*

アラサー女が会社を辞めて無職になるまで②【新入社員編】

公開日: : 最終更新日:2017/05/12 アラサー, 退職 ,

shin1

『アラサー女が会社を辞めて無職になるまで①【就活編】 』はコチラ

私が新卒で入社したのは、いわゆる大企業だった。

リーマンショックが起こり日本経済も不安定になる中、ようやくゲットしたこの内定先。

当時の私は、

 

「よし、これでこの先はもう安心だ!頑張るぞ!!」

 

・・・なんてことは微塵も考えず、ひたすら「ああ働きたくない。働きたくないでござる」という思いで溢れていた。

はじめから感じていた違和感

shin2

新入社員とは、肩身が狭いものだ。

同じ課に配属された同期は他に4人もいたが、みんなそれぞれ違う担当に振り分けられてしまった。

右も左もわからない中でひとり、ひたすら仕事を覚えていくしかない。

最初の方は、先輩社員が教えてくれるままに仕事をこなしていくので精一杯だった。

新しいことをやるのは嫌いじゃないし、むしろ好きだ。

でも、この時からすでに、「早く帰って○○したい」なんて考えていた気がする。

その仕事にやりがいや面白さを期待したことは一度もなかった。

それはおそらく、周囲の先輩・上司のほとんどが死んだ魚のような目で仕事をしていて、「仕事なんだからつまらなくて当たり前」という雰囲気が充満していたからじゃないかと思う。

すぐに「コレジャナイ感」を抱いたが、同時に諦めの気持ちも沸いていた。

やっぱり会社は宗教だ。

shin3

その会社では、何をやるにも上の許可が必要で、何をやるにもすぐにはできず、前例がないことは大体やっちゃいけなかった。

大きな組織だから仕方ない、という考えもあるかもしれない。

でも私はひたすらイライラしていた。

融通の利かないマニュアル絶対主義。

「前からやっているから」という理由だけで行われる無駄な作業。

愚痴ばかりで特に動かない上司。

「残業頑張ってお金稼ぐぞー」という考え(残業手当はしっかり出る)。別にいいけど、なんか違くね?

そんな空気に段々と染まっていく同期と自分。

なんだか全てがゆっくり、じわじわと自分の中に入り込んできて、洗脳されているような気がしていた。

独自の考え方や常識が存在する会社というものは、宗教に似ている。

自分の考えやフィーリングと合っているのなら問題はないが、合わない場合はひたすら苦しい。

「コレジャナイ感」に、「ココカラデタイ感」がプラスされた。

会社を辞めて海外に行こう

shin4

働き始めてすぐに思ったのは、

「25歳になったら、会社を辞めて1年くらい海外留学しよう」

ということだった。

会社という組織で働く経験をして、それがどんなものかを掴んだら、次は海外生活を経験してみよう。

とにかく色々やってみたいタイプの私は、そんな風に考えていた。

また、そうやって会社から抜け出す目標を立てておかないと、精神的にやっていられない状態でもあった。

まとめ

私がいた会社は、ブラック企業ではない。

むしろ今どき珍しい超絶ホワイトな会社だったと思う。

休みを取りやすいからこそ色々と副業ができたし、趣味の範囲を広げることもできた。

そういった点では、本当に素晴らしい会社だと心から思っている。

ではまあ、何が問題だったかといえば。

私が社会(会社?)不適合者だった、というだけのことかもしれない。ちーん。

まあ「社会」といっても色々あるので、あの「社会」には適合できなかった、ということにしておきたい。

次回、『アラサー女が会社を辞めて無職になるまで③【留学編】』につづく。

AD

関連記事

misoji

【希望と不安】アラサー独身女が、三十路を迎える直前に思うことあれこれ。

こんにちは。 お正月はブログも書かず、ひたすらゴロゴロしていたぶきっちょです。 1月

記事を読む

konkatsu1

アラサー女がひとりで婚活パーティーに参加してみた~前編~

こんにちは、ぶきっちょです。 恋人いない歴○年かつアラサーの私は、色々な趣味で現在の生

記事を読む

love1

こじらせ寸前のアラサー女が、「恋愛とは何か」を色んな側面から考察してみた。

こんにちは。 手先も恋愛も不器用なアラサー女、ぶきっちょです。 この世に生を受けてもうす

記事を読む

hokensho

会社辞めて保険証ないけど、我慢できずに耳鼻科に行ってきた話

こんにちは。 花粉とハウスダストに悩まされる、か弱い系ニートのぶきっちょです。 先月

記事を読む

kokoro

心が狭すぎる私が、三十路の誕生日に親からもらったアドバイスとは。

こんにちは。 先日、めでたく30歳を迎えたぶきっちょです。 誕生日当日は両親と熱海へ

記事を読む

suizokukan

なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のところでアプリを消したぶきっちょ

記事を読む

tomodachi

友達が少ないアラサー独身女だけど人生楽しんでる

どうも、ぶきっちょです。   結論から言うと、私は友達が少ない(昔似たような名

記事を読む

shigoto3

ニートからもう一度社会人を始めたアラサーが、3ヶ月経って思うこと

こんにちは。 最近余裕がなくて凹んだり、余裕を見つけてやる気をだしたりを繰り返しているぶき

記事を読む

hinnkonnjyosi

貧困女子とは?アラサー独身の自分のことだったwww

どうも、ぶきっちょです。 今回は変なテンションでお届けします。   ニュ

記事を読む

comushou

コミュ障だった私が、アラサーになって人と話すの大好きになったワケ

こんにちは、ぶきっちょです。   名前からもわかるように、私は生まれたときから

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

realescape1
自分のチームワーク力が知りたいなら、リアル脱出ゲームに参加すれば良いよ。

こんにちは。 GW明けの出勤リハビリがかなりキツかったぶきっ

hakone
GWに奮発して高い旅館に泊まってみたら、やっつけ仕事で最悪だった話。

こんにちは。 ニート時代は毛嫌いしていたGWというものを、そ

suizokukan
なんとなく疲れたときは、水族館に行ってみることをおすすめする。

こんにちは。 最近ネットゲームにハマりそうになって、寸前のと

chat
チャットモンチーが解散するので思い出の名曲たちを振り返ってみた。

こんにちは。 チャットモンチーの解散ライブのチケットを手に入

shigoto3
ニートからもう一度社会人を始めたアラサーが、3ヶ月経って思うこと

こんにちは。 最近余裕がなくて凹んだり、余裕を見つけてやる気

→もっと見る

PAGE TOP ↑