*

友達が少ないアラサー独身女だけど人生楽しんでる

公開日: : 最終更新日:2017/05/01 アラサー, コラム

どうも、ぶきっちょです。

 

結論から言うと、私は友達が少ない(昔似たような名前のアニメがあったな)。

どれくらい少ないかっていうと、ボーっと過ごしていたら休日に人と遊ぶ予定が全く入らないくらい少ない。

アラサーともなると周りはほとんど結婚・出産をし始め、唯一遊んだりしていた高校の友達ともあまり会わなくなってくる。

でもなんだかんだ、友達が少なくても人生は楽しめるものなのだ。

 

友達とは

いきなり哲学っぽくなるが、そもそも「友達」とはなんだ。

私の持つ電子辞書『デジタル大辞泉』で引いてみると、

 

【友達】

お互いに心を許し合って、対等に交わっている人。一緒に遊んだりしゃべったりする親しい人。

 

と出てくる。

 

まとめると、お互いを信頼し合って付き合う人、って感じだろうか。

うん、やはり、私には少ない。

中学・高校・大学時代の友達で、今も連絡を取り合っている人は片手で収まる程度だし、社会人になってから知り合った同期のことは好きだし仲が良いけど、友達というよりはやっぱり「同期」って感じだ。会社を辞めても付き合いが続いて初めて「友達」になる気がする。

 

友達が少ないとどうなるか

友達が少ないことのメリット・デメリットを挙げてみる。

友達が少ないことのメリット

友達が少ないことのメリットは、大きく分けて4つある。

・結婚式に呼ばれない

・出費が少ない

・自分の時間を大切にできる

・人間関係に悩み過ぎないで済む

 

「結婚式に呼ばれない」のをメリットに入れたのは、私自身がああいう式典が苦手だから、というのがある。

お祝いはしたいので、呼ばれればもちろん行くのだが、正直結婚式をやる意味がわからない。

やるにしても、自分たちの親だけ呼んで感謝の意を伝えて終わればいいんじゃないかと本気で思っている。

でも大体の人は数百万かけて盛大に祝うのが好きみたいで、Facebookなどでその楽しそうな姿がたくさん見られるようになってから私はあまりFacebookを見ないようになった。

「出費が少ない」、これも大きなメリットだ。

友達が多すぎると、それを継続するための交際費がでてくる。

気が向かないときでも、「付き合いだから参加しなきゃ」と飲み会に行く人を見ていると、「そんな友達付き合いは無駄なんじゃないか」と思わずにはいられない。

「自分の時間を大切にできる」、これが最大のメリットだと思う。

勉強したり、趣味に没頭できる時間をたくさん作れる。

スキルアップにもつながるし、いいことだらけだ。

「人間関係に悩み過ぎないで済む」

当たり前だが、友達が多ければ多い分人間関係に悩むことになる。

私は友達が少ないので、社会人になってから人間関係で思い悩んだことはほとんどない。

友達が少ないことのデメリット

友達が少ないことのデメリットも考えてみると、3つ思い浮かんだ。

・なんとなく置いていかれている感

・なんとなく寂しい。孤独感

・人と話したくなる

 

わかりやすいデメリットはなく、すべて精神的なものになってしまった。

でも精神の健康は肉体の健康と同じくらい大事だ。

このデメリットを克服するには、どうすれば良いのだろうか?

 

知り合いを作ろう

私が「友達」が少ないながらも、孤独感少なく楽しく過ごせているのは、知り合いを増やし続けているからだと思う。

どうやって増やしているのかは以下の通りだ。

 

・興味のあるオフ会や飲み会へ参加

・麻雀会に参加して知らない人と打つ

・宿の手伝いをしながら色んなお客さんと話す

・自分でやってる英語教室の生徒と仲良くなる

 

基本的にひとりでいることが好きだが、生活の3~4割の部分では人と触れ合っていたいタイプの私は、知らない人と知り合うことがとても好きだ。知らない人に興味がある。

ボランティア活動や副業でも人と触れ合う機会が多いため、ちょっとした拍子に仲良くなって遊んだりすることもある。

もちろん、一度遊んだだけでそれっきり、という風になってしまうことも多くある。学校や会社といった同じ組織に属さない人とは、「会って遊びたい」という気持ちだけで繋がることになるため、継続が難しいのだ。

それでも思い出したときにだけ連絡を取り合ったりできるし、遊んで合わなかった人がいても、またどんどん知り合いを増やしていけば合う人が必ずでてくる。

数打ちゃ当たる、という感じでもないのだが、知らない人と知り合ってお互いを知っていくという過程は生活を充実させる気がする。

 

