*

日本人移民の街!リッチモンドにあるスティーブストンに行って、そこでの生活に思いを馳せてみた。

公開日: : 旅行

steeeeve

こんにちは。
バンクーバーを旅行中のぶきっちょです。

バンクーバーの周りには、のバーナビー、リッチモンド、サレーといった名前の都市がある。

その中でもリッチモンドはアジア系(特に中国)の移民が多く、バンクーバー市内とはまた違う雰囲気の場所らしい。

スティーブストン

一度も行ったことがなかったため、今回はリッチモンドのスティーブストンという街へ出かけてみることにした。

スティーブストンってどんな街?

steve5

スティーブストンは、バンクーバーから電車とバスを乗り継ぎ、約1時間ほどで行くことができる港町。

漁業で盛んで、かつては缶詰工場がたくさんあった。

そのため、戦前には日本人や中国人などの漁師や缶詰工場に働きにくる人々が集まり、定住していったという。
現在でも、日系人のコミュニティが存在している。

活発な漁港であり続ける傍ら、今ではすっかり観光地化してしまっている面もある。
確かに観光客は多いが、その分市場も賑わっていて楽しそうな雰囲気だ。

steve6

steve7
甘エビ!言えば試食もできる。

steve1
切り身じゃない鮭を初めて見たかもしれない。

steve8
ウニもどーんと丸ごと売られている。3つで10ドル!

博物館で日本人移民の歴史を知る

steve2

漁港の雰囲気を楽しんだあと、郵便局に併設されているスティーブストン博物館にも立ち寄ってみた。

無料で見学ができる館内には、当時使用されていた本や道具・剣道着などが飾られていて、写真付きのパネルに詳しい説明が書かれている。
そこには、19世紀後半から遠いカナダの地に移民してきた日本人達の軌跡が、たくさん残されていた。

ちなみに、スティーブストンへ移住したのは和歌山出身者が多かったという。
1972年にはスティーブストンと和歌山市は姉妹都市となり、友好関係を持っているそうだ。全然知らなかった。。

steve9

漢字を練習するコーナーがあったため、ちょっと書いたりしてみた。(下手くそか

漁港を眺めながら、当時の暮らしに思いを馳せてみる

steve4

100年に渡って独自の文化が築き上げられていった日系移民の街。

缶詰工場で働く人々やその家族たちの生活環境は、決して良いものではなかっただろう。そんな中でも、昔の写真の中には楽しそうに過ごす子供たち、大人たちの姿があった。

しかし、第二次世界大戦時、日系人は漁船などを没収され、収容所に移住することを迫られたという悲しい事実も存在する。

カナダ市民として暮らしてきたにも関わらず、突然敵として扱われる悲しみややるせなさは想像もつかなかった。

こういう理不尽な出来事や悲しみは、今も昔も、知らないだけで色んな場所にあるのだろうと思う。もちろん、その中で強く生きる人々の姿も。

まとめ

正直、訪れるまでは「スティーブストン=魚介が美味しい!」という情報しか知らなかった。

実際に行ってみると、日本人と関りが非常に深い街であることがわかり、感慨深いものがあった。

また一度も訪れていない方は、ぜひ行ってみて欲しいと思う。

AD

関連記事

atamii

熱海=温泉じゃない?お金がなくても楽しめるスポットを紹介してみる!

こんにちは、温泉大好きニート女ぶきっちょです。 先週、熱海旅行に行ってきた。 え

記事を読む

hakone

GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そこそこ楽しんでみるなり。ぶきっ

記事を読む

AEB02FEE-572E-4ED0-A919-0D83A1424DF6

初めて京都で年越ししてみたら、なんだか懐かしくて色々美味しかった話。

明けましておめでとうございます。 寝正月を絶賛満喫中のぶきっちょです。このままずっと寝てい

記事を読む

fukui (2)

ひとり旅必見!福井は恐竜や東尋坊だけじゃない

先日、ぷらっと福井に行ってきた。 理由は、観光名所である東尋坊を見てみたい!と思ったからだった

記事を読む

realescapeca

その名も出XIT!カナダでリアル脱出ゲームに挑戦したら、クオリティが高すぎた件。

こんにちは。 2週間のバンクーバー旅行も終盤戦のぶきっちょです。 私はリアル脱出ゲー

記事を読む

cafe

隠れ家あり!沖縄で知った素敵すぎるおすすめカフェ。

こんにちは、ぶきっちょです。 沖縄をひとり旅した際、前回の記事『沖縄女ひとり旅!素敵すぎる宿を

記事を読む

kerokero

バンクーバーからバスでケロウナに行ったら、ワインも景色も最高だった話。

こんにちは。 バンクーバーに来て早5日目、ホステル暮らしが板についてきたぶきっちょです。

記事を読む

tatsuya

沖縄女ひとり旅!素敵すぎる宿を見つけてしまった話【in那覇】

こんにちは、ぶきっちょです。 名前の通り何をやるにも不器用な私だが、いくつか得意なことがある。

記事を読む

hitoritabi

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

hokkaido

9月の北海道は気持ち良すぎる!大自然と旅人に心が癒された話。

こんにちは。 思い立ってからの行動の早さには定評があるぶきっちょです。 突然だが、3泊4日で

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

9BD8A4C1-5D25-4396-84BF-CAB361D25EFF
人生は運が7割?ニート祭り2019に行って思ったこと

こんにちは。 2017年3月にニートデビューし、2018年1

5F1641D1-69F2-474C-BC28-01600ACFA74E
ひとりで行ける!茨城の「ボードゲームバーでれすけ」がアットホームすぎて楽しかった話。

こんにちは。 友達は多くないけど、素敵な人たちとの繋がりがあるの

FC671799-A01F-4116-8C5F-5E85DF82E59D
ファミマのスペシャルティコーヒーが美味しすぎて、朝の楽しみになった話。

こんにちは。 朝と夜はとにかくコーヒーが飲みたくなるぶきっちょで

C71AD2BA-BE9F-4F01-A3C4-AEA70918316B
アラサー女の感情をめっちゃ揺さぶる漫画「恋のツキ」のやばさを伝えたい。

こんにちは。 現在アラサーで同棲中のぶきっちょです。

CCABE456-7B1A-46B3-AF01-49CC541BC43C
人生を楽しむには、マイペースに動いて自分を褒めていけば良いって話。

こんにちは。 最近iPhoneを新しくして色々格闘中のぶきっ

→もっと見る

PAGE TOP ↑