*

VRを体験したら、想像よりもはるかにすごかった件

公開日: : コラム ,

先日友人と秋葉原に行ったとき、VR(バーチャル・リアリティ)のゲームの無料体験ができるお店、ドスパラに入ってみた。

(参考記事:『海外の友人に秋葉原の観光スポットを案内したら、まさかの事態になった』)

「ちょっとやってみようか」くらいの軽いノリで遊んでみたのだが、

これが予想を上回るすごさだったため、その感動を伝えたいと思う。

 

圧倒的没入感!というかもうリアル世界?

vr_game_motion

Youtubeなどで、PSVRなどを実際に購入して体験している動画は見たことがあったが、

「3D映画がゲームになったようなもんでしょ?」

くらいに思っていた。

そのため、実際にヘッドセットをつけて、目の前が海底になったときは驚きで声もでなかった。

大袈裟に言っているわけではない。

耳からも海中っぽい音が聞こえているし、目に飛び込んできているのも海中の様子。

上を見ても下を見ても周りを見ても、どう考えても海の中。

リアルに息ができるか不安になってスーハ―スーハ―してしまった。

そのとき選んだソフトは海底を探検・散歩できる “theBlu”というもので、私が息ができるかパニックになっている間にも、周りを綺麗な魚の大群や亀が泳いだりしている。

「足元のイソギンチャクは触れますよー」

と遠くから神の声(お店のスタッフの声)が聞こえ、言う通りにリモコンでイソギンチャクをつついてみると、気持ち悪く動いて「おおっ」ってなった。

 

ゾンビ系は精神的にかなりキツイ

他のソフトで遊んでも良いと神の声が言ったので、今度は “The Brookhaven Experiment”というゾンビを撃つゲームをやることに。

「では変えますねー」

という声の後、目の前の景色が切り替わった瞬間に後悔した。

薄暗い海辺にひとり立たされる私。

右手には銃。

左手には懐中電灯。

前方からは黒い影。

後ろを振り返ると洞窟があり、そこからも黒い影。

段々黒い影が近づいてきて、気持ち悪いゾンビの姿が露わになる。

リアルに逃げ場のない恐怖を味わう。

「無理無理無理!」

ムリムリ言いながら右手の銃でゾンビを撃ちまくっていると、しばらくして弾がなくなってしまった。

手を伸ばせば届くところまで迫りくるゾンビ。

左手の懐中電灯はボタンひとつでナイフに切り替えられることも教わっていたが、焦り過ぎて適当なボタンを連打しているため、左手が「メインメニュー」になったり懐中電灯になったりを繰り返す。

最後は「メインメニュー」と出ている左手でゾンビに殴りかかり、もちろん失敗し、ゲームオーバーとなった。。

バーチャルで本当に良かったと心から思う。

・・・本気で。

 

空間に絵を描いて自分の世界に入れるVR

“Tilt Brash” という空間に絵が描けるゲームも体験してみた。

説明だけ聞くと地味に聞こえるが、これがかなりすごい。

周りの景色は雪だったり星空だったり、これまたリアルな風景を選ぶことができる。

そして右手のコントローラーを使って目の前に文字や絵を描く。

普通に描いてみると、平面の絵が中に浮いている感じになるので、反対側に移動すると自分の絵を裏側から見ることができる

また、左手のコントローラーでペンの種類や色などを変えることができ、

さらにすごいことに、

テレポートもできる。

もう一度言う。

テレポートができるのだ(しつこい)。

私は中2病をこじらせて早○年になるため、テレポートができると聞いただけでロマンスが止まらない。

「左手のコントローラーにある足のマークを押して、飛びたいポイントを選ぶとワープしますよ」

横からスタッフが、さも当たり前かのように説明してくれる。

「え?ほんとですか?ヒュフフヒ」

抑えきれないワクワク感を垂れ流しながらボタンを押し、飛びたいポイントを選ぶ。

次の瞬間。

私は人生で初めて、テレポートを経験した。

 

ドスパラで体験できるVR:HTC Viveとは?