ゆるい繋がりを広げよう

大事なのはゆるい繋がりだ。

さっきも書いたが、オフ会とかで知り合う人々とは、「また遊びたい」という気持ちだけで繋がることになる。

それはとても切れやすいものだ。

同時に、変な煩わしさはない。相手に対して真剣に接するも適当に扱うも自分の自由だ。

その切れやすい糸を太くしていけるかどうかも、自分次第。

そんなゆるい繋がりを広げていけば、友達が少なくたって自分が人間社会で生きていることを実感できる。人って有り難いな、と感じることができる。

 

まとめ

「友達」に行く前の段階が「知り合い」だというのは間違いではないが、必ずしも「知り合い」を「友達」にしないといけないわけじゃない。

 

私には、大事な知り合いが結構たくさんいる。

AD

関連記事

neetyume

アラサーニートがカナダの旅で感じたことと、今後の展望を書いてみる。

こんにちは。 先週バンクーバーから日本に戻って来たぶきっちょです。 帰国の便に乗り込

記事を読む

inakaaaa

新潟の限界集落に住んでみたら、少しずつ都会の良さが見えてきた件

こんにちは。 ランニングでも始めようかと思って朝6時に起きたら、小雨が降っててすぐに心が折

記事を読む

mimi2

ニートだけどメニエール病になって「ストレス溜めないでね」と言われた話

こんにちは。 アレルギーが原因と思われる扁桃腺炎がようやく治ったと思ったら、「今度はメ

記事を読む

seikakushinndann

性格診断をやったら、大変なことが判明してしまった

こんにちは、ぶきっちょです。   先日、会社の同期が「新宿で占いをしてもらった

記事を読む

renngesou

月十万円!独身アラフォーのゆるい生き方。

どうも、ぶきっちょです。 最近、というか暇ができれば考えるのが、「残りの数十年どうやって生きよ

記事を読む

tsukareta2

人生に疲れた。つらい。そんなときはココへ行ってみるといい!

人は生きていれば、誰でも「もういやだ」とか「疲れた」と思うときがある。 私の場合、物事に対して

記事を読む

shin1

アラサー女が会社を辞めて無職になるまで②【新入社員編】

(『アラサー女が会社を辞めて無職になるまで①【就活編】 』はコチラ) 私が新卒で入社し

記事を読む

nouennkarita

東京にいても野菜を育てたい!から農園を借りてみた。

私は、東京生まれの東京育ちである。 だから東京は嫌いではない。人混みは大嫌いだが、東京はやはり

記事を読む

hitoritabi

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

koritu

職場の雰囲気に合わせるのが疲れたので孤立してみた

こんにちは、ぶきっちょです。   先日、仕事(本業)がつまらなすぎて、夢も希望も失いそう

記事を読む

AD

Comment

  1. さくらい より:

    はじめまして。
    さくらいと申します。
    名前欄はフルネームを書こうと思いましたが、「メールアドレスが公開されることはありません」しか書いてありませんので、苗字のみにしました。
    友人少ない、と検索したところ、ぶきっちょさんに辿り着きました。
    私も知り合いを増やして繋がりを増やしていけたらと考えています。
    いつかぶきっちょさんに会ってお話ができれば嬉しいです。
    聴かれてもいないのですが、年末年始は富良野に行ってきました。
    冬の北海道が好きです。
    読んでいただき、ありがとうございました。

  2. ぶきっちょ より:

    さくらいさん

    はじめまして!
    コメント、ありがとうございます。
    これもひとつの繋がりですね!(^^)
    夏ではなく、冬の北海道がお好きなんですね。
    私は南の方ばかり旅行してしまうので、北の方ももっと行ってみようと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

damemoto3
不採用になった会社に、ダメ元で再面接をお願いしたら応じてもらえた話。

こんにちは、プロニートのぶきっちょです。 実は最近また、

yoshiii
ユーコンで【カナダの永住権取得】を目指す男友達が、色々とすごすぎる。

こんにちは。 日本の他に、自由に住んで良い国があったら楽しい

youga
自分を見つめ直したいときに!アラサーおすすめグッとくる洋画5選

こんにちは。 特に予定のない雨の日は、だいたい映画が見たくな

eigo
暇なので1年半ぶりに英語講座を開いてみたら、色々起きて面白かった話

こんにちは。 会社を辞めてから、人とのつながりが一段とありが

osananajimi
アラサー独身女が、赤ちゃんを産んだ旧友に会って衝撃を受けた話

こんにちは。 人生は「こうしたら幸せになれる!」なんて簡単な

→もっと見る

PAGE TOP ↑