言葉を探している私を頷きながら待ってくれたりする。

万が一講師の話が聞き取れなくても、聞けばゆっくり言い直してくれるし、左下にチャットもあるので最悪タイプしてもらえば問題ない。

最初はちょっと緊張するが、慣れてくれば生活の一部になりそうな予感。

そしてゆくゆくは、ペラペラに・・・!という夢を見ている。

家にいる時間が長い今こそ、オンライン英会話がすごく助かる説

オンライン英会話を始めてみて感じたメリットは下記の通り。

  • 家にいながら英語を話す時間があると、程よい刺激が生まれる
  • 外の人と顔を合わせながらコミュニケーションをとる、という喜び(これ重要)
  • 英語力が上がる(ちゃんと続ければ、少なくとも何かしら改善はできそう)

私は今回ビジネス英会話を選んだが、「ガッチリ学ぶのではなくゆるく会話を楽しみたい」という場合は、スモールトークという会話のキャッチボールを重視したレッスンを選ぶといいと思う。他にも発音に特化したレッスンや、ニュースを読んでディスカッションをするレッスンなどもあるようだ。

まとめ

オンライン英会話体験談は、今後も追ってレポートできればと思う。

家にいて「誰かと話したい」「何か学びたい」とモヤモヤしてしている人は、ぜひオンライン英会話をやってみることをお勧めする。

タイトルとURLをコピーしました