秋葉原のドスパラでは、HTC ViveというヘッドセットでVRゲームを楽しむことができる。

公式サイトの動画を見てもらうとわかりやすいだろう。

この動画でも十分面白そうなのは伝わると思うが、体験はその想像をも上回る。

 

まとめ

自分自身、VRでこんなに感動をすることになるとは思わなかった。

本気で購入を迷っている。

VRに対する色んな人の意見を調べていると、解像度が低いとか、値段が高すぎるなど、いまだ改善点が見られることも確かだ。

それだけに、あと数年もすればよりリアルで自由度の高いVRが登場することは間違いない気がする。

そして、単なる若者がやるゲームとしてだけではなく、日常生活の娯楽の一部として、幅広い層から需要が高まるのではないだろうか。

世界旅行や散歩がVRでできれば、外に出られない事情がある人や、旅行に行けない人の楽しみにもなると思う。

実際、泳げない私にとって海底を散歩できるVRはかなり魅力的だ。

「リンク、スタート!」と言ってバーチャルのオンライン世界で生活ができるようになる日は、そう遠くないのかもしれない。

AD

関連記事

warai1

人と仲良くなるのに重要なのは、「笑い」なんじゃ?と気づいた話。

こんにちは。 新しいことを始めると、時間は本当に光のように過ぎていくなあ。ぶきっちょです。

記事を読む

dokusin

独身でもいい。女が一人で生きていくには?

はじめに 「晩婚化」が進んでいると言われる現代。 厚生労働省が発表している年次推移を見て

記事を読む

sotugyou

大学卒業式!悩む服装。女子のスーツはだめ?

毎年、春は出会いの季節であるとともに、別れの季節でもある。 その中で大きなイベントの一つとして

記事を読む

neet2

休職中のアラサー女が『ニート祭り』に参加したら、意外にも働きたくなった話

こんにちは、ぶきっちょです。 会社を休職し、このままニート街道に突入予定の私。

記事を読む

akeome

アラサー女、正月は楽しかったけどやっぱりオールはできない

あけましておめでとうございます。 ぶきっちょです。   いきなりだが、私

記事を読む

homless

「ホームレスは自業自得」と思っている人が許せない

都心でよく見かけるホームレス。駅でゴミを漁る人、路上の隅で段ボールを敷いて寝てる人。空き缶をたくさん

記事を読む

ikioi

直感が働いたら、考えすぎずに勢いに任せて行動したほうが良い説

こんにちは。 物事を悪い方へ悪い方へと考えることがどうしても得意なぶきっちょです。

記事を読む

maikka2

「人生を半分あきらめて生きる」で心が軽くなった話【感想】

こんにちは、ぶきっちょです。 最近、空いている時間で本をひたすら読み漁っている。 「これ

記事を読む

dennpa

【知らなきゃ】でんぱ組って何で人気なの?というあなた!【損】

  秋葉原を拠点に活動するアイドルユニット「でんぱ組.inc」が21日、インテックス

記事を読む

hannohanx

田舎に移住したニートが、半農半X目指してリモートワークを始めた話

こんにちは、ゆるい生き方を模索しながらギルドハウス十日町に住み始めたアラサーニート女、ぶきっ

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

どきどき
さくらももこの『ひとりずもう』を読んで思い出す切なさと、胸のドキドキ

こんにちは。 月曜日が来そうで来ない永遠の週末を過ごしたいぶ

いつか
「この人生はいつか終わる」ことを思い出すと、怖いけど落ち着くって話。

こんにちは。 先日前の会社の先輩に会い、もう自分の視点からは

lucky
運やタイミングの良さもひっくるめてその人の実力だ、という話。

こんにちは。 毎日暑い暑いと言いながら、このまま夏が終わって

tomatokan
人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

こんにちは。 去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱え

9
絶望と希望のジェットコースター!コロコロ変わる気分との付き合い方。

こんにちは。 ある程度のプレッシャーは好きだけど、追い込まれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