*

その名も出XIT!カナダでリアル脱出ゲームに挑戦したら、クオリティが高すぎた件。

公開日: : 旅行 ,

realescapeca

こんにちは。
2週間のバンクーバー旅行も終盤戦のぶきっちょです。

私はリアル脱出ゲームが結構好きで、東京で3回くらい挑戦したことがある。(過去記事:『1人参加もあり?リアル脱出ゲームに参加したら友達ができた話』)

何が面白いって、時間に追われながらもチームで試行錯誤していくあの感じがたまらないのだ。

そして今回。

なんとここ、バンクーバーにもリアル脱出ゲームがあることが発覚。

これは行くしかない!ということで、現在同じくバンクーバーに旅行に来ている友人を誘って行くことにしたのだった。

出XITとは?

調べてみると、バンクーバー周辺だけでもリアル脱出ゲームを開催している会社は何個かあるようだ。

その中でも街を歩いていてたまたま見つけたのが、この『出XIT』という名前のリアル脱出ゲームの店舗。

EXITの「E」と「出」という文字を掛けているようだが、読み方がよくわからない。デグジット?それともそのままエグジット?

…まあいいや。

どうやら出XITはカナダ国内でも一番大きいリアル脱出ゲームのチェーンらしい。

BC州だけで8店舗もあるようだ。

見た目お化け屋敷だけど、大丈夫?

バンクーバーから電車で20分くらい行ったBridgeport Stationのすぐ近くに、それはあった。

建物はこんな感じなのだが…

exit1

入口に入ると…

exit2

…奥にお化けいるじゃん。。

え?これ怖いやつ…?

と思いつつ周りを見渡すと、他にも剣やらドラゴンやら色々いる。

exit4

exit5

この統一感の無いごちゃ混ぜ感が何とも言えない。

墓地からの脱出!参加者は2人だけ!

ゲームは何種類かあり、その中から選べるようになっている。

私たちは、スタッフに勧められるがまま2番目に簡単なやつを選んだ。(3人以上でないと参加できないものなどもあるため、2人で行った場合の選択肢は少ない)

設定の舞台は、古代中国

不老不死の秘薬を手に入れた皇帝が、人々を奴隷のように扱い残忍な行いを繰り返していた。

そこで、地下にある墓地に潜り込み、不老不死の薬をゲットして脱出せよ!

という感じのものだった。

「案内するから着いてきて」

と、スタッフから声をかけられたのは私たち2人のみ。

他のお客さんの姿もあったが、このゲームに参加するのはどうやら私たちだけのようだった。

ある部屋の前まで連れていかれ、扉が開かれる。

制限時間は45分

いよいよ、リアル脱出ゲームが始まった。

とにかく広い!クオリティが高い!

ネタバレになるため詳しい謎解きの内容は伏せるが、印象的なのは施設の広さとセットのクオリティの高さ。

まず動ける範囲が広い。

謎を解いては扉を解除して次の部屋に移って…とどんどん進んでいく形式なのだが、一個一個の部屋も広いし階段を下りることもあった。まるで本当に地下に侵入したような気分だ。すごい。

ヒントを探しに戻るときは、また階段を上がらないといけないのは大変だったが。。

あとはヒントの通りにアイテムを正しい場所に動かし終えると横の扉が開いたり、別のアイテムが落ちてきたり、ちょっとした仕掛けがすごかった。

謎解きの内容もなかなか凝っていて、ちょっとした閃きが必要な物が多く面白い。

どうしても解けない時は、最大2回までスタッフから助言をもらうことができる。

使わないで脱出したかったが、結局終盤で一度使ってしまった。

部屋についているインターフォンで呼び出すと、すごい陽気なスタッフが来てすごい陽気に教えてくれた。

無事に脱出…ならず…。

助言も得られてこのまま脱出できるか!となったものの、残念ながら時間切れ。

ゴールの扉を目の前にして、脱出には失敗してしまった。

感想

他のプレイヤーと協力してやるかと思いきや、身内だけでのゲームとなってしまったが、予想以上のクオリティと臨場感にアドレナリン全開。

バンクーバーに来てこんなに楽しい脱出ゲームを体験できるとは思わなかった。

参加費も一人約30ドルと、日本とあまり変わらない。

リアル脱出ゲームが好きな人は、カナダに来た時に参加してみると面白いかもしれない。

AD

関連記事

kerokero

バンクーバーからバスでケロウナに行ったら、ワインも景色も最高だった話。

こんにちは。 バンクーバーに来て早5日目、ホステル暮らしが板についてきたぶきっちょです。

記事を読む

hitoritabi

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

fukui (2)

ひとり旅必見!福井は恐竜や東尋坊だけじゃない

先日、ぷらっと福井に行ってきた。 理由は、観光名所である東尋坊を見てみたい!と思ったからだった

記事を読む

nagoyamorningu

名古屋ひとり旅!びっくりモーニング文化で健康になった話

こんにちは、ぶきっちょです。   私は生まれも育ちも東京で、関西方面といえば京

記事を読む

vanvan

3年ぶりにバンクーバーに来て感じたのは、喜びよりも寂しさと切なさだった。

こんにちは。 出発前日は飛行機に乗る恐怖で荒ぶっていましたが、無事に宿に着き、文字通り

記事を読む

tatsuya

沖縄女ひとり旅!素敵すぎる宿を見つけてしまった話【in那覇】

こんにちは、ぶきっちょです。 名前の通り何をやるにも不器用な私だが、いくつか得意なことがある。

記事を読む

atamii

熱海=温泉じゃない?お金がなくても楽しめるスポットを紹介してみる!

こんにちは、温泉大好きニート女ぶきっちょです。 先週、熱海旅行に行ってきた。 え

記事を読む

hakone

GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そこそこ楽しんでみるなり。ぶきっ

記事を読む

ビクトリアお城

ビクトリアに行ってバイオっぽいお城とか見てたら帰れなくなった話

こんにちは。 今のとこ夏風邪も夏バテもしていないぶきっちょです。多分日本に帰ったらすぐ夏バ

記事を読む

steeeeve

日本人移民の街!リッチモンドにあるスティーブストンに行って、そこでの生活に思いを馳せてみた。

こんにちは。 バンクーバーを旅行中のぶきっちょです。 バンクーバーの周りには、のバー

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

omou
これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

こんにちは。 三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶ

ジンバ
仕事に疲れてちょっと病んだので、陣馬山に登ってみた。

こんにちは。 「疲れた」が口癖の一週間を終えたぶきっちょです

→もっと見る

PAGE TOP ↑