*

性格診断をやったら、大変なことが判明してしまった

公開日: : 最終更新日:2016/08/27 コラム

こんにちは、ぶきっちょです。

 

先日、会社の同期が「新宿で占いをしてもらったら、驚くほど当たった」と興奮気味に話していた。

どんな感じだったのかと聞くと、

「人間関係に困ってないけど仕事には退屈しているとか、恋愛面では最近大きな失敗をしたこととかを当てられた」らしい。

先のことに対するアドバイスもあったようだが、それよりも現状に対する自分の思いなどを言い当てられたことが驚きだったようだ。

お店でやってもらう占いは、場所にもよるが一度に数千円かかるところが多い。

決して安くはないのだが、人気のお店は行列ができるほどだという。

なぜそんなに人気なのだろう?

同期によると、「占いというより、私にとってはカウンセリングみたいな効果があった。気持ちが軽くなった」と言っていた。

なるほど、客観的に自分のことを当ててもらうことで、自分自身について距離を置いて考えることができるのかもしれない。

 

アラサー独身OLの私も、人生について色々悩みが絶えない毎日なわけだが、占いに行くのはなんとなくハードルが高い。

自分について客観的に分析したいのなら、とりあえず性格診断なるものをやってもいいのではないか?

そう思い、Googleで「性格診断」で検索することにした。

 

たくさんあって選べない「性格診断」サイト

 

検索してみるとわかるが、ずばり当たる!とか驚くほど当たる!とか、色んな心理学や統計を元に制作されたものとか、本当に色々でてくる。

 

とりあえず適当にピックアップし、登録などせずにすぐできるものをやってみた。

時間をかけずに、なるべく直観で素直に答えていく。

結果。。。

 

「あなたはワガママです」「自分さえ良ければ良いタイプ」「周囲に甘えすぎ」

 

などという散々なものに。

 

当たらずとも遠からずという感じなのだが、「すごい当たってる!」というのでもなかったため、他のサイトで再度チャレンジ。

 

前回と同じように素直に答える。

 

結果。

 

「リーダーシップがある」「カリスマ性に富む」「社会奉仕を好む」

 

今度は、当たっていないし遠すぎるという感じになった。

その後もいくつかの診断テストを試したが、どれも結果はバラバラ。

 

自分を見失うアラサー女

 

性格診断をやりまくった結果、多種多様な性格が診断されてしまった私は、一体何者なのだろう。

とりあえず結果を総括してみると、こうなる。

 

ぶきっちょは、わがままだけどリーダーシップはあって社会奉仕を好み、自分の気持ちよりも他人の気持ちを優先して行動するあまり自分のことをないがしろにしがち。

とはいえ基本的に自分のことしか考えておらず、周囲にも甘えすぎているため度が過ぎるとみんなが離れていくかも。

社交性が抜群で人気者になる素質十分なあなたは、集団でいるよりも1人でいることを好む変わり者。

 

 

…なにこれ、完全に病気じゃん。

 

結局最後は自己診断

 

性格診断の結果を見てると、「ああ、当たってるな」という部分と、「いやこれは違うな」という部分が両方出てくる。

そこを補正して考えると、私の性格は大体こんな感じになる。

 

ぶきっちょは、基本的にわがままで自分の気持ちを優先しがちだが、たまに人に親切にすることもある。社交性は高くなくコミュ力に欠ける面はあるが、人と話すことは苦痛ではなく、1人でいることと同じように好む。リーダーシップはないので1人で勝手気ままにやりたいタイプ。

 

うん、しっくりくる。

 

まとめ

 

性格診断をやることで、その結果が当たっているのであれ間違っているのであれ、自分を客観的に見直すことができることがわかった。

何の指標もない状態だと自分を比べようもないが、診断結果を見ながらであれば、「これは違う」「これはもうちょっとあると思う」など、自己分析がしやすい。

自分を見つめ直したくなったら、ネットで性格診断をやってみてはいかがだろうか。

AD

関連記事

neetyume

アラサーニートがカナダの旅で感じたことと、今後の展望を書いてみる。

こんにちは。 先週バンクーバーから日本に戻って来たぶきっちょです。 帰国の便に乗り込

記事を読む

osananajimi

アラサー独身女が、赤ちゃんを産んだ旧友に会って衝撃を受けた話

こんにちは。 人生は「こうしたら幸せになれる!」なんて簡単なものではないけど、幸せ自体は結

記事を読む

mlm3

MLM・ネットワークビジネスとは?なぜか勧誘されなかった私の話

先月、なんとなく参加したと異業種交流会(普通の飲み会のようなもの)で、同い年の女性花子(仮名)と知り

記事を読む

borudaringu

ボルダリングって面白いの?コツと服装と要注意点!

先日、生まれて初めてボルダリングというものをやりにいった。 私は高いところは苦手だし、石を使っ

記事を読む

comfort

コンフォートゾーンから抜け出したい!焦るアラサーの脱出大作戦。

こんにちは。 実家暮らしって最高に居心地が良いですよね、ぶきっちょです。 3月末

記事を読む

love1

こじらせ寸前のアラサー女が、「恋愛とは何か」を色んな側面から考察してみた。

こんにちは。 手先も恋愛も不器用なアラサー女、ぶきっちょです。 この世に生を受けてもうす

記事を読む

freetor

フリーターで夢を追うのは甘え!とか言う人って何なの?

最近、減少傾向にはあるらしいがまだまだ人口の多いフリーター。 あなたはフリーターについてどう思

記事を読む

warai1

人と仲良くなるのに重要なのは、「笑い」なんじゃ?と気づいた話。

こんにちは。 新しいことを始めると、時間は本当に光のように過ぎていくなあ。ぶきっちょです。

記事を読む

akiba

アキバでオタク文化を学ぶ!カルチャースクール『AKIBAPOP:DOJO』とは?

オタク文化の聖地、秋葉原。 メイド喫茶、フィギュア、アニメ・コミック雑誌、パソコン、その他いろ

記事を読む

不安とさびしさ

「不安」や「寂しさ」は拭うものではなく、抱きしめるものだった話

こんにちは。 このタイトル、ミスチルの歌詞にありそうだなあ。ぶきっちょです。 突

記事を読む

AD

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

AD

タイトルなし
ドルビーアトモス(Dolby Atmos)でボヘミアンラプソディを見たらライブ感が半端なさ過ぎた話。

映画館で予告編を見たときには、特に「すごい」見たいわけではなか

syuuyon
ダメ元で週4勤務を上司に提案したら「じゃあやってみたら?」と始まっちゃった話。

こんにちは。 適度に休んで適度に働きたいぶきっちょです。

HSP
すぐ動揺して傷つきやすい?自分はHSPかもしれないと思った話。

こんにちは。 生き辛く面白きこともなき世を、生き易くおもしろ

onakaitai
仕事のストレス?お腹があまりにも痛くて病院に行った話。

こんにちは。 感情のコントロールって難しいときがあるなあ…ぶきっちょ

shigotoyada
仕事で注意され過ぎて落ち込みが半端ないのでとりあえず書く。

こんにちは。 人生稀にみる気分の落ちっぷりとやる気のなさの真

→もっと見る

PAGE TOP ↑