これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだけれど。

雑記

omou

こんにちは。
三十路になって約半年が過ぎようとしています、ぶきっちょです。

今日は、とりとめのない話というか考えをただ書こうと思う。

テーマはずばり、若さと今とこれからについて。

スポンサーリンク

若さとは何か

基本的に若さとは相対的なモノだ。

あの人に比べて私は若さがある。

私よりあの人は若い。

など。

しかし同時に、若さには絶対的な側面もある。

そんな考えでいるなんて、若いね。

今の若い人たちは、大変だよね。

この場合は、一定の指標があったりする。

私の中これまで(学生時代に)持っていた「若い」の範囲は10代~22歳くらいで、

そこから27歳くらいまでが成熟した人で、

それ以上はなんかもう延長戦くらいにしか思っていなかった。

延長戦ってなんやねんって感じだが、本当にその先を想像できなかったのだ。

どう頑張っても、就職して何年か働いて頑張る若い自分の姿まで。

あとは、ひたすらそれが続いていくのだろうということくらいだった。

それからあっという間に、今。

延長戦と思っていた年齢に自分がいる。

なんだこれ。

全然延長戦じゃないぞ。

どんどん新しい試合が始まる。。

今とは何か

「今とは何なんだろう」みたいな思いは、それこそ人生について思い悩み始めた17歳の頃から持っていた。

「なんでこんなことやってるんだろう」

「なんでこんなに息苦しいんだろう」

「みんな何が楽しいんだろう」

「みんななんで大丈夫なんだろう」

好きなアーティストの歌詞に、「今日を人生最後の日のように生きる」というものがあって感動したりもしたけど、

結局それはどうやったらできるのかわからなかったし、今も別にできてない。

これからとは何か

「今」がわかってないのに、「これから」なんてもっとわからない。

そうやって悩んでいるうちに、だんだんと「考えないこと」を覚えていった。

考えようが考えまいが日々は過ぎていくし、それを誰に責められることもない。

でも「これから」は確実に、今の積み重ねでできていく。

人生って何やねん

結局、人生ってなんやねん。

30年経ってわかったことは、

それは人によって「かけがえのない冒険の日々」だったり、

「喜劇」だったり、

「悲劇」だったり、

「ただの暇つぶし」だったり、

「なんとなくあるもの」だったり、

大きく変わってくるということだ。

つまり、どうにでも定義できる大変ふわふわしたものということだ。

自分の人生はどういう人生だ、と定義したら楽しいかな?

定義したとして、どうしたらそれができるかな?

どこまでだったら、頑張れるだろうか?

そんなことを考えた。

まとめ

これからの人生で今が一番若い、とはよく言ったものだ。

これも相対的な話で、未来の自分と今の自分を比べれば、の話。

今できていることが未来はできなくなるかもしれないから、今何をするのが楽しいだろうか。

「今しかできないことを!」とか思うとなんとなく疲れてくるから、

結局「やりたいことはなるべくやって、大切にしたいと思うものは大切にしよう」という当たり前の結論に落ち着く。

全然まとまりのない文章だが、ひとまずまとめたということで完了としてみる。

タイトルとURLをコピーしました