*

3年ぶりにバンクーバーに来て感じたのは、喜びよりも寂しさと切なさだった。

公開日: : 最終更新日:2017/07/26 旅行 ,

vanvan

こんにちは。

出発前日は飛行機に乗る恐怖で荒ぶっていましたが、無事に宿に着き、文字通り地に足が付いている穏やかさでこれを書いてるぶきっちょです。

東京とバンクーバーの時差は16時間ある。

これを書いている今は22時だが、東京は次の日の昼の14時ということだ。

今朝到着して、夕方に昼寝をしたのが良かったのか、時差ボケはあまり感じていない。

寝る前に、今日一日ダウンタウンを歩き回って感じたことをまとめておこうと思う。

ジメジメのジの字もないバンクーバー

van2

ジメジメのジの字もない、ってなんか語呂がいいね。はい。

まな板の上の鯉と化して機内で大人しくしていた8時間が過ぎると、迎えてくれたのはバンクーバーの気持ちの良い晴天だった。

日差しは強い。

だから普通に暑いのだが、日本のようなベタベタしてあっという間に体力を吸い取っていくような湿気がない。

日本の気候が生き辛いと感じている人がいたら、絶対に来てみるべきだと思う。

3年ぶりにバンクーバーを歩いて感じたのは、意外なことだった

飛行機が着いた瞬間は、

「本当にまたバンクーバーに来たんだ…!」

という感動があったが、いざ外に出て歩き始めると、

「そうそう、こんな感じこんな感じ」

「ここにこれがあるんだよね。うんうん」

「あ、ここ変わってる!おおー進化してる」

みたいな、感動というよりは感心。それもなんか分析している感じになってしまっていた。

街中もちょこちょこ変わっているところはあるし、新しいお店を見つけるのも面白いし、よく行ったお店に立ち寄るのも楽しい。

それでも、

「うわあああバンクーバーだあああああ!ひゃああああ!」

みたいにはならないんだなー、というのが自分でも意外だった。

留学時代と同じようで全く違うバンクーバーの街

van4

1年ちょっと住んでいて、楽しいことも辛いこともバンクーバーの街で色々体験してきた。

雰囲気も人も好きで、思入れだって強い。

それなのになぜ、思ったよりも感動が弱めなのか?

それは、

留学時代と今とでは、私の状況が違うからだ。

ダウンタウンを歩けば大体学校の知り合いとすれ違い、週末の空いた時間には海やナイトマーケットに行き、平日は朝から夜まで授業と勉強に明け暮れていたあの頃。

そんな状況の中の私から見るバンクーバーと、

会社を辞めて「これからどうしよう?」と模索していて、時間もあるし丁度良いと3年ぶりに観光で訪れている私からみるバンクーバー。

同じなわけがない。

それなのに同じテンションで見てしまうと、

「あの頃いたみんなは、ほとんどそれぞれの国に帰ってしまったんだな…」

「この学校で一日中勉強してたな…そういえばあの時も友達が一緒に…」

「〇〇達とバンクーバーアイランドにも行ったなー」

とか、

もうね。懐かしさと寂しさと切なさだらけ。

いやもちろんそれを感じるのも良いのだが、それで終わるのではなくて、

もっと今を見たい。

今の自分はバンクーバーをどう見るのか?という問い

留学時代に色んなことを経験し、色んな価値観や文化に触れたから、今の自分がある。

じゃあ、日本に帰ってから3年経った私は今、バンクーバーに来て何を思うのか?

懐かしがって「あの頃は楽しかったなー」じゃなくて、新たに何を感じて、それからどうしていくのか。

今回の旅で見たいと思っていたのは、そこのところだ。

まとめ

バンクーバー到着後に真っ先に行ったのは、Bonchazというベーカリーカフェ。

van1

個人的には、ここのコーヒーが街の中で最強に美味しい。

あまりに美味しいので、コーヒー豆を売ってもらえないか訊いてみようと思っている。

街を散歩したあとの夕飯は、カリフォルニアロール。

van3

早速寿司かよ!とツッコまれそうだが、日本でカリフォルニアロール食べないし、なんかクセになる美味しさなのだから仕方がない。

というわけで1日目は、懐かしがって終了した。

基本的に2週間懐かしがり続けるとは思うのだが、その中で新しいこともしていきたい。

 

AD

関連記事

隠れ家あり!沖縄で知った素敵すぎるおすすめカフェ。

こんにちは、ぶきっちょです。 沖縄をひとり旅した際、前回の記事『沖縄女ひとり旅!素敵すぎる宿を

記事を読む

熱海=温泉じゃない?お金がなくても楽しめるスポットを紹介してみる!

こんにちは、温泉大好きニート女ぶきっちょです。 先週、熱海旅行に行ってきた。 え

記事を読む

体力のない三十路が週末だけ沖縄に行ってみたら、圧倒的に癒された話

こんにちは。 脱ニートをして3ヶ月、忙しくもなんとか楽しく過ごしているぶきっちょです。

記事を読む

バンクーバーからバスでケロウナに行ったら、ワインも景色も最高だった話。

こんにちは。 バンクーバーに来て早5日目、ホステル暮らしが板についてきたぶきっちょです。

記事を読む

GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そこそこ楽しんでみるなり。ぶきっ

記事を読む

女性専用カプセルホテルに泊まってみたらヤバかった

カプセルホテルとは? カプセルのような就寝BOXが備え付けられている簡易宿泊施設。ビジネスホテルの

記事を読む

独身アラサー女に捧ぐ~ひとり旅のススメ~

ひとり旅とは? その名の通り。ひとりで旅をすることです。   独身アラサー女とは

記事を読む

新潟のおすすめ宿!BOOK INNに泊まってみたら心躍りまくりだった話

こんにちは。 久しぶりにYUKIの生歌を聴いて、あと一週間は元気に生きていけると確信したぶ

記事を読む

日本人移民の街!リッチモンドにあるスティーブストンに行って、そこでの生活に思いを馳せてみた。

こんにちは。 バンクーバーを旅行中のぶきっちょです。 バンクーバーの周りには、のバー

記事を読む

名古屋ひとり旅!びっくりモーニング文化で健康になった話

こんにちは、ぶきっちょです。   私は生まれも育ちも東京で、関西方面といえば京

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

社会人になって10年以上ぶりにバンドで演奏してみたら感動がやばかった話

こんにちは。 久しぶりにブログ更新してみたぶきっちょです。 最

「がんばらない働き方」ができない職場は辞めた方がいいって話。

  こんにちは。 今週はいろいろあって、メン

『組織にいながら、自由に働く。』を読んで「ワクワクすることをやろう」と改めて思った話

こんにちは。 週末の楽しみが大体ポケモンGOのぶきっちょです

アラサーが疲れを感じたら行くといい銭湯を3つ紹介するよ

こんにちは。 最近マイペースさに磨きがかかってきたぶきっちょ

水族館のペンギンと最強の85才RBGに感銘を受けた話

こんにちは。 生まれ変わったらペンギンになりたい。でも自然界だと

→もっと見る

PAGE TOP ↑