人生に退屈してきたら、トマト缶を買えばいいんじゃない?って話。

雑記

tomatokan

こんにちは。
去年の今頃はニート真っ盛りで、色んな思いを抱えながらカナダ旅行をしていたなあ…ぶきっちょです。

あの時には想像もしていなかった働き方を今していて、

あの時から数週間後に知り合った人と今一緒に暮らしていて、

あの時抱えていた悩みとはまた違う新しい悩みを今抱えていて、

あの時感じていた楽しさとはまた違う楽しさを今感じていて。

1年先のことなんて本当にわからないものだな、と思う。

それは今後にも言えることなので、継続したいもの・変えていきたいことは意識して行動していきたい。

おわり。

 

…ではなく、

トマト缶の話をするんだった。

スポンサーリンク

これまではカレールーと野菜だけで作っていた

tomatokan2

カレーを作ろう!と思ったとき、私はこれまでカレーのルー人参じゃがいも玉ねぎだけでシンプルに作っていた。

ルーを入れれば大体美味しいし、特に不満もなくこれまで生きてきたわけだ。

トマト缶入れると美味しい説を耳にする

だがある日、トマト缶を入れると美味しいよ、と言う話を耳にした。

気が向いたので、近所のスーパーでカットトマト缶(100円)を購入。

カレールーを入れる前の、野菜を煮込む段階で投入してみた。

結果…

・・・非常に美味。

なんというかトマトのおかげで甘みとまろやかさが増していて、これまで作っていたものより数倍も美味しく感じられた

煮込めば煮込むほど甘く美味しく

トマト缶を入れた場合、よく煮込むことが大切だ。

煮込みが足りないと酸味が残っていて、酸っぱいカレーになっていしまうので要注意。

その代わり、よく煮込めば煮込むほど甘くなって美味しい感じになる。

人生にもトマト缶を入れよう

tomatokan3

つまり何が言いたいかというと、

カレールーだけでカレーを作っている人はトマト缶を試してみて欲しい、ということ。

100円でここまで変わるのだ、というのをぜひ試してみて欲しい。

あとは、

人生という名のカレーにも、トマト缶を入れてみたら面白いことが起こるかもしれない、ということだ。

なんのこっちゃと思われそうだが、すでにタイトルにしてしまったので続けさせてもらう。

いつも同じカレールーや野菜で満足しているなら問題ないが、飽きてきたのなら新しいものが必要だ。

トマト缶というちょっとしたものを取り入れるだけで、全体の味のクオリティが上がり、楽しさが増す。

それもただ取り入れるだけではダメで、ちゃんと煮込む時間も必要だ。

人生におけるトマト缶は、ブログだったり、音楽だったり、麻雀だったり、ジョギングだったり、山登りだったり、人それぞれだと思う。

ひとまず、身近にあるトマト缶から試していくと面白いかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました