休職中のアラサー女が『ニート祭り』に参加したら、意外にも働きたくなった話

neet2

こんにちは、ぶきっちょです。

会社を休職し、このままニート街道に突入予定の私。

その前にニート仲間が欲しい!ということで、『ニート祭り2017』に参加してみた。

ニート祭りとは?

認定NPO法人ニュースタート事務局が主催のイベントで、2月10日(ニートの日)に開催される。

第11回目となる今回のタイトルは、「ニート祭り2017 ~あくせく働かない、その先の幸せ。~」。

ゲストに日本一有名なニートphaさんと、山奥ニートの葉梨はじめさんを呼んでトークライブなどが行われた。

規模は?

全体で50~60人ほどが参加していて、男女比は8:2くらい。

どんな人が参加するのか?

イベントのあとの懇親会にも参加し、他の参加者とも少し話すことができたが、彼らは大学生や社会人。

たぶんニートの人もいたと思うが、残念ながら今回はニート仲間を見つけることはできなかった。

しかし、参加者は「ニート期間があった」人や、「今は働いているが、ニートという生き方も選択肢に入れておきたい」という考えを持っている人が多かったように思う。

やっぱりphaさんが好き

会社員生活でちょくちょくメンタルをやられていた私のバイブル『ニートの歩き方』の著者、phaさん。

良い学校を出て、良い会社に就職し、結婚して子供産んで、マイホームを買って…という一般的に幸せと言われているモデルケースに対し、「それができて幸せだと思うならそれでいいと思うし、自分は別にそういうのはいいから今の生活(収入が少なくても、気ままにのんびり過ごせる生活)が幸せ」という姿勢の彼。

トークライブでもその考え方の軸はブレていなくて、聞いていてとても楽しかった。

異なる価値観や考え方を「それでも全然いいと思う」と受け入れつつ、「でも自分はこれがいい」という軸のあるゆるさが、phaさんの大きな魅力のひとつだ。

生き方の選択肢は色々ある

ニート祭りは、「みんなもニートになろうぜ!」みたいなイベントではない。

「色んな生き方があるし、そんなに肩肘張らずに自分のペースで良いんじゃない?」という考えを改めて教わった気がした。

山奥ニートの葉梨さんのように、廃校や空き家だった場所に住んで、ほぼお金をかけずに自給自足のような生活をするのもありだし、phaさんのようにシェアハウスを作って、最低限必要なバイトをしながらのんびり暮らすのもありなのだ。

なぜか湧き上がる働きたい気持ち

私は天邪鬼なのだろうか。

いや、違う境地に立っただけなのかもしれない。

「仕事なんてつまらなくて当たり前だけど、必死に働かないと生きていけないよ!」

と言われると全力で逃げたくなるのだが、

「ちょっとだけ働いて、のんびり過ごす方法だってあるんだよ」

と言われると、なんだか…

安心して働ける気がするのだ。

たぶん、こういう気持ちになるのは私だけではないと思う。

「働く」ということについての見方が変わるだけで、心に余裕ができる。

でも、やりたいことをやりたい

働きたくなった、と言っても、これからは自分が一生懸命になれる仕事がしたい。

「うわー、定時までまだ3時間もある…」という消化試合みたいな感覚で働くのではなく、色んな人と触れ合って、刺激を与えたりもらったりして、それを通して視野を広げていけるような働き方をしたい。

そのために、どんどん動いて、自分の頭で考えることを止めないようにしないとな、と思う。

まあ、疲れたら休むけど。

まとめ

今やっている仕事が嫌になったり、少し休みが必要だと感じたり、焦りばかりで何をするべきかわからなくなったり、人間関係で悩んだり。

多かれ少なかれ、誰しもそういう時期がある。

そのときに自分ひとりで抱え込まず、『ニート祭り』のようなイベントに参加してみるのは良い方法だと思う。

実際に行動を起こす起こさないは置いておいて、自分と違う生き方をしている人の話は、何かしら良い刺激を与えてくれる。